海外FXレバレッジの計算方法は?最大許容損失額の設定で気を付けること

海外FXレバレッジの計算方法は?最大許容損失額の設定で気を付けること

海外FXのレバレッジをかけて取引する上で知っておきたいのがレバレッジの計算式です。

海外FXは、高いレバレッジをかけての取引ができます。25倍の上限レバレッジに制限されている国内FXと比べ、より少ない資金で大きな利益が狙えるでしょう。

一方、大きなレバレッジをかけた取引にはリスクを伴います。適正な資金管理をしなければ、すぐに資金が尽きてしまうので注意が必要です。

そこで今回は、海外FX初心者でも分かりやすいレバレッジの計算方法と、資金管理をする上で欠かせないの最大許容損失額の把握とを解説します。

海外FXのレバレッジについて

海外FXは法による規制がないため、100倍や1000倍のレバレッジがかけられるFX会社もあります。

レバレッジは、少ない資金で大きな取引をするために欠かせないものです。たとえば、1ドル100円の通貨ペアがあるとします。

取引量を1万にする場合、レバレッジをかけないなら必要な資金は100万円です。

1万取引の場合、1円の値動きが発生すると[1円の値動き×1万取引量]となり、1万円の利益や損失が発生します。

毎日1万円ずつの利益を出すことを目標に取引をすれば、月に10万円以上の利益が望めるため、海外FX初心者も目標に設定しやすいでしょう。

しかし、100万円の資金を集めて取引できる人は多くありません。

そこで役に立つのがレバレッジです。

レバレッジをかけることで、1万取引をするために必要な資金を減らすことができます。

レバレッジ10倍をかけると、1万取引をするために必要な資金は10万円になり、レバレッジ100倍かけると必要な資金は1万円です。

一方、レバレッジをかけるときは損失もそれだけ大きくなります。

上記の条件だと100倍のレバレッジをかける場合、“1万円の資金”で1円の値動きに対し“1万円の利益”を狙えますが、予想が外れると”1万円の損失”が発生するリスクもあるわけです。

資金が1万円しかない場合、100倍のレバレッジをかけて1万取引量の取引はギャンブルでしかありません。

しかし、10万円の資金があるなら10回の失敗まで許され、100万円の資金があるなら100回の失敗まで許されるため、ギャンブル性が小さくなります。

レバレッジが高ければリスクが高いわけではありません。

資金に対して適正なレバレッジと取引量を設定すれば、むしろリスクを下げることもできます。

適切な資金管理は、資金・レバレッジ・取引量のバランスで成り立つものです。そのバランスを考える上で、最大許容損失額の設定が必要になってきます。

レバレッジの計算式

レバレッジは[レバレッジ=取引金額÷証拠金]で算出することができます。

仮に、1ドル100円の通貨があるとして、1万通貨を買うとします。取引するために必要となる金額は100円×1万通貨=100万円です。

言い方を変えると、1万通貨の取引をするためには100万円の資金がないとできません。

この「1万通貨の取引に必要な金額=100万円」にあたるのが取引金額です。そして、100万円の取引をするために必要な資金が証拠金になります。

レバレッジをかけずに取引をすると、必要証拠金は100万円です。では、レバレッジを10倍にすると、どうなるでしょうか?先ほどの計算式にあてはめてみると

[レバレッジ10倍=取引金額100万円÷証拠金10万円]になります。

100万円の取引をするために必要な資金は10万円で済む計算です。

さらに100倍のレバレッジをかけると

[レバレッジ100倍=取引金額100万円÷証拠金1万円]になります。

レバレッジが高くなるほど、必要となる証拠金は少なくなります。つまり、少ない資金でも大きな取引ができるようになるわけです。

国内FXはレバレッジの上限が25倍に設定されているので、100万円の取引をするためには [レバレッジ25倍=取引金額100万円÷証拠金4万円]になるので、最低でも4万円を用意する必要があります。

その点、海外FXだと100倍や1000倍のレバレッジをかけて取引することができるので、必要な証拠金はさらに少なくて済みます。

レバレッジをかけて取引量を大きくすることもできる

レバレッジを上げるほど、必要証拠金が減ることを紹介しましたが、証拠金を変えずに取引金額を増やすこともできます。

たとえば、証拠金を100万円で固定するとして、レバレッジを引き上げていくとどうなるでしょうか?レバレッジが10倍の場合だと、

[レバレッジ10倍=取引金額1000万円÷証拠金100万円]になります。

1ドルが100円の計算だと、10万通貨の取引ができます。

国内FXの上限レバレッジ25倍をかけると

[レバレッジ25倍=取引金額2500万円÷証拠金100万円]になり、25万通貨の取引が可能です。

レバレッジをかけて利益を増やすのであれば、取引量を大きくする必要があります。

この場合、損益が大きくなるので利益が出れば大きい反面、損失も大きくなるのでロスカットのリスクが高まります。

レバレッジをかけて少ない資金で取引したいなら、取引金額を固定にして証拠金を減らしていく方法がベストです。このように、状況に応じて二つのパターンを使いこなすことができます。

レバレッジの計算から見えてくるもの[高いレバレッジ=ハイリスクではない]

レバレッジの計算をしていくと、高いレバレッジをかけた取引が必ずしも危険ではないことが分かります。

たとえば、100万円の資金を持っていて1ドル100円の通貨を1万通貨買うとします。

100万円の資金を投じてレバレッジ1倍で取引をしている場合に、1ドル100円の通貨が一瞬で1ドル50円になったら、50万円の資金を失うことになり、残高は50万円になってしまいます。

では、100倍のレバレッジをかけて1万円の証拠金で取引をしている場合に、1ドル100円が一瞬で1ドル50円になると、どうなるでしょうか?

即座にロスカットしますが、失う金額は1万円だけです。残りの99万円の資金は無事に残っています。

現実的に1ドル100円の通貨が1ドル50円に急騰することは考えにくいですが、少ない資金で取引できることや損失を最小限に抑えることができるのは高いレバレッジをかけた取引のメリットです。

同じ取引量の取引をするのであれば、レバレッジが高いほど必要になる証拠金は少ないわけですから、高いレバレッジの方が急激な値動きに備えた運用をすることができます。

海外FXのレバレッジは状況によって変えることができます。1000倍のレバレッジ上限だからと言って、1000倍のレバレッジで取引する必要はないのです。

最大許容損失額は資産の2%が目安

一回あたりで損失額の上限を決める最大許容損失額は、資産の2%が一つの目安になります。

つまり、100万円の資金があるなら一回当たりの取引で、2万円までの損失なら許されるわけです。

スキャルピングのように短期間で利益を積み上げるスタイルの場合、一回あたりの取引で発生する損益は数pipsから数十pipsになります。

この場合、数pipsから数十pipsの損失が資金の2%に留まるように調整していくのがポイントです。

次に100万円の資金を基にレバレッジと取引量の調整をします。一回あたりの取引で許容ができる損失を2pipsに設定した場合、2pips=2万円になるように取引量とレバレッジを調整しましょう。レバレッジをかけない場合、2pipsの損失は2000円です。

レバレッジを100倍にして取引量を100万に設定すると、2pipsの損失は2万円で、最大許容損失額になります。

もう少し許容損失額に余裕を持たせたいときは、レバレッジを50倍に引き下げ4pipsの損失まで許容できるようにするなど、状況にあわせて調整するとよいでしょう。

最大許容損失額の設定で気を付けること

海外FX初心者が最大許容損失額を設定するときは、損切りが前提になってきます。

損切りは、含み損を抱えているポジションを約定させて損失を約定させることです。

レートは常に動いているため、含み損があるポジションを抱えていても、そのうち含み益に反転する望みがあります。

海外FX初心者はレートが反転する望みを持ち、損切りのタイミングを逃し、ロスカットに至ることも少なくありません。

最大許容損失額を設定したのであれば、必ずそのルールに従って取引しましょう。

含み損が資金の2%に達したときは、どんな状況でも損切りをして新しいポジションを持つことが大切です。

損切りするときは裁量取引でもいいですが、逆指値取引で資金の2%の損失になるレートに注文を入れておけば間違いありません。

慣れてきたら、最大許容損失額の範囲を多少変えることは問題ありません。デイトレードのようにスキャルピングよりも長い時間軸になれば、資金の5%程度を最大許容損失額にするのもよいでしょう。

また、一回あたりの利益の大きさは最大許容損失額よりも大きく設定しておく必要があります。最大許容損失額が2%なら、約定させるときは資金に対して3%以上を利益の目安にしましょう。

海外FX初心者は、一回あたりの取引で損失が大きく、利益が小さくなりやすい傾向にあります。

これだと損失の方が大きくなってしまうため、損小利大を意識して取引を行うようにしましょう。

海外FXは高いレバレッジの取引でも安心

国内FXは最大レバレッジが25倍ですが、今後は10倍に引き下げられると言われています。

レバレッジの上限が引き下げられているのは、投資家の資金を守ることが理由です。

しかし、レバレッジの仕組みを知ると、高いレバレッジの方が低リスクで運用できることが分かります。

レバレッジの上限が下がることは、資金が少ないと十分な取引ができなくなることを意味します。

また高いレバレッジをかけた取引は追証のリスクが高まるというのも国内FX会社の言い分です。

実際、国内FXではロスカットが間に合わず口座の残高が0円を下回った場合、マイナス分は借金となり、FX会社には追証として借金を返済しなければなりません。

レバレッジが高いほど、追証のリスクが高まるのは事実です。しかし、海外FXには追証がありません。

口座の残高が0円を下回った分はFX会社が負担するルールになっています。ですから、高いレバレッジで追証のリスクが発生することはありません。

関連記事|海外FXのロスカットとは?計算方法とロスカットが必要な理由

関連記事|海外FXの必要証拠金の計算は?レバレッジと証拠金の関係とマージンコールについて

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です