【海外FX初心者の口座開設】必要な書類や審査内容は?口座開設の流れまとめ

【海外FX初心者の口座開設】必要な書類や審査内容は?口座開設の流れまとめ

海外FXを始めるためには、対応している海外FX会社で口座の開設が必要です。

国内FX会社と違って、会社の所在地は海外になります。口座の開設をするためには、身分証明書や届出書の提出が必要です。

海外に足を運んで手続きをすることは難しいため、インターネットを使って手続きを進めていきます。

申し込みして数分から数十分で、口座開設ができるクイック口座開設に対応している海外FX会社も増えています。

ここでは、海外FX口座の開設に必要なことやものについて紹介していきます。

口座の開設をする前にデモ口座で取引を試してみよう

はじめて海外FXをするトレーダーは高いレバレッジに慣れてないため、リアルトレードで損をしてしまうリスクがあります。

資金に応じた適切なレバレッジの設定は、ハイレバレッジでトレードできる海外FXならではのリスクコントロールが必要です。

頭の中でイメージするのと、実際にトレードするのでは違います。

口座を作っていきなりトレードをする前に、デモ口座を作ってワンクッション置くことをおすすめします。

デモ口座はリアルトレードと同じように取引できる口座ですが、取引で使うお金は仮想のお金です。大きく負けても自分の資金が減ることはなく、安心してトレードできます。

デモ口座で取引する場合は、高いレバレッジをかけた取引を試すだけでなく、取引ツールの使いやすさや利用できるインジケーター、FX会社が提供しているサービスなどもチェックしておきましょう。

国内FXと違って、海外FXには言語の壁があります。日本語対応していても、マニュアルや情報ツールが日本語でないケースもあるので注意が必要です。

まずは口座を開設する海外FX会社選び

口座を開設する前に、口座を開設したい海外FX会社選びが必要です。

海外FX会社は、国内のFX会社と違って本社が海外にあります。

トレードの方法や信託保全なども本社がある国のルールが適用になるため、何に比重を置いてFX会社選びをするかも大事です。

国内FXから海外FXに移行する目的の中で多いのはレバレッジの規制がないことです。

国内のレバレッジは引き下げられて上限25倍となっており、今後も引き下げられる可能性があります。

一方で、海外は100倍を超えるレバレッジは珍しくなく、1000倍近いレバレッジでトレードできるところもあります。

数ある投資の中でFXの魅力は、少ない資金で大きな取引ができるレバレッジです。

レバレッジの上限が高いこと、口座の残高が0円を下回ったときに追証を受けないシステムがあること、日本語サポートが充実していることなどが海外FX会社選びにおける重要ポイントになります。

また、信頼できるFX会社かどうかも過去の実績を参考にするとよいでしょう。

口座にはタイプがあることを知っておこう

海外FX会社には、いくつかの口座タイプがあります。その中でも、スタンダード系の口座タイプとプレミアム系の口座タイプは利用の多い口座タイプです。

それぞれの違いを知って利用する口座タイプを選んでいきましょう。

スタンダード系の口座タイプは、少ない資金で始められる口座です。

はじめて海外FXに挑戦するトレーダーにもおすすめで、数千円の入金から口座が作れるFX会社もあります。

一方、プレミアム系の口座は初期に必要となる資金が多い特徴があり、FX会社によっては数十万円の初期投資が必要です。

ただし、プレミアム口座の場合は、スプレッドが低いことやインジケーターやEAが安く利用できるなど、トレードをする上での特典が多くあります。

プレミアム口座だからよりハイリターンでハイリスクな取引になるわけではないので、資金に余裕があるならプレミアム口座から始めたのでもよいでしょう。

海外FXの口座開設に必要な本人確認書類

海外FX会社で口座開設をするためには、本人であることを証明するための書類が必要です。

公的な書類である必要があるため、運転免許証やパスポートなどが提出書類になります。

マイナンバーカードや保険証などの公的書類に関しては、顔写真がなく公的な書類として認められないことがあるので注意が必要です。

本人確認書に記載されている内容と、申し込みの内容に違いがないことを確認しておきましょう。

申し込みをする場合は、ウェブページの専用申し込みフォームを利用するのが一般的です。

間違って入力してしまうと、本人確認書に記載されている内容と一致せず、虚偽の記載をしたと指摘されます。

意図的ではなくても、それだけで口座開設の審査に落ちる理由になります。

海外FX会社の場合、本人確認書の提出は郵送で行うのではなくインターネットを使うのが一般的です。

本人確認書を写真で撮影して、メールや専用フォームに添付して送ります。

口座開設まで物理的に物を送ることがないので、口座開設にかかる時間は国内FX会社とほとんど変わりません。

国内FXより、スピーディーに口座開設できることもあります。

海外FXの口座開設に必要な住所証明書

海外FX会社で口座開設する場合は、身分証明書の他に住所証明書が必要です。

身分証明書が正しいものかどうかをチェックする意味もあるので、身分証明書を住所証明書に使うことはできません。

また有効となる書類は発行されてから3カ月から6か月の間の書類になります。

住所証明書として使える公的種類は、住民票や健康保険証、印鑑登録証明書などです。

健康保険証をコピーする方法が一番早く、用意できない場合は住んでいる地域の役所に出向いて書類を発行してもらう必要があります。

他には、公共料金、クレジットカード、固定電話などの利用明細書も住所証明書として使用できます。

注意する点は、住所証明書に記載されている内容が事実と異なってないかどうかです。公的な書類を使用するので、通常は記載されている内容に間違いが生じることはありません。

しかし引越ししてから住所変更手続きをしてないと、住んでいる住所と提出する書類に違いが生じます。

海外FX会社によっては、住所が異なることに不信感を持って、口座開設の審査に落とすことがあるので注意が必要です。

海外FX口座開設で必要な資金

海外FX会社で口座開設して取引するためには資金が必要です。口座への入金が反映されてから取引できるようになるので、口座開設のスピードより入金スピードの方が重要になります。

口座開設で必要になる資金は、海外FX会社によって異なります。だいたい千円から1万円の資金があればスタートできるようになっています。

口座への入金スピードで速いのは、クレジットカード入金です。クレジットカードで入金する金額分を引き落とすことで、口座に入金することができます。

銀行送金に比べて、スピードが速いだけでなく手数料が安いのもメリットです。

追加入金する場合にも必要となるので、口座開設をする前にFX取引に使う専用のクレジットカードを用意しておきましょう。

海外FX口座開設で必要な知識

日本人が利用する海外FX会社の多くは、サポートやウェブページが日本語対応になっています。

外国語が分からなくても、日本語サポートがあれば問題ありません。日本で流通している円が世界3位の流通数であるように、世界的に見て日本は経済大国です。

FXのマーケットでも日本人トレーダーの存在は貴重になります。日本人が海外FXをしやすいように、日本語サポートをしている海外FX会社も多いのが特徴です。

FX取引に関する知識も必要です。トレードの内容そのものは、国内でも海外でも同じなので、国内FXの経験があれば迷うことはありません。

取引ツールが違うので、慣れるまでに少々時間を要します。また、国内FXに比べてかけることができるレバレッジが大きくなります。

高いレバレッジをかけた取引に関してのリスクやメリットは事前に調べておきましょう。

海外FXを始めるために必要な環境

海外FXもパソコンやスマホなどを使い、専用の取引ツールにログインして取引を進めます。海外FXだからと言って、特別必要になる周辺環境はありません。

ただし通信速度やネット環境の安定性は取引に大きく関わってくることになるので、スペックの高いパソコンやスマホ、通信環境を変えるなどの対応は有効です。

海外FXでは、自動売買取引を行うトレーダーもいます。この場合、パソコンを常に稼働させて取引できる環境の構築が必要です。

電気代が高くなることや、安定して稼働させることが難しい場合は、仮想サーバーのVPSを設置して稼働させる環境を作ることもできます。

口座開設を条件にVPSを無料で提供している海外FX会社もあるので、自動売買取引を検討している場合は確認しておきましょう。

口座の開設は日本語対応していることが条件

海外FX会社には、日本人向けのサポートを行っている会社と行ってない会社があります。

日本人の利用を促している海外FX会社は、ホームページを日本語化しているのが一般的です。

この場合、口座開設に必要な情報や入力方法をサポートしているので迷うことなく口座開設を進めることができます。

日本語対応してない海外FX会社だと、その国の言語を理解してないと入力を進めることは困難です。

口座の開設にたどり着いても、取引するときに言葉の壁を感じることになります。海外FXを始めるときに、最初の挫折ポイントになるのが口座開設です。

どれだけFXの条件がよくても、口座の開設をしないことには始まりません。

海外FXの口座開設のスピードについて

海外FX会社に口座開設の申し込みをしてから、受理されるまでの時間は速い特徴があります。国内FX会社が対象としているのは、日本人トレーダーです。

一方、海外FX会社が対象としているのは世界中のトレーダーになります。口座開設を促して利用者を増やすためには、海外FX会社も口座開設を効率的に行う必要があります。

口座の開設にかかるスピードは、速いところだと即日対応のところもあります。

海外FX会社によって口座開設にかかる時間は異なるので、すぐにでもトレードを開始するなら口座開設にかかる時間の比較も大切です。

身分証明書の提出などは、書類を郵送するのではなく、カメラで書類を撮影して画像データで送るのが主流になっています。書類の提出で余分に時間がかかることはありません。

海外FXの口座開設の審査について

海外FX会社で口座開設をするためには、所定の審査を受けなければなりません。審査は、FXができる経済的な余裕があるかどうかが焦点です。

ただし、ローンのようにお金を借りる審査ではなく、自己資金の範囲内で行う投資なので厳しい審査ではありません。収入がない人でも資金に余裕があれば、口座開設することは可能です。

審査では、申込書に記載されている内容と事実の比較が重要なポイントになります。

入力した住所と住んでいる住所に違いがあると、それだけで審査に落ちてしまうことがあります。

インターネットを使って申し込みをする場合はキーボードのタッチミスもあるので、記載されている内容は確認しておきましょう。

海外FX会社は、審査基準の情報を公開していません。海外FXの審査に落ちてしまっても、その原因がどこにあるのか分からない場合もあります。

一回審査が落ちてしまった海外FX会社だと、その後に申し込みをしても再び落ちる可能性があるので注意が必要です。この場合、他の海外FX会社で口座の開設をする必要が出てきます。

口座開設に必要なお金について

海外FX会社で口座の開設をする場合は、口座に入金するためのお金が必要です。最初に必要になる資金は、各FX会社によって規定が異なります。

以前のように10万円や100万円の初期投資が必要な会社はほとんどありません。1000円の初期投資からFXをスタートできる海外FX会社もあります。

海外FX会社には、口座開設に伴うボーナスが用意されているところもあります。

ボーナスは、入金した金額と同じ金額のバックが受けられるところもあり、国内FX会社に比べると豪華です。最初に入金する金額が多ければ多いほど、ボーナスバックも多くなります。

ボーナス100%の海外FX会社なら、資金の2倍で取引ができる計算です。

FXは余剰資金を運用する投資としての位置づけです。すべての資金を投入するのではなく、失っても許せる範囲の入金をするのが基本になります。

他の投資と違って元本保証がなく、すべての資金を失う可能性がゼロではない点に注意が必要です。

海外FX会社が指定している初期投資額、ボーナス、自己資金のバランスを考えましょう。

海外FX会社の口座開設の危険性について

海外FX会社で口座開設する場合は、危険性の把握も必要です。海外FX会社は、国内FX会社に比べると数が多く、それだけ選択肢が多いことを意味します。

日本人向けに丁寧なサポートやサービスを行っている海外FX会社もありますが、その一方で詐欺を働く悪質な会社があるのも事実です。

口座開設して入金をして、そのお金が取り出せなくなったというトラブルも起こっています。

口座開設で被害に遭わないためには、信頼できる海外FX会社を選ぶことが大事です。

会社の資金力、所有しているライセンス、日本人トレーダーの利用数、口コミなど総合的なバランスで判断していくのがポイントになります。

海外FX会社で開設した口座のお金が自由に引き出せるかどうかも重要です。FXで勝って口座に入っている資金がどんどん増えても、取り出すことができないと意味がありません。

出金を渋る海外FX会社もあるので、出金のしやすさについても確認しておきましょう。不安な場合は日本語サポートを利用して、メールや電話で確認しておくと安心です。

海外FX会社で口座開設した後について

海外FX会社で口座開設をした後は、入金してトレードの開始になります。トレードに必要となるチャートツールや取引ツールは、海外FX会社が提供するものを利用します。

MT4というプラットフォームを使用するケースが多く、マニュアルを確認しながら設定していく流れになります。

口座開設した後に、解約をしても違約金を取られるところはほとんどありません。

しかし、口座開設してからまったく取引をしない状態が続くと、口座が凍結される場合があるので注意が必要です。

口座が使えなくなっても、手続きすると再び使えるようになります。海外FX会社も国内FX会社と同じように、複数の口座を開設して取引することができます。

複数の口座を持つ場合は、それぞれの口座の管理をきちんと行いましょう。

【審査Q&A】海外FX初心者の審査におけるよくある質問

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

海外FXの審査で落ちることはあるの?

海外FX会社の審査で落ちるのは、トレーダーの確認不足や入力ミスがほとんどです。

基本的に国内FX会社で口座を開設できる人なら、海外FX会社で口座開設できないことはありません。

ただ、申し込みした内容と実際の内容に違いがあると審査に落ちる可能性もあります。これはマネーロンダリングなどの犯罪を防ぐことが目的です。

引越しで住所が変わっていることや、結婚離婚などで苗字が変わっていることもありますので注意して下さい。

20才になってないけど審査に落ちる?

海外FX会社に申し込みをする場合、各FX会社は口座開設に年齢制限を設けているのが一般的です。

海外FX会社によっ、審査の年齢条件は異なっており、国内FXの場合だと20歳を超えていることが審査の条件になっているところがほとんどです。

海外では20歳を超えてからではなく、18歳以上から口座開設できるところも少なくありません

親の同意書があれば口座開設できるケース、レバレッジを引き下げて運用して取引ができるケースもあります。

一方、年齢の上限に関しては記載してない海外FX会社がほとんどです。

暗黙で75~80歳を上限にしているFX会社が多くあります。FXは信用取引になるため、一定の年齢を超えたら取引に制限をかけるのです。

収入が少ないけど審査に落ちる?

海外FXの審査は、仕事や収入の審査のハードルは高くありません

それに海外FX会社が、申し込みした日本人の情報を裏取りすることは困難です。

○○の仕事をしていると記載したところで、その会社を調べる手間が大きなコストです。収入も同じく、正確な収入を調べることは難しいのが特徴です。

国内FXの場合だと、追証があるのでトレーダーの資金力は重要になります。

仕事をしていて、安定した収入がある方が安心できるため、審査では仕事や収入にこだわります。

海外FXはゼロカットシステムを導入しており、大幅なレート変動が起こっても追証がありません。FX取引でトレーダーは借金を抱えることがないわけです。

そのため、FXの審査において仕事や収入の重要性は小さくなります

金融資産がないけど審査に落ちる?

金融資産ですが、数万円の資金があれば審査にクリアする場合がほとんどです。

海外FX会社の口座開設のフォームには金融資産の入力欄があり、持っている現金の総額だけでなく、住宅や有価証券、車などの資産額も含めることができます。

金融資産が審査の対象になるのは、資金がないとFXを始めることができないからです。

それに、FX会社も口座を開設して管理するにはコストがかかりますので。、金融資産がまったくない方の口座開設は避けたいのです。

しかし、申し込みをした日本人の金融資産を調べるのは難しいため、詳しく調べられることはありません。

FXの経験がないけど審査に落ちる?

海外FX会社の中には、申し込みフォームの入力欄に投資経験の有無を記載しているところがあります。

FXは投資の中でも、リスクが高い投資に分類されます。まったく経験がないトレーダーだと、実際にFXを始めても活発的なトレードをしない可能性があります。

FX会社からすると、FXの経験がある方が安心できるのです。またFXを始める目的を審査対象にする場合もあります。

審査に直接的な影響を与える内容ではないものの、あまりにも的外れな目的だと淘汰されてしまうので注意しましょう。

無難な答えとしては、「資産運用のため」「自分がしたいFXの取引環境が整っている」などです。

まとめ

海外FXの口座開設に必要なことやものは、国内FXの口座開設をする場合とほとんど同じです。

口座開設もネットを使ってスムーズに進めることができます。

日本語サポートがある海外FX会社なら、口座開設で迷うこともありません。

海外FXには多くの魅力があり、口座開設のハードルも下がっています。

各海外FX会社の口座開設の条件を比較し、利用する海外FX会社を選ぶのがポイントです。

関連|【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説!初心者が勉強しておくべき6つのこと

関連|海外FX初心者が海外FX業者を使ったほうが良い4つの理由と信頼できる会社の特徴

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です