【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP8

海外FX業者は数十社あり、取引するにしてもどの業者を選べばいいか迷っていしまいます。

そこで海外FXおすすめプレミアムでは口コミ・評判をもとに、海外FXおすすめ業者を比較して、人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP8にしてみました!

海外FXおすすめプレミアムの海外FX業者の選考基準

ランキングを発表する前に、どのような基準でランキングを選んだのかまとめてみました。

海外FX業者を選ぶ基準

  • 追証なしのゼロカットシステム採用の海外FX業者を選ぶ
  • 約定力とスプレッドのバランスが取れている業者を選ぶ
  • レバレッジの上限が高い業者を選ぶ
  • ボーナスが充実している業者を選ぶ
  • 日本語サポートが充実している業者を選ぶ
それでは人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP10を発表します!

海外FXおすすめ第1位 Gem Forex

最大レバレッジスプレッド(ドル円)ボーナス約定率
1000倍1.2pips4種類99.79%
ロスカット水準ゼロカット手数料日本語サポート
50%無料24時間

総合評価|★★★★★

すべてにおいてパーフェクトに近いGEMFOREX。日本人向けのサポートが充実し、かけられるレバレッジは業界内で最高水準の1000倍です。
高性能な無料EAが使い放題、100%入金ボーナス、ゼロカットシステム、高い約定率など、非常にバランスが取れています。
特にボーナスが豪華で、新規口座開設ボーナスではなんと20,000円分ももえらえます。
サポートのレスポンスも早く、マニュアルも充実しているので安心です。
海外FX初心者から上級者まで、幅広いトレーダーにおすすめの海外FX業者です。

GEMFOREXのメリット

  • トップクラスの1000倍レバレッジ
  • ゼロカットシステムで追証なし
  • 無料でEA・ミラートレードが使い放題
  • ボーナスが豪華な4種類
  • 日本語サポートが充実
  • 約定率が99%超え
  • スキャルピング&両建てに寛容

海外FXおすすめ第2位 XM.com

最大レバレッジスプレッド(ドル円)ボーナス約定率
888倍1.8pips3種類99.35%
ロスカット水準ゼロカット手数料日本語サポート
20%無料24時間

総合評価|★★★★☆

海外FX業者最大手で、日本人トレーダー口座開設数はナンバーワンです。
レバレッジの上限は888倍で、追証なしのゼロカットシステムがあります。
高い約定力やリクオートなしの取引ができる業者です。サポートは日本語含め30語以上対応
bitwalletの取り扱いにもいち早く対応し、時代の最先端を進んでいる海外FX業者。
海外FXの代名詞と言われていたほど高い知名度があります。
また、最低入金額も500円と低く、少額で海外FXを始めてみたい人にも向いています。

XMのメリット

  • 入金100%ボーナスがある
  • 888倍のレバレッジが使える
  • リクオート、約定拒否がない
  • セーシェルの金融ライセンスを保有
  • 利用者が多い
  • 資金保険がある

XMのデメリット

  • スプレッドがやや高め
  • 出金手数料が必要

海外FXおすすめ第3位 TITAN FX

最大レバレッジスプレッド(ドル円)ボーナス約定率
500倍1.3pipsなし99.3%
ロスカット水準ゼロカット手数料日本語サポート
20%無料7~16時

総合評価|★★★★☆
2014年に誕生し、日本人トレーダーから厚い支持を得ている海外FX業者のTitanFX。
ハイレバレッジやスピーディーな決済を実現し、低スプレッドで取引できます。
最大レバレッジは500倍で追証もなく、約定スピードや約定率の高さも業界最高水準です。
スキャルピング規制やEAトレードの縛りもなく、デイトレードやスイングトレードなど、さまざまな取引方式で取引したいトレーダーにおすすめします。

TitanFXのメリット

  • スプレッドが狭い
  • 最大レバレッジが500倍
  • CFD取引にも対応している
  • 日本語サポートが充実している

TitanFXのデメリット

  • ボーナスがない
  • 出金手数料が高い
  • MT5が使えない

海外FXおすすめ第4位 LAND-FX

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP7

ニュージランドに本社を置く、人気海外FX業者のLANDFX。

世界中に展開し、かけられる最大レバレッジは500倍!

低スプレッドや高い約定力に定評がありますが、サポート体制もしっかりしています。

審査がとても厳しいことで有名な、「英国FCAライセンス」も取得しています。

海外FXおすすめ第5位 AXIORY

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP7

高い約定力と狭いスプレッドを売りにしている、海外FX業者のAXIORY。

スキャルピング取引に特化した“cTrader”のプラットフォームに対応している海外FX業者になります。

スプレッドも狭く、レバレッジの上限は500倍なので、スキャルピング中心のトレーダーにおすすめです。

他の海外FX業者と違い、口座開設のボーナスがない点がデメリットになります。

海外FXおすすめ第6位 Tradeview

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP7

スプレッドの狭さに特化した海外FX業者で取引手数料の安さはトップクラス。

NDD方式を導入しており、透明性の高い取引ができます。約定スピードも速く、ゼロカットシステムもあります。

レバレッジは上限200倍と狭く、日本語サポートがやや分かりにくいのがデメリットです。

また、初回入金額は10万円と高めに設定されています。

海外FXおすすめ第7位 HotForex

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP7

HotForexの強みは、ボーナスや取引銘柄が豊富、レバレッジが高いことです。

スプレッドが狭いことやロスカット水準が10%なので、他の海外FX業者に比べてロスカットしにくいのもメリットです。

スキャルピングにも寛容なので、1000倍レバレッジを使ってガンガン取引できます。

取引の環境は素晴らしいですが、GEMFOREXやXMも同水準以上で取引環境を提供しています。

HotForexは初心者よりも、中級者以上に向いている海外FX業者です。

海外FXおすすめ第8位 FBS

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP7

FBSの魅力は、何と言っても3000倍のレバレッジが使えることです。

日本人トレーダーが利用する海外FX業者の中では、圧倒的なレバレッジを誇ります。

スキャルピングにも対応しているため、ハイレバレッジトレーダーから高い支持を得ている業者です。

その一方で、FBSは日本語サポートが不十分です。

メールや電話、チャットなどを使ってサポートを受けることもできますが、いずれも英語での対応になります。

海外FX業者の選び方①追証なしのゼロカットシステム採用の海外FX業者を選ぶ

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP8

ハイレバレッジが基本の海外FXでは、追証なしのゼロカットシステムが欠かせません。

ハイレバレッジで取引をしていると、経済指標発表などレートが急激に動くタイミングでロスカットが間に合わず、口座の残高がマイナスになるケースがあります。

しかし、ゼロカットシステムがある業者だと、口座の残高がマイナスになっても借金分が請求されません。

海外FX業者を選ぶときは、追証がないことやゼロカットシステムの有無もチェックしましょう。

関連|ゼロカットとロスカットの違いは?ロスカットの計算方法と損切りが必要な理由

海外FX業者の選び方②約定力とスプレッドのバランスが取れている業者を選ぶ

海外FX業者選びでは、約定力やスプレッドのバランスが重要になります。

スプレッドの狭さを売りにしている業者は多いですが、スプレッドが狭くても約定拒否やスリッページが頻発しては意味がありません。

逆に、少々スプレッドが広くても約定力が高い方が安心です。

99%を超える約定率を実現している海外FX業者も多くあります。まずは約定率の高さから業者を選び、その中でスプレッドが狭い業者を選ぶと良いでしょう。

関連|海外FXのスプレッドとは?広がる理由とスプレッドが狭い海外FX業者の選び方

関連|海外FXの約定とは?約定力のある海外FX業者を見分ける方法

海外FX業者の選び方③レバレッジの上限が高い業者を選ぶ

海外FXの魅力と言えば、高いレバレッジがかけられることです。上限レバレッジは海外FX業者ごとに異なり、100倍のところもあれば1000倍のところもあります。

レバレッジは取引ごとにトレーダーが設定できるので、レバレッジの上限が高いほど柔軟な取引が可能です。

海外FX業者を選ぶときは、レバレッジの上限が高い業者を選びましょう。海外FXの平均的なレバレッジは500倍なので、500倍以上が目安になります。

関連|海外FXレバレッジ比較!海外FX業者レバレッジ人気おすすめランキングTOP23

海外FX業者の選び方④日本語サポートが充実している業者を選ぶ

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP8

海外FX業者は、海外に拠点があるので顧客サポートの有無が重要になってきます。

日本人を対象にしている国内FXなら、日本人向けの顧客サポートがあるのが普通です。 しかし、海外に拠点がある海外FXだと日本人向けのサポートがあるとは限りません。

取引の条件が良くても、トラブルや困ったことがあったときに対応してもらえない可能性があります。

海外FX業者を選ぶときは、ウェブサイトやサポートが日本語対応している業者を選びましょう。

チャット・メール・電話など、さまざまな種類のサポートが受けられることもポイントです。

関連|海外FX初心者の人も安心!海外FX業者の5つの日本語サポート

海外FX業者の選び方⑤信託保全や分別管理がある業者を選ぶ

海外FX業者を選ぶ場合、信託保全や分別管理がある業者を選びましょう。

信託保全はトレーダーから預かったお金を別の金融機関で保管し、業者が倒産してもトレーダーが預けたお金が手元に戻ってくる仕組みです。

分別管理はトレーダーから預かったお金を別の口座で管理し、業者が倒産してもトレーダーが預けたお金が戻ってくるというものです。

信託保全の方が安全性はより高いですが、海外FX業者は信託保全が義務化されてないため、分別管理だけの業者も少なくありません。

信託保全がなくても、分別管理がきちんと行われている業者を選びましょう。

関連|海外FX業者に預けた資産は安全?信託保全や分別管理で気をつけたいこと

FXで勝つための海外FXおすすめガイド
  1. デモ口座で練習しよう
  2. 目的別に通貨を使い分けよう
  3. 経済指標をチェックしよう

海外FXおすすめガイド①デモ口座で練習しよう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

海外FX会社にはデモ口座があり、実際と同じ取引ツールを使ってトレードすることができます。

リアルトレードとの違いは、投資するお金が実際のお金ではなく仮想のお金であることです。デモトレードだけなら、1円も使うことなくFXトレードの体験ができます。

海外FX会社でデモ口座を作ってトレードする場合は、高いレバレッジをかけてのトレードを体感してみましょう。

はじめて海外FXをする人にとって、国内のトレードと大きく異なるのはやはりレバレッジの高さです。

少ない資金でも高いレバレッジのおかげで、小さな値動きで発生する利益は大きくなります。しかし、損失側に値動きしてしまうとあっという間にロスカットです。

デモ口座でトレードして損失が出ても、資金が減るわけではありません。

高いレバレッジをかけてトレードした場合の勝率、適しているレバレッジの数値などもデモトレードをする中で意識しておくとよいでしょう。

関連|【デモ口座】海外FX初心者はデモ口座から始めよう!デモ口座のメリットと注意点

海外FXおすすめガイド②目的に合った通貨ペアを選ぼう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

【海外FX初心者におすすめ】スプレッドが狭く安定している円・ドル・ユーロ

初心者が取引におすすめの通貨は、FX市場で取引数の多い円・ドル・ユーロです。

安定性が高いことによってレートの動きは緩やかなので、注文を入れてもいきなりレート変動が起こってロスカットすることもほとんどありません。

そして、安定性の高い通貨で取引するもう一つのメリット、はスプレッドの狭さです。

スプレッドは買値と売値の差で、レートの動きが大きい通貨ペアになるほど、買値と売値の差は大きくなるので取引コストは増します。

スプレッドはトレーダーが重視する要素なので、海外FX会社もウェブページに各通貨ペアのスプレッドを表記しています。

その中で、最小スプレッドになっているのは円・ドル・ユーロの組み合わせです。

取引コストが小さく、なおかつロスカットのリスクが小さいため、初心者に向いていると言えるでしょう。

ただし、常にレートの動きが小さいわけではなく、経済指標の発表があった場合や世界経済に影響を及ぼす災害やテロなどが起こると、急激にレートが動くこともあるので油断は禁物です。

【大きく利益を狙いたいなら】値動きが大きいポンド・スイスフラン・カナダドル

主要通貨の英ポンド、スイスフラン、カナダドルは、いずれも値動きが大きい特徴があります。

もともと値動きが大きい通貨ペアに、海外FXの高いレバレッジをかけて取引をすると、マイナス側にレートが動くと一瞬でロスカットするリスクがあります。

レートの動きが大きい通貨に高いレバレッジは不要です。海外FXで口座を開設して取引をする必要性も小さいと言えるでしょう。

もちろん、レートの動きが大きいところに高いレバレッジは鬼に金棒の側面もあります。

今後のレートの読みに自信があるなら、短い期間で大きな利益を積むこともできます。

しかし、これまでに何度も取引をしている中級者以上ではないと厳しい賭けになるでしょう。

【スワップ狙いするなら】高金利のオーストラリア・ドル・円

海外FXは為替損益を狙った取引が主流であるため、スワップ狙いで取引するトレーダーは多くありません。

しかし、スワップポイントにもレバレッジは適用されるため、高いレバレッジがかけられる海外FX会社ならスワップも狙い目です。

スワップポイント狙いでは、スワップポイントの大きさと安定した通貨がポイントです。

発展途上国は通貨に安定性がない代わりに、高金利のところが多く、円やドル、ユーロなど主要通貨を発行している国は安定性が高い代わりに、低金利のところが多く、スワップ狙いには不向きです。

オーストラリアは先進国であり、通貨の安定性が高いことに加えて、金利水準が高い国です。

円とオーストラリア・ドルの組み合わせでも高いスワップポイントを狙うことができ、初心者でもねらい目の通貨ペアです。

スワップ狙いでもっとも気をつけないといけないのは、ロスカットです。

証拠金を下回ると強制的に決済されてしまうため、スワップ狙いでいくなら為替損益を狙った取引よりも、レバレッジは引き下げて運用しましょう。

関連|海外FX初心者におすすめの通貨はドル・ユーロ・円!各通貨ペアの特徴を解説

海外FXおすすめガイド③経済指標や要人発言をチェックしておこう

【海外FXおすすめ業者20社比較】人気おすすめ海外FX業者ランキングTOP8

経済指標が発表されるタイミングはレートが大きく動きます。

経済指標には、

  • 雇用統計
  • GDP(国内総生産)
  • 小売売上高
  • 消費者物価指数
  • 失業率

などがあります。経済指標が発表されると、通貨をたくさん買うトレーダーが増えるので、買い注文から入ると利益も出やすい特徴があります。

しかし、一気に買い注文が増えることで買い過ぎの状態が作られ買い戻す動きが出て、最終的にレートは上下しながら、本来の市場相場の値に戻ります。

各FX会社も経済指標は取引に重要な要素として見ているため、経済指標の発表がある前は情報を出しています。

レートが動くので取引して利益を得るチャンスである一方、激しい値動きによってロスカットするリスクもあるので、

FX会社によっては経済指標発表のタイミングで取引することを避けるようトレーダーに促しているところもあります。

経済指標で取引をするコツ

経済指標発表のタイミングはレートの動きが大きく、ロスカットの可能性が高くなるのでレバレッジは引き下げて運用しましょう。

経済指標の結果を予想することで、今後の値動きの予想をすることも可能です。

自分の予想に自信があるので、高いレバレッジをかけて取引を行うトレーダーもいるかもしれません。

予想通りのポジションを保有することができても、経済指標の発表前後はプラス方向だけでなく、マイナス方向にもレートは大きく振れるのが普通です。

たった一瞬でもマイナス方向にレートが振れてしまうと、そこで取引が強制的に終了してしまうリスクがあることを考えると、高いレバレッジの取引は得策ではありません。

経済指標のタイミングを狙って取引を行う場合は、スプレッドにも注目しておく必要があります。

海外FXは、原則固定のスプレッドになっているところが多く、通常は一定のスプレッドで取引ができます。

しかし、経済指標の発表などレートが激しく動く場合は急にスプレッドが広がることもあるので、取引コストがかなり高くなることもあります。

経済指標は予想値と実際値の差が重要

経済指標を参考にする場合に気をつけておきたいのが、予想値と実際値の差です。

先月よりも経済指標が悪くなった場合に、数値だけ見ると通貨が売られる市場でも、トレーダーが予想していた値より悪くない結果だと、通貨は買われることがあります。

数値だけで判断することはむずかしく、予想に反してどれくらいの結果だったかというサプライズ度合いも重要です。

値動きは、トレーダーの注文によって大きく左右されます。経済指標の数値だけでなく、トレーダーの心理も考えて注文を入れることが大切です。

また、海外FX会社を選ぶ場合は、経済指標に関する情報の提供の有無や種類なども考慮して選んでいきましょう。

関連|経済指標発表でスプレッドが急に広がる?広がりやすい3つの経済指標

【海外FXおすすめ手法】デイトレードを極めよう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

デイトレードは、数時間から十数時間ほどポジションを保有して取引する方法です。

1日に1回から2回の取引になるので、常に取引できない人におすすめの手法になります。

スキャルピングが一回あたりの取引で1pipsから10pipsくらいの利益を狙うのに対して、デイトレードでは10pipsから100pipsくらいの利益を狙います。

デイトレードは基本的にポジションを翌日に持ち越さないようにします。日中の取引が中心になるので、夜中の値動きを気にすることなく取引ができるメリットがあります。

スキャルピングだとトレンドを狙った取引はできませんが、デイトレードだとトレンドに沿った取引が可能です。

海外FXでは、MT4を使った自動売買取引も人気です。専用のプログラム「EA」を使って、システムが最適なトレードを行います。

EAは、スキャルピングのように超短期的なトレードだと柔軟に対応することはできません。

デイトレードのように、1日単位の取引であれば誤差も少なく、EAが持つ最高のパフォーマンスを発揮しやすくなります。

デイトレードのメリット①スプレッドのコストを抑えられる

スプレッドは、FX会社の利益にあたる手数料です。海外FX会社は、インターバンク取引を導入しているため、国内FX会社と比較するとスプレッドは高めに設定されています。

スプレッドは通貨ペアによって異なり、一回あたりの注文に対してかかってくるのが特徴です。取引回数が多いトレーダーほど、FX会社に支払う手数料も多くなります。

スキャルピングで1日に100回以上取引をするトレーダーだと、100回分のスプレッドを支払うわけです。

デイトレードだと、スキャルピングに比べて取引回数は少なくなります。

スプレッドは損益やトレードスタイルに影響されないので1日1回の取引だと、1回分のスプレッドだけでいいわけです。

スプレッドはレバレッジも反映されるので、ハイレバレッジのトレードなら取引回数の少ないデイトレードの方が取引コストを下げることができます。

FX会社の中には、スプレッドを狭くして取引手数料を設定しているところもあります。

取引手数料は○○円までの取引なら○○円と固定されているのが特徴です。

スキャルピングで取引回数が増えてくると、かかる取引手数料も多くなります。デイトレードなら、取引回数は少ないので取引手数料は少ないメリットがあります。

デイトレードのメリット②損切りしやすい

円とドルのペアなら、1日の値動きはせいぜい1円程度です。この値動き幅を狙って取引を行います。

FXでは、戸惑いなく損切りできることが利益につながると言われています。日をまたいでポジションを持つと含み損が大きくなり過ぎて損切りが難しくなってきます。

しかし、ハイレバレッジでもデイトレードのように1日に1回から2回の取引なら躊躇なく損切りできる範囲です。

取引の時間軸が短いほど、スプレッドや取引手数料のコストが多い代わりに損切りへの抵抗新は小さく、

時間軸が長い取引ほどスプレッドや取引手数料のコストが小さい代わりに、今後の値動きを期待して損切りしにくい特徴があります。

デイトレードは、スプレッドや取引手数料、損切りのしやすさのバランスが取れているトレードスタイルです。

デイトレードのメリット③トレンド相場で大きな利益が出せる

通貨ペアの動きが一定方向に進んでいることをトレンド相場と言います。たとえば、円とドルの通貨ペアを保有しているとします。

アメリカの経済が好調になると円安に振れて、アメリカの経済が不調になると円高に振れます。

経済指標発表などで、アメリカの経済が好調である指標が発表されると、そこから円安相場のトレンドになることの予想ができるわけです。

トレンド相場は値動きが反転するリスクが小さく、ハイレバレッジをかけた取引で大きな利益を狙うことができます。

スキャルピングのように、短い時間軸の中で取引をする手法だとトレンドを狙った取引を行うことはできません。

トレンド相場で一気に大きな利益を出せるのがデイトレードの魅力です。

デイトレードで注意すべきこと

デイトレードでも、ハイレバレッジのトレードだとロスカットのリスクが無視できません。

ロスカットは含み損が一定を超えると強制決済される仕組みで、トレーダーが借金を抱えないようにするための措置です。

値動きが大きいときは、レバレッジを引き下げることや時間軸を短くする必要があります。

そして、デイトレードではポジションを持っていることが通常の状態です。

ポジポジ病は、ポジションを決済させた直後にポジションを持ってないことに不安を感じ、リスクが高い相場やトレードルールに沿わないポジションを強引に持ってしまうことをいいます。

リスクの高いトレードになってしまうので、ハイレバレッジのデイトレードではポジポジ病に気をつけましょう。

海外FXをマスターするための記事一覧

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説!初心者が勉強しておくべき9つのこと

【税金】海外FXの税金の課税対象は?確定申告で使える控除も解説

海外FXのスワップポイントとは?スワップ金利について詳しく解説

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)

 

GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です!

新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。

軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!