海外FXと国内FXの違いと5つの噂について徹底検証

海外FXと国内FXの違いと5つの噂について徹底検証

海外FXを始めるときは、国内FXとの違いを理解しておく必要があります。

国内にも優れたFX会社は多くあります。それでも言語が違う海外に拠点を持つ海外FXをするのは、国内FXにはないメリットがあるからです。

海外FXのメリットを活かすことが、FXで利益を出すポイントになります。

国内のFX会社ならオール日本語対応であることや、日本の法律に従って運営しているので、一定の信頼性があります。

一方で、海外FX会社は数が多いことや日本語対応であるとは限りません。

それでも、海外FXをする日本人トレーダーが多いのは、国内FXにはない魅力もあるからです。

今回は、海外FXと国内FXの違いについて学習していきましょう。

そもそも海外FXとは?

海外FXは、海外に本社があるFX会社でFX取引することを言います。

今は、インターネットを使って遠く離れた海外のFX会社に申し込みをして、取引ツールを提供してもらうことが可能です。

海外で利用できるFX会社でも、本社が国内にある場合だと海外FXではありません。

FX取引のルールは、法律で決められている部分も多くあります。

その取り決めをしているのは、それぞれの国であるため、海外FXでも本社がある国によって取引のルールには違いがあります。

日本は、海外に比べるとFXに対しての規制が厳しいため、大きな取引ができにくい特徴があります。

海外FXは日本人でもいきなりできる?

海外FXをするためには、日本人が利用できる海外のFX会社を探す必要があります。

実は、すべての海外FX会社で口座を作れるわけではありません。

日本の規制は、一部海外にも及んでおり、日本向けのFXサービスを撤廃しているところもあります。

日本人が口座を作れる海外FXだと、日本人向けのサービスを行っている会社だと言い換えることもできます。

海外FX会社によって利用の条件などは異なりますが、日本人トレーダーに対応している海外FX会社だと、申し込みをしてすぐにトレードできる環境を作れる場合もあります。

特に、日本語対応しているところだと、日本の利用者も多いので取引までの流れもスムーズです。

海外FXは英語が必要だと思う方も少なくありませんが、取引についてはMT4を使ってトレードを行うのが基本であり、MT4は世界で使用されているツールなので日本語対応もしています。

口座を作って、入金や出金の方法を覚えたら日本人でもいきなり海外FXすることもできます。

国内FXと海外FXの違い

国内FXと海外FXの違い①「取引方法の違い」

国内FXでは、相対取引[OTC方式]による取引が行なわれ、海外FXでは、インターバンク取引[NDD方式]が行なわれています。

相対取引は、注文がインターバンク市場に流れず、FX会社とトレーダーの間で注文のやりとりが起こる取引です。

FX会社は、トレーダーの注文を呑む形になるので、トレーダーが出した損失はFX会社の利益に変わっています。

反対に、トレーダーが利益を出すとFX会社の取り分は減るので損失が増える仕組みです。

インターバンク取引は、トレーダーから受けた注文をFX会社が受けてインターバンク市場に流します

。FX会社の利益になるのは、トレーダーが注文したときに発生するスプレッドです。スプレッドによる利益は、トレーダーの取引回数が多くなるほど増えます。

そのため、トレーダーが取引に勝ってトレード回数を増やすほど会社が儲ける仕組みです。反対に、トレーダーが負けるとトレードへの意欲が低下し取引回数が減るため、FX会社にとっては不利益になります。

取引の違いにより、「トレーダーに勝って欲しい」という海外FX会社と「トレーダーに負けて欲しい」という国内FXとの間で、トレーダーに対しての気持ちが正反対になります。

国内FX会社と海外FX会社で、スプレッドやサポートが異なっているのは、取引方法の違いも関係しています。

海外FXは、トレーダーが勝つための投資を惜しみません。

国内FX会社と海外FXの違い②「追証の違い」

国内FX会社は、ロスカットが発動せず口座の資金が0円を下回ると、追証という形でマイナス分をトレーダーに請求します。

FXのリスクにあたる部分でもあり、レートの動きが激しくなっているときは、起こっても不思議ではないことです。

追証が必要になるのは、国内FX会社の取引方法が相対取引であることも理由になります。

トレーダーの注文を呑んでいるので、追証でトレーダーの損失を回収しないと、呑んでいた儲け分が消えて大損してしまいます。

海外FX会社は、レートが激しく動いて口座が0円を下回っても追証がありません。

ゼロカットシステムを導入している会社が多いためで、0円を下回った分のマイナス分は請求しないシステムです。

海外FX会社も追証は損失になるので、できれば請求したいのが本音です。

しかし、取引回数が増えるほど利益が増えるのがインターバンク取引なので、追証がないことへの安心感からトレーダーの回数が増えるメリットの方が大きいと考えています。

このように、国内FX会社と海外FX会社の取引の違いは、追証の有無の違いも生み出しています。

海外FXでは追証なしのFXが普及しているので、追証ありのFXで慣れている日本人トレーダーが国内FXと海外FXの違いで大きく感じる部分でもあります。

追証のリスクを考えるなら、追証がない海外FXの方が安心です。

国内FXと海外FXの違い③「プラットフォームの違い」

国内FXでは、その会社が開発したプラットフォームを使用して取引するのが主流です。

プラットフォームは取引ツールの母体となるもので、取引ツールやチャートツール、情報収集ツールなど、多機能になっています。

海外FXでは、世界的に使用されている「MT4」というプラットフォームを共有して取引するのが一般的です。

プラットフォームを共有して使っている海外FXは、プラットフォームの開発にコストをほとんどかけていません。

一方、国内FXは、独自のプラットフォーム開発に多大なコストをかけています。

このように、プラットフォームへのお金のかけ方が異なるのも、国内FXが相対取引を利用しているのが理由です。

国内FXは、狭いスプレッドが特徴です。呑み行為によってトレーダーの損失を利益に回すことが理由になります。

しかし、スプレッドの狭さをカバーすることは、それだけだと不十分です。

そこで独自のプラットフォームを使って、ストップ狩りやスリッページなどを意図的に発生させて、別のところから利益を引き出してきます。

共有のプラットフォームより、ブラックボックスにできる独自のプラットフォームを利用するメリットの方が大きくなるわけです。

国内FXと海外FXの違い④信託保全の違い

国内FXでは、信託保全が義務化されています。トレーダーが預けている資金を他の金融機関に預けることでFX会社が倒産しても、トレーダーの資金は守られる仕組みです。

信託保全があることで、トレーダーは安心して取引することができます。一方で、海外FXは信託保全の義務はありません。

海外FXは、信託保全の代わりに分別管理や保険をかけてトレーダーの資金を守っています。

分別管理は自社内で、トレーダーから預かった資金と運用する資金の口座を分けて管理する方法です。

保険は一定の保険料を支払ってFX会社が倒産しても、保険会社から一定の補償がされる仕組みになります。

自分の資金を守るためには、信託保全や分別管理が徹底しているFX会社を選ぶ必要があります。

国内FXと海外FXの違い⑤レバレッジの違い

国内FXから海外FXに移行するトレーダーの多くは、レバレッジの上限がないことに魅力を感じています。

日本も過去には100倍のレバレッジをかけて取引することができましたが、規制によって上限レバレッジは引き下げられて、今では上限で25倍までしかレバレッジはかけることができません。

海外FXは、日本のようにレバレッジに厳しい規制をかけているところはあまりありません。

レバレッジが高くなると、それだけ少ない証拠金で大きな取引ができるわけなので、少ない資金を元手に取引したいトレーダーにとって高いレバレッジをかけた取引は魅力です。

FX取引は、負けても赤字にならないように口座が一定の残高を下回ると自動的に決済される仕組みになっています。

しかし、レートが大きく動くタイミングでは本来決済されるべき残高の部分で決済されず、口座の残高を下回ったところで決済されて赤字になる場合があります。

このような場合に、赤字分をFX会社から請求されることを追証と言い、国内FXは追証有りのところが多いため、レバレッジに制限をかけている面もあります。

海外FXは、口座の残高がゼロ円になったらそれ以下の赤字分を請求しないゼロカットシステムが導入されています。

そのため、高いレバレッジをかけて取引をしても借金しない仕組みです。追証がないから高いレバレッジをかけて取引できるとも言えます。

海外FXは危険?

海外FXをしたいトレーダーにとって、海外FXの危険性は気になるところです。

海外FX会社は数が非常に多く、中には出金ができないところや連絡がつかなくなるような詐欺業者もいます。

しかし、優良な海外FX会社も多くあるので、評判を調べることで事前対応することが可能です。

気をつける点は、国内FXのように信託保全が義務化されているわけではないので、FX会社が破産してしまった場合に預けている資金の安全が確保されない可能性があります。

海外FXによっては、顧客資産と経営資産を分離して保管しているところもありますが、信託保全されるわけではないので注意が必要です。

海外FX会社の中には自主的に信託保全をつけているところもあるので、信託保全の有無も海外FX選びのポイントになるでしょう。

海外FXと国内FXの噂の検証

海外FXと国内FXの噂の検証① 海外FXは預けたお金が戻ってこない?

国内FXは信託保全が義務化されているので、FX会社が倒産しても預けたお金は保証されます。

信託保全は、トレーダーから預かったお金を他の金融機関に預けることです。FX会社が倒産しても、信託保全で預けている金融機関からお金を受け取ることができます。

海外FXは、信託保全が日本のように義務化されていません。そのため、海外FXは預けたお金が戻ってこないと言われるのです。

実際は、海外FXも預けたお金は保証される仕組みになっています。海外FXは信託保全以外の方法でトレーダーのお金を管理しているのです。

その一つに分別管理があります。この方法は、FX会社の中でトレードの使用する資金とトレーダーから預かっている資金を別々に管理する方法です。

運用資金がなくなっても、トレーダーが預けている資金は守られます。利用している海外FX会社が倒産しても、預けているお金が戻ってこないことはありません。

他にも保険をかけてトレーダーの資金を守る仕組みを作っている海外FX会社もあります。

海外FX会社が保険会社に一定の保険料を支払い、倒産してしまった場合に顧客のトレーダーに対して一定の保証金額が支払われる仕組みです。

分別管理とあわせて保障が受けられるので安心してお金を預けてトレードすることができます。

日本人向けのサービスを提供している海外FX会社は、母体がしっかりしているところが多いので安心です。

海外FXと国内FXの噂の検証② 国内FXの方が取引の信頼性は高い?

国内FXは、信頼性や安全性をアピールしています。国内に会社があることや、日本のルールで取引をしていることに信頼を寄せているトレーダーが多いのは事実です。

しかし、国内FXの会社の信頼性が高くても、取引に関しての信頼性は海外FXに比べると低くなります。その理由になるのが、取引方法の違いです。

海外FXを積極的に行っているトレーダーから見ると、国内FXの取引の仕組みはブラックボックスです。

国内FXは、トレーダーの損失分がFX会社の利益になるDD取引を導入しています。

スプレッド以外にも、スリッページやリクオート、スリップ狩りなどを起こして利益を得ています。

コストをかけて独自のプラットフォームを提供しているのは、意図的にレートずらしなどができる環境を作ることも理由の一つです。

海外FXは、市場と直接取引を行うNDD取引を導入しています。利益になるのは、トレーダーのスプレッドです。

どんどん取引をして儲けてくれる方が、FX会社は潤います。トレーダーと利益の取り合いをしている国内FXのように、トレーダーに損失が出るメリットは一切ありません。

このような取引の違いから、国内FXよりも海外FXの方が信頼性の高い取引を行うことができます。

海外FXと国内FXの噂の検証③ 英語ができないと海外FXはできない?

国内FXは日本人トレーダーを対象にサービスを行っているので、ウェブページや電話、メールでのサポートは日本語が基本です。

口座の開設から、取引、入金、出金などの手続きに関しても、すべて日本語で行われます。

一方の海外FXは、会社が海外にあるので、英語ができないと海外FXはできないという噂もあります。英語ができる人ならともかく、英語ができない人にとっては不安材料です。

結論から言うと、英語ができなくても海外FXは問題なくできます。日本人が利用している海外FX会社が、海外にあるのは間違いありません。

しかし、日本人が利用できる海外会社は、日本人向けのサービスを行っているところがほとんどです。

ウェブページが完全日本語対応になっているだけでなく、FX会社によっては現地の日本人スタッフに電話やメール対応してもらえるところもあります。

サポートやウェブページに限らず、使用する取引ツールやチャート表示なども言語調節できます。

これは、海外FXで使用されている取引ツールやチャートツールが「MT4」であり、MT4が完全日本語対応になっていることが理由です。

海外FXを始める日本人は増えており、海外会社も日本人トレーダーの獲得に力を入れています。

今後も国の壁を越えて、日本人が安心して取引できる環境が整っていくことが予想されています。

海外FXと国内FXの噂の検証④ 海外FXと国内FXではボーナスが違う?

海外FXも国内FXも口座を開設すると、キャンペーンやボーナスがあります。国内FXだと、口座を開設して数千円から数万円のキャッシュバックキャンペーンがあります。

そのため、国内FXのボーナスは優れているイメージを持つトレーダーも少なくありません。しかし、海外FXは国内FXに比べると、さらに充実したボーナスを受け取ることができます。

海外FXのボーナスは、キャッシュバックされる金額が決まっているわけではありません。

最初に口座に入金した金額に対して、30~100%のボーナスを受けとることができます。ボーナス分の金額は、そのまま取引に使用することも可能です。

少ない投資額でもボーナスを有効に活用することで、しっかり利益を出すことができます。海外FXと国内FXでボーナスの質が違うのは事実です。

他にも、口座開設ボーナスなど海外FXにはさまざまなボーナスがあります。

海外FXと国内FXの噂の検証⑤ 海外FXは口座開設の時間がかかる?

海外FXの口座開設は時間がかかるという噂があります。日本国内に会社がある国内FXと、海外に会社がある海外FXでは、海外FXの方が口座開設に時間がかかりそうなイメージを持つのは自然です。

しかし口座開設は、国内も海外もインターネットを使った方法がメジャーになっています。オンラインの手続きで進めていくため、FX会社との物理的な距離の長さはあまり関係ありません。

口座開設をするときは、身分証明書や住所証明書が必要です。これらの書類提出に関しても、スマホのカメラで書類を撮影し、画像を専用フォームから送るだけで完結します。

入金や出金に関してもクレジットカードを使ってリアルタイムに行うことができます。海外FXだからと言って口座開設に時間がかかることはありません。

スピード開設ができるクイック口座に対応している海外FX会社なら、国内FXよりも早く口座開設ができる場合もあります。

まずは海外FXを試してみよう

海外FX会社の多くは、デモトレードができる口座を用意しています。

これは、取引口座を開設しないでも利用できるため、実際にデモ口座を使って海外FXでトレードしてみることをおすすめします。

同じプラットフォームを使って取引するので、一つの海外FXで取引に慣れておくと他の海外FXで取引をする場合も同じように取引可能です。

海外FXでデモトレードをする時のポイントは、高いレバレッジでどれくらいの損益が出るか、ロスカットのリスクは高いかどうかです。

デモトレードは練習用の口座なので、気軽に行なえるメリットがあります。

ただし、FXは気持ちに結果が左右されやすい投資です。デモトレードで勝つことができても、同じように実践で成績を残せるとは限らないので気をつけましょう。

まとめ

国内FXと海外FXの違いは、取引方法が異なることで生じる違いが大きい特徴があります。

トレーダーの利益がFX会社の利益になるのと、トレーダーの利益がFXの損失になるのでは、トレーダーへの対応が変わってくるのも当然です。

また国内FXは海外FXに比べて規制が厳しいことも、海外FXとの違いを作っています。

規制の厳しさが、トレードの可能性を縮めているのは事実です。

それぞれの違いを理解して、海外FXを始めましょう。

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です