海外FX会社で口座凍結されることってある?口座凍結される原因

海外FX会社で口座凍結されることってある?口座凍結される原因

FXで怖いのが、お金を預け入れている口座が凍結されて出金できなくなることです。

国内FX、海外FXともに口座の凍結はあります。基本的にFX会社が定めるルールを守ってきちんと取引をしていれば、口座が凍結することはありません。

どんなときに口座が凍結するのか、国内FXとの違いなども含めて紹介していきます。

スキャルピングによる口座凍結

海外FXと言えば、高いレバレッジをかけてスキャルピング取引するのが主流です。

一日に何百回という取引をして、着々と利益を狙っていきます。短期決戦型になるため、トレンドに左右されにくいのも特徴です。

極端な損失が出ないため、ロスカットになりにくいトレード方法になります。

スキャルピングも口座凍結の対象になる場合があります。ただし、国内FXに限った話しです。

海外FX会社はスプレッドが利益になるため、スキャルピングに対して好意的なところが多くなっています。

スキャルピングによって口座凍結するという話はよく聞きますが、海外FXは問題ありません。

ただし細かいルールは海外FXによって異なるため、スキャルピングについては事前に確認しておいた方が安心です。

ちなみに国内FXでスキャルピングが禁止されているのは、相対取引であることが理由です。

もともと国内FXはスプレッドが低めに設定されていますが、これはトレーダーからの注文を市場に流さず、国内FX会社が注文を呑むことによります。

スキャルピングが満足にできないという理由から海外FXに移行するトレーダーもいるくらいです。

悪質な海外FX会社で口座開設した場合

海外FX会社の中にも悪質な会社はあります。ライセンスを取得してないFX会社を利用する場合は、その会社の信頼性をきちんと調べておく必要もあります。

ライセンスには、いくつかの種類があり、取得の難易度も異なります。ライセンスの内容もチェックしておくと安心です。

悪質な海外FXで口座を開設した場合も、口座凍結させられることがあります。この場合、詐欺が目的になっている場合がほとんどです。

ただし、日本人向けのサポートが徹底している海外FX会社は優良な会社が中心になっています。

無名で、日本語サポートがない海外FX会社ではない限り、詐欺行為で口座凍結される心配は不要です。

ちなみに、海外FX会社の口座は複数開設しても問題ありません。複数の海外FX会社で口座を作っておけば、リスク分散にもつながるので安心です。

長期の利用がない場合

海外FX会社は、トレーダーが開設した口座を維持する必要があります。

一昔前までは、口座維持費用を請求していたFX会社も多くありましたが、今は口座維持費用が無料になっているところがほとんどです。

口座維持のコストがかからない分、FX会社は必要以上に負担がかかっています。そのため、取引をしていない口座を凍結する場合があります。

長期の利用がなかったことで口座凍結する場合は、利用の再開を申請することで凍結の解除をしてもらうことができます。

サポートに問い合わせる必要性があるため、日本語対応している海外FX会社の方がスムーズです。

ちなみに海外FX会社によっては、凍結扱いではなく休眠扱いになっている場合があります。いずれにしても、規約違反ではないので出金できないことにはなりません。

両建てボーナスアービトラージによる口座凍結

海外FX会社は、高いボーナスが魅力です。会社によっては入金した金額の100%がバックされるところもあります。

中には、二つの海外FX会社で口座を開設し、それぞれのボーナスを利用して両建てをするトレーダーもいます。

両建ては同通貨ペアで、一つの口座は買いポジション、もう一つの口座は売りポジションにし、スワップポイントなどを狙う手法です。

両建ては、低リスクで着実に利益を出すことのできるトレード法です。

しかしFX取引においてフェアな取引ではありません。FX会社には、注文を処理するプロバイダやアグリゲータがおり、フェアではない利益の出し方に対して排泄的です。

両建てが禁止されている海外FX会社で両建てしていることが見つかると、ルール違反として口座凍結になります。実際に両建てがきっかけで口座凍結になるトレーダーは一定数います。

海外FX会社の中には、両建てを禁止してないところもあります。両建てをしてトレードをするなら、禁止されてないところで口座開設して取引する方法がベストです。

海外FX会社で口座を開設するときは、規約を確認することが必須になっています。面倒でも、細かいところまでチェックして禁止事項を確認しておきましょう。

海外FXの口座凍結は相対的に少ない

海外FXは直接的に市場と取引をするNDD取引です。トレーダーにどんどん取引してもらい、そこで発生するスプレッドが貴重な収入源です。

つまり、よほどのことがない限り、トレーダーの口座を凍結して取引できない状態にすることはありません。

サポートも充実させてトレーダーにコストをかけているため、口座凍結することはコスト面の負担にもなります。

海外FXは口座凍結が多いという噂もありますが、実際に口座凍結が多いのは国内FX会社です。

これは相対取引を導入していることが理由で、トレーダーが勝てば勝つほどFX会社は損をする仕組みになっています。

儲けているからと言って口座凍結することはできないので、何かと理由をつけて口座を凍結させようとしてくるのです。国内FXよりも、海外FXの方が安心して取引ができます。

関連|海外FXで出金拒否される原因は?出金拒否の事例と現状

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です