海外FX業者に預けた資産は安全?信託保全や分別管理で気をつけたいこと

海外FX業者に預けた資産は安全?信託保全や分別管理で気をつけたいこと

海外FXをはじめるにあたり、一番知りたいことは利益が出るかどうかよりも、安全に取引できるかどうかだと思います。

国内のルールが適用される国内FXと違って、本社がある国のルールが適用されます。日本のように厳しい規制があるわけではないので、悪質なFX業者がいるのも事実です。

一方で、安全に海外FXでトレードをして利益を出している人もいます。

海外FXは危険というイメージもあるので、トレーダーにとって、お金を預けても大丈夫なのか気になるところです。

今回は、海外FX業者にお金を預ける安全性や、預けたお金がどのように運用されるのか紹介していきます。

信託保全とは?

国内でFXをする場合は、FX会社に預けたお金がそのまま運用されるわけではありません。

預けたお金は事業資金と切り分けて、提携している他の金融機関に預けられます。

お金の管理が第三者の機関になるため、預けていたお金が使い込まれてしまうこともないのです。信託保全があるおかげで安心してFXトレードができます。

国内で信託保全が当たり前に行われているのは、法律で義務化されているからです。

どれだけスプレッドが狭く、好条件の中でトレードできても、預けていたお金がFX会社の都合で無くなってしまっては本末転倒です。

そうならないよう、トレーダーが安心して投資できる環境を作っています。

海外は信託保全が義務化されていません。信託保全がされている海外会社もありますが、徹底しているのは少数です。

ですが、海外FX会社が危険というわけではありません。信託保全ではなく、分別管理という方法でトレーダーの資金を守っているところは多くあります。

分別管理と信託保全の違い

日本のFXにはあまり馴染みがありませんが、海外FXを行うようになると信託保全より分別管理の方がよく見かけます。

信託保全は、第三者にお金を預けることによって事業資金とトレーダーの資金を分けていましたが、分別管理はFX会社の中で口座を複数用意し、事業用資金の口座とトレーダー用の口座を分けています。

分別管理も信託保全もお金を分けているという点では同じです。

しかし、分別管理だと管理するのも同じFX会社になるので、悪質な会社になると分別管理でもトレーダーの預けた資金を使い込んでしまう可能性もあります。

だからと言って、信託保全に完全性があるわけではありません。第三者にお金を預けていても実際に倒産した後は管財人が指定され、その中で返金される金額が決まっていきます。

信託保全が導入されてから国内では、FX会社が倒産した事例がありません。信託保全の管理がずさんだったらお金が手元に戻ってくることはないでしょう。

海外FX会社の中には資金保証制度を導入しているところがある

分別管理や信託保全は、どちらもトレーダーの資金と事業資金を分けることでトレーダーの資金を守るというものです。

海外FX会社の中には、分別管理とは別に資金保証制度を導入しているところが少なくありません。

資金保証制度は、金融機関と提携してFX会社が保険をかけるようなものです。FX会社が保険に加入をしていれば、FX会社が倒産して資金が戻ってこなかった場合に一定の金額が保証されます。

保証される金額は加入している資金保証制度によって変わるものの、数百万円の保証が平均的です。

多額のお金を投じてFXをする人にとって物足りなさがあるかもしれませんが、一般的なトレーダーであれば十分な保証です。

ただし、信託保全や分別管理に穴があるように、資金保証制度にも穴があります。倒産していつまで経っても保証されない可能性も十分にあります。

海外FX会社は数が多いので、信頼できるところもあれば、悪質な会社も存在します。安心してトレードするためには、信頼できる海外FX会社選びが必要です。

海外FXには信託保全の義務がない

国内のFXなら、あまり預けたお金に対する心配はありません。

FX業者が国内にあるので、何かあったとしても情報を集められることや、信託保全が義務化されていることも安心して預けられる理由です。

信託保全は、お金を預けているFX業者が倒産しても預けたお金は保証されるというものです。

トレーダーから預かっている資金をそのままFX会社で管理するのではなく、銀行など他の機関に管理の委託を依頼します。

この仕組みだと、仮にFX業者が倒産してしまっても、全く関係のない第三機関が資金を預かってくれているので、預けている資金は失うことがありません。

国内FXでは、必ずどこのFX業者でも信託保全している第三機関があります。

しかし、海外FX業者になると、信託保全は義務化されていません。信託保全があるFX業者もありますが、他の方法で預かっている資金を守る対策をしているところが多くあります。

海外FXは分別管理で預かった資金を守っている

海外FX業者の多くは、信託保全ではなく分別管理を行って預かっている資金を守っています。

分別管理は、自社の中でトレーダーから預かっている資金と運用する資金を別で管理する仕組みです。

運用するための資金が危うくなっても、トレーダーの資金は他に管理しているから大丈夫というわけです。

まったく別の機関にお金を預ける信託保全と違い、分別管理は自社の中で口座を分けているだけです。

会社が倒産しそうな状態になっているFX業者が、分別管理で分けているトレーダーの資金にまったく手をつけないとは考えにくいです。

分別管理していても、場合によってはお金が手元に戻ってこないこともあります。

分別管理だけでは、預けているお金が安全だとは言い切れません。

海外FXは、ハイレバレッジによるハイリターンが期待できるので、一気に口座の資金が増える可能性もあります。安全に預けておくなら、分別管理以外で考える必要もあります。

分別管理以外の資金管理方法

海外FX業者によっては、投資家補償基金に加入してもしもの場合に備えています。

このシステムは保険のようなもので、加入しているFX業者が倒産しても一定の資金は補償されるというものです。

加盟が多いICFだと、保障される最大額は2万ユーロです。日本円に換算すると250万円前後になるため、はじめて海外FXをするトレーダーにとっては十分です。

一部を信託保全して残りを分別管理している海外業者もいます。トレーダーから預かったすべての資金を信託保全することは現実的にむずかしい部分もあります。

分別管理で十分に補償されなくても、信託保全している一部の資金は確実に戻ってくるため、完全な分別管理に比べるとリスクは小さくなります。

近年は、分別管理に対してのルールも厳しくなりつつあります。

特に英国金融行為監督機構で規定しているCASSは、分別管理の強化版として安全性が高くなっています。

運用会社が倒産したときに、トレーダーへ迅速な資金返金ができるように顧客資金と投資資金を細かくグループに分けること、顧客への開示を積極的に行う、すぐに返金できるように顧客資金の算出方法が見直されています。

同じ分別管理でも、方法によって信頼性は大きく変わります。

信託保全や分別管理で気をつけたいこと

海外FX業者の中には、投資家補償基金、分別管理、一部の信託保全をすべて行っているところもあります。

預けたお金が補償されることを第一に考えるのであれば、このように投資家の資金が守られる制度を多く導入している海外FX業者選びが安心です

海外FX業者によっては、信託保全をしているとアピールしていても、実際には信託保全してない悪質な業者もいます。

信託保全している海外FX業者なら、どこの第三者機関にお金を預けているか、取得している金融ライセンスの有無なども確認しておきましょう。

また、お金を預ける海外FX業者のグループの規模、トレーダーの数、日本人に対するサポート体制など総合的に海外FX業者の信頼性を判断することも大切です。

倒産して資金が戻ってきたとしても、時間や手間は多くかかります。それよりも、倒産のリスクが少なく長期的にトレードできそうな海外FX業者を探す方が賢明です。

ライセンスの有無で決まる安全性の高さ

国内に本社がある国内FX会社でも、信頼できる会社かどうか調べることは手間がかかります。

海外FX会社になると、情報も少なくなるので信頼性を調べることは、さらにむずかしくなります。そこで、信頼できる会社かどうかを判断するために、取得しているライセンスを調べます。

ライセンスというのは、金融機関から認定を受けることで取得できるものです。

ライセンスを発行している金融機関は会計監査や資本金などの審査項目をいくつか設定しており、FX会社はそれぞれの審査項目をクリアする必要があります。

本来は安全なFX会社であっても、ライセンスがないと信頼を得ることはむずかしいでしょう。信頼性の高さは、安全性の高さにもつながります。

また、ライセンスにはいくつかの種類があり、海外FX会社によっては複数のライセンスを取得しているところもあります。

複数のライセンスがあって、取得の難易度が高いライセンスになるほど安全性も高くなります。

ですから、安全性を考えて海外FX会社を選ぶ場合はライセンスを参考にするとよいでしょう。

FX会社が倒産したときに資金は守られる?

FXをするためには、FX会社で口座を作って資金を預ける必要があります。

トレードで発生する利益や損失は、すべて専用の口座の中身が増減します。預金口座を預けている銀行が管理しているように、FXの口座の資金はFX会社が管理しています。

トレードで利益を出すと、口座に入っている資金も増えていきます。

では、海外FX会社が急に倒産してしまった場合に、預けている資金は手元に戻ってくるのでしょうか?

倒産しそうだから、預かっているお金を先に返すような親切な会社はありません。倒産することが分かった時点で、口座からお金を引き出すことはできなくなっているのが普通です。

国内FXは、FX会社が倒産してもトレーダーの資金が守られるように信託保全の義務があります。

海外FX会社は、日本のように信託保全の義務がありません。海外FX会社によっては倒産したら預けているお金がまったく戻ってこないところもあります。

一方で、海外FX会社の中には、預かっているお金とトレードで使うお金を分けて管理しているところもあります。

分別管理しているのは、FX会社が倒産してもトレーダーの資金が守られるようにするためです。

信託保全している海外FX会社もあります。信託保全と分別管理の両方があるところなら、安全性はより高くなります。

信託保全や分別管理がある海外FX会社を選ぶことで、安全にトレードできます。

また、一度に複数のFX会社が倒産することは考えにくいため、一つの海外FX会社で口座を作って運用するのではなく、複数のFX会社で口座を作って資金を分散させておくことでリスクを減らすことも可能です。

日本語サポートしている海外FX会社は比較的安全

海外のFX会社の中には、最初から詐欺を働くことを目的として運営している会社もあります。

このようなFX会社というのは、ライセンスの取得を最初からしておらず、ムダなコストをかけないようにしています。

日本向けのFXサービスを提供している海外FX会社には、日本語サポートが充実しているところと、そうでないところがあります。

日本語サポートの体制を整えるためには、一定のコストが必要です。日本は、金融庁の取り締まりが厳しいこともあり、海外FXをするハードルは他の国に比べると高めです。

つまり、日本人トレーダーは相対的に少なく、わざわざ日本語サポートにコストをかけてまで詐欺をする利点がありません。

日本語サポートでは、webページだけが日本語になっているケースと電話対応も日本語サポートになっているケースがあります。

トラブルが起こった場合に、すぐ対応してもらえるようにするなら電話のサポートも日本語の方が安心です。

取得しているライセンスと照らし合わせながら日本語サポートの有無も確認しておきましょう。

トレーダー自身がリスクに備えてできること

FXには、リスク分散がルールの根底にあります。たとえば、一つの通貨ペアに集中投資するのではなく、いくつかポジションを持ってリスクを分散させるというものです。

これは、トレードだけでなく、お金を預ける海外FX業者でも同じことが言えます。

海外FXは、一つの口座しか作ることができないルールはありません。

複数のポジションを持ってリスクを分散させるように、複数の海外FX業者で口座を開設してリスクを分散させることもできるのです。

一つの海外FX業者が倒産して、預けている資金を失ったとしても他の海外FX業者で預けている資金は残るので、全額を失うことはありません。

海外FXは出金にコストもかかりますが、利益が出たら出金して他の口座に資金を移すことでリスクを減らすこともできます。

過去にFX業者が倒産したという例自体が多くなく、信託保全されていても確実に手元にお金が戻ってくるかは倒産してみないと分かりません。

もしもの場合に備える意味でも、リスク分散は大切です。

資金管理のことを考えるなら信頼できる海外FX会社が大事

安全に資金管理してくれる海外FX会社選びの方法として、ライセンス取得の有無があります。

金融ライセンスを取得するためには、さまざまな条件をクリアしなければなりません、

条件はライセンスの種類によって異なり、たとえば、FMAのライセンスなら100万ドル以上の資金があること、コンプライアンスや規制の専門部署があること、資金の分別が徹底されているなどです。

ライセンス取得についての情報は海外FX会社のwebページに番号と一緒に記載されています。

会社の信頼性をアピールできるので、ライセンスの取得をしている海外FX会社ならライセンスを前面に出しているのが普通です。

取得しているライセンスの資金管理のルールがどのようになっているのかも確認しておきましょう。

自分で管理することも忘れずに

資金管理が徹底されているFX会社でも完全に信頼してしまうのは注意が必要です。

ある程度、口座に資金が貯まってきたら出金して別の口座にお金をこまめに移すことも資金管理の方法です。

FXは、NISAと違って複数の口座を作ることができないルールがありません。

仮に、100万円の資金があったとして、100万円を一つの海外FX会社の口座に入れるよりも、二つの海外FX会社で口座を作って、50万円ずつ入金する方が安心です。

FX会社が倒産することは少なく、口座を作っていたFX会社が無くなる体験をするのは稀です。

しかし、FXトレードで予想しない値動きで大損失を被ることがあるように、絶対大丈夫という概念はFXに通用しません。

トレードだけでなく、資金面もしっかり管理できる人がリスクに強いトレーダーと言えるでしょう。

最後に

海外FXは、入金や出金も国を超えて行なわれることになるので、国内FXでトレードするよりもお金の流れはダイナミックになります。

そこに危険性を感じるのは分からなくもありませんが、FXは外国の通貨も利用して行う投資であることを考えると、本来の形とも言えます。

海外FXにはリスク以上に、ハイレバレッジでトレードできること、透明性の高いインターバンク取引ができるなどのメリットがあります。

トレーダーに対するサポートやサービスは充実しており、少ない資金で大きな利益を狙うことができます。

海外FXは海外FX会社選びさえ気をつけたら安全にトレードできます。

危険な海外FX会社を選んでしまわないようにするために、ライセンス、信託保全や分別管理、日本語サポートの有無など、信頼できる海外FX会社の条件を満たしていることを確認してから選びましょう。

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です