海外FXレバレッジのメリットデメリットや注意点からみるレバレッジ取引に向いている人

海外FXレバレッジのメリットデメリットや注意点からみるレバレッジ取引に向いている人

海外FXの魅力と言えば、高いレバレッジをかけた取引ができること。

手元の資金に対してレバレッジをかけることで、所有資金以上の取引が可能になります。

海外FXが人気の投資であるのは、レバレッジの恩恵が大きいのも特徴です。

一方、海外FXがハイリスクと言われる理由もレバレッジが関係しています。

そこで今回は、海外FXレバレッジのメリットデメリットや注意点、レバレッジ取引に向いている人をご紹介します。

Contents

海外FXのレバレッジとは?少ない資金で大きな利益を狙える

レバレッジは少ない資金で大きな取引ができる仕組みのことです。

  • 投資する資金を変えずに大きな取引をしたい
  • 取引量を変えずに投資する資金を減らしたい

このような方には有効的で、証拠金を担保にし資金が少なくても大きな利益を狙うことができます。

かけられるレバレッジの倍数は業者によって異なり、国内FXの場合は、かけられるレバレッジの上限が25倍に制限されています。

一方で、海外FXは基本的にレバレッジの規制がありません。各海外FX会社が上限値を決めており、100~1000倍を超えるレバレッジでトレードできるのが特徴です。

国内FXから海外FXに移行するトレーダーの中には、高いレバレッジのトレードがしたいという理由の人も少なくありません。

国内FXのレバレッジは、今後も引き下げられることが検討されています。

少ない資金で大きな取引ができることが魅力の投資なので、レバレッジの制限はFXの醍醐味を薄れさせる原因になります。

【10倍・100倍】レバレッジをかけた場合の利益と損失を計算

実際に、レバレッジがあるとどうなるのか、下記の条件で計算します。

  • 10万円の資金
  • 1ドル100円の通貨
  • 取引量1,000

10倍のレバレッジをかけると、1000×10倍で取引量は10,000です。

その場合、1円の値動きが起こると1万円の利益か1万円の損失が発生します。 100倍のレバレッジをかけると、

1円の値動きで10万円の利益か10万円の損失です。 同じ10万円でも、レバレッジが大きいほど勝ったときのリターンが大きいことが分かります。

一方、損失が生じたときのダメージも大きくなります。これが高いレバレッジをかけて取引するのが危険と言われている理由です。

ハイリスクと言われる高いレバレッジをかけたFXですが、正しい知識を持って運用すればリスクは高くありません。

関連|海外FXレバレッジの計算方法は?最大許容損失額の設定で気を付けること

海外FXレバレッジのメリット

海外FXレバレッジのメリット①高いレバレッジがかけられる

相対取引の国内FXに対して、海外FXはインターバンク市場に注文を流すNDD取引です。

FX会社の利益はトレーダーのスプレッドになるため、取引回数が増えるほどFX会社が儲かる仕組みになります。

トレーダーの取引回数を増やすためには、勝ってもらうことが重要です。トレーダーとFX会社ともにwin-winの関係になります。

海外FXも、追証のリスクがあります。しかし、ゼロカットシステムを導入しているため、トレーダーが追証を受けることはありません。

損失分は海外会社がカバーすることになりますが、これはトレーダーの資金を守り、取引してもらう方が重要だと考えているからです。

追証がないため、高いレバレッジを実現することができます。 NDD取引は、短い時間軸の中で何度も取引をするスキャルピングに向いています。

スキャルピングだと損切するのが普通なので、ロスカットのリスクが小さく、高いレバレッジをかけやすいのも特長です。

このように、高いレバレッジをかけてもトレーダーのリスクが小さいことや、取引回数に応じてFX会社が儲ける仕組みになっていることが、国内FXのようにレバレッジの制限がかからない理由です。

海外FXレバレッジのメリット②豪華なボーナスが活かせる

海外FXには、豪華なボーナスがあるのも特長です。口座開設や入金に応じて、取引に使用できるボーナスが支給される仕組みになります。

FX会社によっては入金額100%のボーナスが受け取れるところもあります。

高いレバレッジをかけることができても、資金が少なすぎるとすぐにロスカットしてしまいます。

しかし、豪華なボーナスを活用することによって投資資金を底上げすることができるため、大きな利益を狙うことができます。

このように、高いレバレッジだけでなく、高いレバレッジを活かすことができるサポートやサービスが付帯されているのも海外FXの特長です。

ボーナスの支給額や受けとる条件は、それぞれのFX会社によって異なります。投資できる資金が少ない場合は、ボーナスがより豪華な海外FX会社で口座開設するのもポイントです。

海外FXレバレッジのメリット③必要証拠金を抑えられる

レバレッジが高くなるほど、必要な証拠金は少なくなります。

たとえば、1万ドル=100万円の取引をする場合に、レバレッジをかけずに取引する場合は100万円の資金が必要です。

しかし、10倍のレバレッジをかけると10万円の資金、100倍のレバレッジをかけると1万円の資金、1000倍のレバレッジをかけると1000円の資金で1万ドル=100万円の取引ができます。

レートが動いて1万ドル=95万円になった場合に、1000倍のレバレッジなら失う資金は最高でも1000円です。

しかし、レバレッジをかけずに取引をすると5万円の損失が生じます。このように、海外FXの高いレバレッジにはリスクを抑える特長もあります。

海外FX初心者でも大きな利益を得るチャンスがあります。

関連|海外FXの必要証拠金の計算は?レバレッジと証拠金の関係とマージンコールについて

海外FXレバレッジのメリット④柔軟な取引ができる

海外FXは高いレバレッジが魅力ですが、常に高いレバレッジで取引する必要はありません。トレーダー自身が相場を見ながらレバレッジを調整することができます。

経済指標の発表後やテロ、災害などが起こってレートの動きが活発になっているとき、取引数が少ない通貨ペアで取引する場合などは、レバレッジを引き下げて運用してリスクを減らすことが可能です。

逆に、レートの動きが緩いときは高いレバレッジをかけて、どんどん為替損益を狙っていくと効率的に利益を出すことができます。

海外FXは、MT4を使った取引が一般的です。この取引ツールには、自動売買取引ツールが格納されています。

自動売買取引をすれば、自動的に注文して約定させることができるため、チャンスを逃さない取引が可能です。自動売買取引でもレバレッジを利かして取引を行うことができます。

海外FXのレバレッジは、柔軟性があり、リスクが少なく、少ない資金で大きな利益を狙える特長があります。

高いレバレッジだから危険というわけではなく、リスクはトレーダー自身が管理できるものです。海外FXのレバレッジの特長を活かした取引を始めていきましょう。

海外FXレバレッジのメリット⑤動きがない通貨でも利益が出せる

FXで取引される通貨として多いのは、円やドル、ユーロなどの基軸通貨です。

為替相場の変化を細かくチェックしている人なら分かると思いますが、1ドル100円の通貨があるとして1日に動くのはせいぜい1円程度です。

1日を通して、1ドル99円か101円くらいにしか動かないくらい安定しています。 たとえば、10万円の資金があるとします。

1ドル100円の通貨であれば、1000ドル買うことができます。 1日のうちで1ドルが101円になったとして、1000ドルを売ると10万1000円になります。10万円を投じても1日に出せる利益はせいぜい1000円です。

レバレッジをかけない取引だと、利益が小さいことが分かります。 通貨の価値は国々の経済状況によって左右されるのはもちろんですが、投資量にも左右されます。

通貨の適正な価値を維持するためには、活発に通貨が買われて売られる必要があります。

個人の投資家が投資をするにあたり、レバレッジをかけない取引だと利益率が小さく投資をするメリットがありません。

そこで、レバレッジをかけて少ない資金でも大きな取引ができるようにしているわけです。

海外FXレバレッジのメリット⑥ゼロカットシステムがあるので借金が残らない

海外FXの場合はゼロカットシステムが導入されているので、口座の資金が0円を下回っても請求されることはありません。

どれだけレバレッジをかけて取引しても海外FXにはゼロカットシステムがあるため、借金を抱えることにはなりません。

借金をするのは、FXをする資金が無くなって金融機関からお金を借りているケースがほとんどです。

ただ、国内FXの場合はゼロカットシステムがないため、場合によっては追証を受ける可能性があります。

関連|ゼロカットとロスカットの違いは?ロスカットの計算方法と損切りが必要な理由

海外FXレバレッジのメリット⑦ロスカットの水準を下げてくれる

高いレバレッジをかけてトレードすると、値動きによる損益は大きくなります。 ですから、利益側に値動きが起こると少しの値動きでも大きな利益につながります。

また、値動きによって損失が拡大しても口座の資金が必要証拠金を下回るとロスカットが発動して取引は強制的に終了します。

ロスカットの基準となる必要証拠金は、[為替レート×取引量÷レバレッジ]で算出されますので、レバレッジが大きくなるほど必要証拠金は下がりますね。

ロスカットは強制的に取引が終了してしまいますので、必要証拠金が多いほどロスカットの水準に至るまでの値動の許容は小さくなってしまいます。

つまり、ロスカットしやすくなるわけです。 同じ資金なら、レバレッジが高いほどロスカットの水準は下がるので、多少の値動きならロスカットしにくくなります。

ただし、ロスカットした後の口座の残高はレバレッジが高いほど少なくなります。

海外FXレバレッジのメリット⑧スワップポイントで稼ぎやすくなる

FXは為替損益を狙ったトレードが人気ですが、各国の通貨で金利が異なることによって発生するスワップポイントを狙ったトレードも人気があります。

たとえば、年利10%の通貨を10万円分買っていると年間で1万円の利益が生じます。

レバレッジはスワップポイントにも反映され、同じ条件でレバレッジを10倍にすると年間に10万円のスワップポイント、レバレッジを100倍にすると年間に100万円のスワップポイントが発生するのです。

為替損益を狙ったトレードと違って、こまめにトレードする必要がありません。 ポジションを保有している限り、発生し続ける利益がスワップポイントです。

気をつけないといけないのはロスカットですが、スワップポイントは毎日口座に入ってくるのでポジションの保有が長くなると口座の資金が増えてロスカットのリスクも小さくなっていきます。

スワップポイントを狙ったトレードの注意点は、マイナスのスワップポイントにならないポジションを持つことです。

理想は、トレンドの方向がプラスのスワップポイントになっていることです。この場合は、為替損益による利益とスワップポイントの利益を同時に得ることができます。

関連|海外FXのスワップポイントとは?スワップ金利について詳しく解説

海外FXレバレッジのデメリットは損失も拡大しやすいこと

レバレッジの高さに比例して大きな利益が得られますが、勝った場合の話しです。

高いレバレッジで注文を入れても、予想した値動きと逆方向に値動きをすると少しのレートの変化で損失も拡大していきます。

すぐに大きな損失につながるため、マイナスポジションをなかなか決済させることができずに、どんどん傷口を広げてしまうこともあります。

すべての資金を高いレバレッジの取引に集中投資することにはリスクを伴います。

複数のポジションを保有して、リスクを分散させることや許容できる範囲内での資金で取引することが大事です。

関連|海外FXの高レバレッジ取引は危険?ハイレバのリスクと管理する方法

海外FXレバレッジの注意点とうまくいくコツ

海外FXレバレッジの注意点とうまくいくコツ①必要以上に取引量を増やさないこと

レバレッジをかけることで、取引量を増やすことができます。仮に、10万円の資金があるとして、1ドル100円なら1000通貨の取引が可能です。

ここに10倍のレバレッジをかければ1万通貨の取引量、100倍のレバレッジをかければ10万通貨の取引量になります。

レバレッジが大きくなるほど、取引量も増やすことができるのです。 一方、取引量を増やすとレートの動きも大きくなります。

1000通貨だと、1円の値動きで動くのは1000円です。 同じ条件で、10倍のレバレッジだと1万円の値動きになり、100倍のレバレッジだと10万円の値動きになります。

100倍のレバレッジをかけると、1円の値動きで10万円の資金がすべて飛んでしまうリスクがあるのです。

仮に、一回あたりの取引で許容できる損失額を5万円に設定するなら、50倍までレバレッジをかけて取引することができます。

損失許容額を設定することは、海外FXにおいて大切なことです。レバレッジをかけるなら、損失許容額も考慮して必要以上に取引量を増やさないようにしましょう。

取引量を固定して必要資金をレバレッジで減らすコツ レバレッジをかけて取引量を増やすと、レバレッジに応じてリスクが大きくなります。

では、取引量を固定してレバレッジを変化させていくとどうなるでしょうか?

  • 1000通貨の取引をするために、レバレッジをかけないなら10万円が必要です。
  • 1000通貨の取引にレバレッジを10倍かけるなら、必要となる資金は1万円になります。
  • 1000通貨の取引にレバレッジを100倍かけるなら、必要となる資金は1000円です。

同じ取引量でも、レバレッジを高くすることで必要となる資金を減らすことができます。仮に100倍のレバレッジをかけ、1000円を元手に取引をするとします。

相場が予想と反対方向に動いてロスカットしても、損失額は1000円です。もともと10万円の資金があるわけなので、1000円を失ったとしても9万9000円は手元に残ります。

レバレッジ10倍の場合だと、1万円が元手として必要になります。ロスカットしても、損失額は1万円なので、9万円は手元に残る計算です。

このように、同じ取引量ならロスカットした後に残る資金は、レバレッジが高いほど多くなります。

単純に取引量を増やすためにレバレッジのレートを上げていくとリスクは高くなりますが、取引量を変えずにレバレッジのレートを上げていくとロスカット後の損失を考えたときのリスクは小さくなるわけです。

これが、海外FXの高いレバレッジとうまく付き合っていくコツの一つになります。

海外FXレバレッジの注意点とうまくいくコツ②時間軸でレバレッジを変えること

海外FXは、短い時間軸の中で何度も取引して為替損益を狙うスキャルピングが主流です。

トレンドに影響されにくいことや損切が前提の取引になるため、高いレバレッジにも向いています。

高いレバレッジをかけた取引で避けたいのは、ロスカットです。ロスカットになる前に約定させることで、ロスカットのリスクは大幅に減らせます。

ポジション保有の時間が長くなるほど、トレンドの影響を受けてロスカットのリスクが高まります。 ポジションの保有時間に合わせて、少しずつレバレッジを引き下げていくのがコツです。

スワップポイントを狙って長期間ポジションを保有して取引するスイングトレードだと、レバレッジは数倍程度がベストになります。

このように、取引スタイルに応じたレバレッジの設定というのもポイントです。

海外FXは、国内FXと違ってかけられるレバレッジの幅が大きいため、取引に応じて柔軟にレバレッジをかけられます。 レバレッジを使いこなすことが、海外FXで利益を出すためのポイントです。

関連|レバレッジの倍数は何倍がいいの?取引スタイルや通貨によるレバレッジの決め方

海外FXレバレッジが向いている人

海外FXレバレッジが向いている人①取引に使える資金が少ない人

FXは資金が多くある人ほど、大きな利益が期待できます。たとえば、1ドル100円の通貨があるとします。

1万円を投資資金として使う場合、レバレッジをかけないなら100通貨の保有ができます。

1日のレートの動きは1円前後なので、1日に1回の取引をして1円の利益を取ることができれば、1円×100通貨=100円の利益になるわけです。

では、10万円を投資資金として使うとどうでしょうか。 10万が投資資金なら、レバレッジをかけずに1000通貨の保有ができます。

1日に1円の値動きがあって予想通りに利益が出せた場合、1円×1000通貨=1000円の利益になるわけです。

このように、投資資金が増えれば増えるほど1円の値動きに対して発生する利益も増えます。

使える資金には上限があるため、少しでも大きな取引をするためにはレバレッジを使うと良いのです。

1000通貨の取引をするために、レバレッジをかけないと10万円が必要ですが、レバレッジ100倍をかければ1000円の資金で1000通貨の取引ができます。

月に数万円以上の利益を狙っていくなら、1000通貨の取引は必要です。

少ない資金で大きな取引をしたい人が、レバレッジの高いトレードに向いている人の特長になります。

海外FXレバレッジが向いている人②海外FX初心者やFXの経験が少ない人

高いレバレッジをかけた取引は、海外FX初心者やFXの経験が少ない人にも向いています。

レバレッジが高いことにリスクを感じる人も多いですが、同じ取引量の取引をするならレバレッジが高いほど必要な資金は減らせるため、むしろレバレッジが高い方がリスクは小さくなるのです。

1000通貨の取引をするために10万円の資金をすべて費やすのと、レバレッジを100倍かけて1000円の資金を費やすのであれば、1000円の資金を費やす方が失敗しても残るお金は多くなります。

見方を変えると、レバレッジ100倍なら、1000通貨の取引をするチャンスが100回もあるわけです。

海外FX初心者やFXの経験が少ない人は、低いレバレッジよりも、高いレバレッジをかけて取引をする方が、ロスカットしても資金が残る可能性が高くなります。

取引回数を増やすことができるため、トレードスキルを磨くこともできるでしょう。

海外FXレバレッジが向いている人③スキャルピング中心で取引をする人

スキャルピング取引は、短時間で何十、何百回の取引を繰り返して為替差益を狙っていく手法です。

スキャルピングは、一回あたりの取引で発生する利益や損失が小さいのが特徴で、損切りも含めながら取引回数を増やしてコツコツ利益を積み上げていきます。

高いレバレッジとスキャルピングは非常に相性がいいです。 スキャルピングの弱点は、一回取引あたりの利益が小さいことで、1pipsの利益で約定するような場合もあります。

ここに高いレバレッジをかければ、一回あたりの取引で発生する差益を増やすことができるのです。 高いレバレッジはロスカットしたときに大幅に資金が減るデメリットがあります。

しかし、スキャルピングのように小さい値動きで約定するなら、ロスカットするほどの損失は発生しません。

短時間で約定するため、トレンドに影響されにくく、高いレバレッジをかけて効率よく利益を積み上げることができます。

海外FXレバレッジが向いている人④相場に応じてレバレッジが使い分けられる人

海外FXのレバレッジは、取引ごとにレバレッジを調整することができます。

取引量を増やすためにレバレッジをかける場合は、相場に応じてかけるレバレッジも考えなければなりません。

相場が安定しているときならハイレバレッジ、相場が不安定なときならレバレッジを下げるのが基本です。

また、通貨ペアによってレバレッジを調整する必要もあります。基軸通貨同士のペアのように、安定性が高くレートの変化が小さい通貨なら、レバレッジを上げて運用することができるでしょう。

資源国や発展途上国が発行する通貨のように、安定性がない通貨ペアに対してはレバレッジを引き下げて運用しなければなりません。

高いレバレッジをかけて取引をするなら、相場に応じてレバレッジを使い分けることが大切です。

海外FXレバレッジが向いている人⑤損切りができる人

レバレッジの高いトレードに向いているのは、損切りがきちんとできる人です。 損切りとは、含み損を抱えているポジションを約定し、損失を確定することを言います。

含み損を抱えていても、レートの動きが反転して損失が減ることや、利益に転じることを期待し、含み損のポジションを手放せない人は少なくありません。

しかし、レートの動きが反転して損失が減るよりも、損失が拡大してロスカットに至るリスクの方がはるかに大きいです。

レバレッジをかけて取引量を増やすと、小さな値動きでも大きな損失が生まれます。 レバレッジをかけて運用するなら、あらかじめ損切りのルールを決めておきましょう。

常にチャートを見ることができない場合は、逆指値注文を入れておくと、そのレートに達したときに自動的に損切りができます。

損切りに抵抗があるうちは、高いレバレッジをかけて取引をしない方が無難です。

海外FXレバレッジのメリットデメリットや注意点からみるレバレッジ取引に向いている人まとめ

レバレッジがあるおかげでトレーダーは、資金に応じて自由な取引ができます。

レバレッジはFX取引に柔軟性を持たせてくれる仕組みです。

「海外FX=レバレッジが高い=危険」という情報が国内にいると入ってきますが、レバレッジの仕組みを理解している人であれば、その情報が真実ではないことに気付きます。

レバレッジに規制をかけても、国内FX会社がレバレッジを0にしないのはFXにレバレッジが必要であることを意味しています。

今はFX以外にもさまざまな投資の選択肢があるので、レバレッジが0になるとFXの魅力が著しく無くなってしまうことも目に見えます。

その点、海外FXはレバレッジの規制が入る可能性は小さく、今後もFXの魅力を存分に活かした取引ができます。

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です