海外FXのNDD方式DD方式との違いとメリットデメリット

海外FXのNDD方式と国内FXのDD方式との違いとメリットデメリット

同じFX取引でも、FX会社によって取引方式は異なります。

取引方式が異なるだけで、結果が大きく変わることもあるので、FX会社選びはどんな取引方式を採用しているかもポイントです。

取引方式は大きく分けるとこの2パターンです。

  • DD方式
  • NDD方式

今回は、海外FXに挑戦するトレーダーが知っておくべきDD方式とNDD方式の違いや、メリット・デメリットを解説します。

DD方式とは(OTC方式、相対取引)

DD方式と呼ばれる取引方式は、ディーリングデスク方式の略です。

※OTC方式や相対取引と呼ばれる方法もDD方式を指します。

DD方式は、投資家の注文を受けたFX会社が、注文をそのまま市場に流すのではなく一旦のんで決済するのが特徴です。

トレーダーの注文をインターバンクに流さずにのむため、トレーダーが利益を出すとFX会社が損をして、トレーダーが損失を出すとFX会社の利益になります。

つまり、トレーダーとFX会社の利益関係は相反関係になるわけです。

DD方式(OTC方式)のメリット

DD(OTC)方式とNDD方式の違いとメリットデメリット

DD方式のメリットは、狭いスプレッドで取引ができる点です。

国内FXのスプレッドが海外FXに比べて狭いのは、国内FXがDD方式を採用していることが理由になります。

なぜ、狭いスプレッドで提供できるのでしょうか?

その答えは、トレーダーの損失がまるまる利益になるからです。

他に利益源があるので、スプレッドの利益にこだわる必要がありません。

スプレッドの狭さを重視するトレーダーが多いので、スプレッドの狭さを売りにできるのはFX会社にとってもメリットです。

DD方式(OTC方式)のデメリット

DD(OTC)方式とNDD方式の違いとメリットデメリット

それぞれのデメリットを解説します。

追証がある

DD方式を採用しているFX会社は、追証請求を行うのが一般的です。

DD方式では、トレーダーの売買注文がインターバンク市場に直結しません。

そのため、トレーダーの取引における約定の裁量が可能になり、システム内で調整をして取引差益が得られる仕組みです。

取引ごとの裁量で収益が入る代わりに、急激な相場変動が発生したときは、FX会社が追証を肩代わりするリスクが生まれます。

追証を肩代わりすれば、損失が生じてFX会社の事業継続も困難になります。

そこで、FX会社はトレーダーに追証請求をして、利益が減るのを防いでいるのです。

レバレッジが高いほど必要証拠金は小さくなるので、ロスカットを飛び越えて追証が発生しやすくなります。

国内FXのレバレッジに規制がかかっているのは、追証の発生を減らすことも目的です。

スリッページが起こる

DD方式を採用しているFX会社は、注文したレートよりも不利なレートで約定するスリッページが起こりやすいデメリットがあります。

スリッページは、急激な為替変動が原因でシステムが間に合わないことで起こる場合もあります。

しかし、DD方式では、トレーダーを負かせるために起こす意図的なスリッページがほとんどです。

スリッページで発生したトレーダーの損失は、FX会社の利益になります。

勝ちが続いているトレーダーや、口座残高が多いトレーダーをターゲットに、スリッページを起こす悪質なFX会社も少なくありません。

NDD方式とは(インターバンク取引、直接取引)

NDDと呼ばれる取引方式は、ノーディーリングデスク方式の略です。

※インターバンク取引や、直接取引と呼ばれる場合もあります。

NDD方式は、トレーダーの注文を受け取ったFX会社が、そのままインターバンクに注文を流す仕組みです。

FX会社がトレーダーの取引に関与せず、スプレッドの手数料が収入源になります。

つまり、NDD方式ではトレーダーが取引をすればするほど、FX会社も儲けるwin-winの関係になるわけです。

NDD方式のメリット

DD(OTC)方式とNDD方式の違いとメリットデメリット

それぞれのメリットについて解説します。

追証がない

NDD方式を取り入れているFX会社は、追証なしのゼロカットを導入しているところが多くあります。

追証なしのゼロカットシステムは、ロスカットが間に合わずに口座の残高が0円を下回っても、借金分の追証請求はしないシステムです。

ちなみに、追証請求はFX会社が肩代わりします。

NDD方式では、スプレッドがFX会社の収入源です。

追証請求で借金をして取引ができなくなるより、追証請求を肩代わりしてトレーダーに取引を再開してもらい、スプレッドの収入を得るメリットの方が大きくなります。

トレーダー自身も借金を抱える心配がないので、レバレッジをかけて思い切った取引ができます。

高い透明性で取引ができる

NDD方式のメリットは、高い透明性で取引ができることです。

DD方式と違って、NDD方式を採用しているFX会社はトレーダーを負かせる意味がありません

むしろ、トレーダーにたくさん勝ってもらって、活発に取引をしてもらいたいのが心情です。

そのため、DD方式で見られるような意図的なスリッページや、レート操作はほとんどありません。

FX会社に不利な状況を作られることなく取引に集中できます。

NDD方式のデメリット

DD(OTC)方式とNDD方式の違いとメリットデメリット

NDD方式のデメリットは、DD方式に比べるとスプレッドが広い点です。

NDD方式は、トレーダーが支払う手数料が主な収入源になるので、トレーダーの損失を利益にできるDD方式よりも、スプレッドは広くなってしまいます。

ただし、スプレッドが広くてもスリッページやリクオートなどが少ないため、スプレッド以外の余分なコストがかかりません。

トータルコストで見ると、スプレッドが狭いDD方式よりも約定力が高いNDD方式の方が小さくなります

また、スプレッドの広さが気になる場合、スプレッドが小さいECN口座を使用するのも方法の一つです。

取引手数料はかかりますが、DD方式よりも狭いスプレッドで取引ができます。

FXはDD方式よりもNDD方式がおすすめ

FXをするなら、DD方式よりもNDDがおすすめです。

DD方式は「トレーダーVSFX会社」の構図になりますが、プラットフォームをFX会社が提供している以上、フェアではありません。

ちなみに、NDD方式を導入しているFX会社はMT4やMT5のプラットフォームが主流ですが、DD方式が主流の国内FXでは、独自のプラットフォームを提供しています。

コストをかけてまでプラットフォームを開発・提供するのは、顧客が負ける細工をすることも目的の一つです。

DD方式のFX会社で勝ち続けて利益が出ても、いろいろな理由をつけて口座凍結や出金拒否の措置を取られる可能性も否定できません。

トレーダーの敵になるDD方式のFX会社よりも、トレーダーの味方になってくれるNDD方式のFX会社の方が、安心・安全に取引できるのは明白です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です