レバレッジの倍数は何倍がいいの?取引スタイルや通貨によるレバレッジの決め方

レバレッジの倍数は何倍がいいの?取引スタイルや通貨によるレバレッジの決め方

海外FXの最大のメリットと言えば高いレバレッジをかけた取引です。

国内では最大25倍までに制限されているレバレッジですが、海外FXでは数百倍を超えるレバレッジに対応しているFX会社が多くあります。

FXのレバレッジは口座開設のときに希望するレバレッジを指定するケースと、口座の残金や保有ポジションから自動的にレバレッジが決まる二つのケースがあります。

海外FXでは、多くのFX会社でトレーダー自身がレバレッジを指定できます。レバレッジの設定を間違えると大きな損失を被ることがあるので注意が必要です。

今回は、海外FX初心者のレバレッジの決め方を紹介します。

レバレッジの倍率による損失の違いを知ろう

レバレッジの倍率が異なることで、どれくらいの損失の違いが出るのでしょうか?

10万円を保有していると仮定して、1ドル100円で1000通貨の買いで取引したときのレバレッジ倍率による損失の違いを見ていきます。

  • 10万円の資金でレバレッジなしの場合 1ドル100円が99円になると損失額は1000円です。
  • 1万円の資金でレバレッジ10倍の場合 1ドル100円が99円になると、損失額は1000円です。

どちらも1000円の損失という点では共通しています。違うのは、1000通貨の取引をするために必要となる資金です。

レバレッジをかけないと10万円必要ですが、レバレッジ10倍をかけると1万円の資金で取引ができます。つまり、同取引量だとレバレッジをかけるほど必要な資金は少なくなります。

また、取引資金を変えずにレバレッジを上げると、

  • 10万円の資金でレバレッジなしの場合 1ドル100円が99円になると損失額は1000円です。
  • 10万円の資金でレバレッジ10倍の場合 1ドル100円が99円になると損失額は1万円です。

取引資金を固定したままレバレッジを上げると、損益が大きく変化します。1円の値動きに対する損失額が多くなることで、ロスカットになりやすくなる一方、利益も大幅に増えていくのが特徴です。

レバレッジをかけないと、値動き1円の変化に対する損益は資金の1%です。レバレッジ10倍だと、値動き1円の変化に対する損益の変化は資金の10%になります。

1ドル100円が1ドル90円になると、レバレッジなしだと資金は1万円残りますが、レバレッジ10倍だと資金は0円です。100倍のレバレッジだと、1円の値動きで資金は0円になります。

取引スタイルでレバレッジを変えよう

レバレッジは取引スタイルで柔軟に変えていくのもコツです。たとえば、1pipsの為替差益を狙うようなスキャルピングだと、高いレバレッジをかけて取引するのが効率的です。

ポジションをずっと保有するわけではないので、高いレバレッジをかけたとしても、ロスカットになるリスクも小さくなります。

デイトレードやスイングトレードのように、ポジションを1日以上保有するときはレバレッジを引き下げて運用するのがコツです。

特にスイングトレードだと、狙うのは為替差益ではなく、毎日入ってくるスワップポイントになります。

毎日一定の利益を得ることができるので、一番避けたいのはロスカットです。レバレッジを下げて、為替変動に耐えるようにしなければなりません。

取引スタイルとレバレッジの関係からも分かるように、ポジションの保有が短い取引ほど高いレバレッジをかけやすい特徴があります。

たとえば、1日に1回決済させるとして、1日あたりの値動きが1円だった場合に、1000通貨の取引だとレバレッジなしで±1000円の損益が発生します。

10分で決済させるとして、10分あたりのレートの動きが平均1pipsだった場合、100倍のレバレッジをかければ一回の取引で発生する損益は±1000円です。

レバレッジをかけずに1日ポジションを持つときの為替損益と同じになります。「高いレバレッジ×スキャルピング」によって効率的に利益を出すことができるのです。

高いレバレッジはスキャルピングに向いている

海外FXのトレード方法にスキャルピングがあります。短い時間の中で、何度も取引を繰り返して、さや取りをする手法です。

損切を前提にした取引になるので、勝つことだけを目指すのではなく、勝ち負けを繰り返してトータルで勝つことを目指します。

市場が安定しているときの値動きは、1日あたり1円程度です。100倍のレバレッジをかけて取引すると、その日のうちに全資金を失う可能性があります。

しかし、スキャルピングなら1円の値動きが起こる間に何度も取引をして損益が出るため、簡単に資金を失うことはないのです。

海外FXでスキャルピングトレーダーが多いのは、高いレバレッジをかけられることも理由の一つになります。

市場や通貨ペアによってレバレッジを変えよう

為替レートは常に一定ではありません。市場が安定しているときは、レートの動きは緩やかですが、市場が活発なときはレートの動きが大きくなります。

レートの動きが大きいタイミングだとロスカットのリスクが高くなるので、レバレッジを引き下げて運用するのが基本です。

経済指標の発表が控えているときは、レバレッジ1倍の取引でも十分なくらいです。

新興国通貨のように普段から値動きが大きい通貨に関してもレバレッジを引き下げて運用するのが基本になります。

レートの動きが大きい通貨ペアは、一時的にレートが飛ぶようなことも珍しくなく、一瞬のレート乖離によってロスカットするケースもあります。

市場や通貨ペアの動きを見ながら、レバレッジを変えていきましょう。

損失許容範囲を決めてレバレッジを設定しよう

FXで大切なのは、許容できる損失額を設定することです。10万円の資金があった場合に、10万円を取引資金として投じるとすべての資金を失う可能性があります。

資金が無くなると、FX取引をすることができなくなってしまいます。

たとえば、5万円を損失許容範囲と決めていれば、もし負けても5万円の資金は残るので、改めて戦略を練って取引を再開させることができるのです。

5万円を損失許容範囲と決めた後は、レートの動きに応じてレバレッジを調整していきます。1000通貨の取引をするにあたり、レバレッジをかけないなら1pipsの値動きで損益は±10円です。

100倍のレバレッジをかければ、1pipsの値動きで損益は±1000円になります。円とドルの組み合わせなら値動きが小さいので、1pipsの利益を積み重ねていく戦略を取ることもできます。

仮に5pipsを損切のラインとして考えるなら、一回の損失額は5000円です。5万円を許容範囲としているので、10回まで損切ができます。

レートが激しく動き、損切のラインが50pipsになると一回の損切で取引ができなくなってしまいます。

この場合、レバレッジを10倍に引き下げることで、10回までなら損切できるわけです。損失許容範囲額を決めるときは、あわせて損切のラインと損切の上限回数を決めておくのがポイントになります。

レバレッジは柔軟に変えよう

海外FX初心者は、海外FXの取引に慣れるという意味でも10倍以下のレバレッジからスタートすることをおすすめします。

慣れてきたら、自分のトレードスタイルや資金に応じて少しずつレバレッジを上げていくとよいでしょう。同じ通貨ペアでもタイミングによって値動きの幅は変わります。

常に一定のレバレッジに設定するのではなく、値動きの幅に応じて柔軟にレバレッジを変更していくのもポイントです。

海外FX会社の中には、リアルトレードと同じ環境で練習できるデモトレードのツールを用意しているところもあります。

デモトレードで高いレバレッジをかけた取引に慣れておくのもよいでしょう。また、海外FXは「高いレバレッジ=危険」というイメージが定着しています。

しかし、高いレバレッジをかけて損失が膨らんだときでも、ゼロカットシステムがあるおかげで、入金額以上の損失を被ることはありません。

高いレバレッジはFXの可能性を広げてくれます。

まとめ

海外FXの高いレバレッジは上手に活用すれば、トレードの強い味方になってくれます。

レバレッジは危険な仕組みではなく、運用次第ではトレーダーの資金を守ってくれる働きもします。

トレードスタイルや通貨ペア、投資できる資金などから柔軟にレバレッジを変えていくことが海外FXで利益を出すためのコツです。

初心者のうちは思わぬ損失を被ることもあるので、最初は低いレバレッジから始めて、少しずつレバレッジを引き上げていくとよいでしょう。

関連記事|海外FXの高レバレッジ取引は危険?ハイレバのリスクと管理する方法

関連記事|FXのレバレッジ規制で10倍に引き下げられる?レバ10倍のメリットデメリット

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です