海外FXの高レバレッジ取引は危険?ハイレバのリスクと管理する方法

海外FXの高レバレッジ取引は危険?ハイレバのリスクと管理する方法

海外FXの魅力と言えば、高いレバレッジをかけてトレードできることです。

国内FXのようにレバレッジに対しての法的な制限がないため、FX会社によっては数百倍以上のレバレッジでトレードできます。

FXは少ない資金でも大きな利益が狙える投資ですが、それを実現しているのが高レバレッジです。ハイレバレッジ取引は危険!

といわれますが、何が危険なのでしょうか?

海外FXをはじめる上で、レバレッジのリスクを知ることは大切なことです。今回は、レバレッジのリスクについて学習していきましょう。

ハイレバレッジが危険と言われる理由

FXは、口座を開設したFX会社に証拠金としてお金を預け入れるところからスタートします。

ここで一つの疑問が生まれます。証拠金ってなんでしょうか?

銀行の普通預金口座にお金を入れる場合に、預けたお金を証拠金とは言わないですよね?

証拠金は、レバレッジをかけることで生じるリスクへの担保という意味合いがあります。

たとえば、10万円の証拠金を口座に入金するとします。レバレッジをかけずに取引をすると、為替変動が起こっても証拠金が0円になることはまずありません。

では、100倍のレバレッジをかけてみましょう。10万円の証拠金に対して、1000万円の取引を行うことが可能です。

10万円の取引ならせいぜい数千円の損失ですが、1000万円の取引なら、数十万円の損失が出る可能性は大いにあります。

証拠金が足りなくなると、追証と言って新たに資金を口座に入金しなければなりません。

高レバレッジ取引は入金以上の損失が出てしまう可能性があるため、危険と言われているのです。レバレッジが高くなるほど、損失も大きくなってしまいます。

海外FXレバレッジのリスク①資金があっという間になくなる

10万円の資金をFXに投じるとします。レバレッジ1倍なら10万円の値動きによる損失で0円になります。

これがレバレッジ10倍になると、1万円の値動きによる損失で0円になります。

さらに100倍のレバレッジになると、1000円の値動きによる損失で0円になります。レバレッジが大きくほど、少しの値動きでもすぐに資金がなくなります。

FXはポジションを1日以上保有していると、スワップポイントが入ってきます。これは通貨を持っていることによって発生する金利のことです。

ポジションによってプラスになる通貨もあれば、マイナスになる通貨もあります。

スワップポイントにもレバレッジが反映されるので、ポジションがマイナススワップになっている場合に、高いレバレッジがかかると、あっという間に資金がなくなります。

ただし、スワップポイントは為替損益のように変動するものではなく、固定となります。

ポジションを持つときに、スワップポイントがプラスになるポジションを持てば大きな利益につながります。スワップポイントは、レバレッジのリスクの大きさより、メリットの方が大きいとも言えます。

海外FXレバレッジのリスク②口座がマイナスになる可能性

FXは、ポジションの損失が拡大してもマージンコールやロスカットのおかげで、口座が0円を下回ることがありません

。ロスカットは、口座の資金が必要証拠金を下回ると強制決済される仕組みです。

マージンコールは、含み損が拡大してロスカットのリスクが高まったときに、証拠金の追加預け入れを促す仕組みです。

ロスカットが発動する基準となる必要証拠金は、レバレッジが高くなるほど少なくなります。

たとえば、1ドル100円のドル円ペアに対して、1万ドルのトレードをする場合に、レバレッジが10倍だと[価格100円×取引量1万ドル÷レバレッジ10倍]で必要証拠金が計算できます。

この場合だと、10万円がロスカットのラインです。レバレッジを100倍にすると、1万円がロスカットのラインになります。

レバレッジが高くなるほど、ロスカットのラインが下がっていくのが分かりますね。

一方で、レバレッジが高いほど値動きは大きくなるので、急な値動きが起こるとロスカットが追いつかず、口座がマイナスになってしまう恐れがあります。

これが、高いレバレッジによって口座がマイナスになるリスクです。

口座のマイナス分は、口座を開設しているFX会社が追証という形で請求します。

しかし、高いレバレッジが前提になっている海外FX会社の中には、このような事態に備えて追証なしのシステムを導入しているところも多くあります。

口座がマイナスになるリスクは、追証がない海外FX会社を選ぶことで避けることができます。

海外FXのレバレッジのリスクに備える

レバレッジのリスクは、運用方法でも変わります。

たとえば、分単位でトレードをするスキャルピングなら急激な値動きによるロスカットの可能性は小さいので、高いレバレッジにも向いています。

数日単位で行うデイトレードになると、急激な値動きによるロスカットの可能性はスキャルピングより高くなるので、レバレッジを少し引き下げて運用するとよいでしょう。

一つのポジションに集中投資するよりも、いくつかのポジションを持っておく方が急激な値動きが起こっても生きるポジションがあるので、損失を抑えることができます。

このような考えをリスク分散と言いますが、レバレッジのリスクもリスクを分散させることで減らせます。

通貨ペアの中には、基軸通貨のように値動きの小さい通貨ペアもあれば、発展途上国の通貨のように日頃から値動きの大きな通貨ペアもあります。

高いレバレッジは、小さい値動きに向いています。ですので、値動きの小さい通貨ペアには高いレバレッジをかけて、値動きの大きい通貨ペアには小さいレバレッジをかけるなど、通貨ペアによってレバレッジを変えることでリスクを減らすことができます。

このように、レバレッジのリスクはトレーダー自身でコントロールすることができます。

最初のうちは低いレバレッジで運用して、慣れてきたら少しずつレバレッジを上げていくとよいでしょう。

ロスカットとレバレッジの関係

FXのリスクといえば、ロスカットです。ポジションを保有している場合に、ポジションの含み損がどんどん増えて、口座の資金が一定額を下回ると強制的に決済されます。

ロスカットはトレーダーの損失を最小限に留める措置です。大きな損失は被りますが、口座の資金が0円以下になることはありません。

ロスカットのリスクを考える上で、欠かせないのがレバレッジの設定です。では、ロスカットとレバレッジの関係を見ていきましょう。

10万円の資金を持ち、1ドル100円の通貨で1000通貨の取引を行うと仮定します。

  • レバレッジ0倍だと10万円が必要証拠金になります。
  • レバレッジ10倍だと1万円が必要証拠金になります。
  • レバレッジ100倍だと1000円が必要証拠金になります。

ロスカットの値は必要証拠金×証拠金維持率で算出することができます。証拠金維持率が50%のFX会社なら

  • レバレッジ0倍だと残高5万円以下でロスカット
  • レバレッジ10倍だと残高5000円以下でロスカット
  • レバレッジ100倍だと残高500円以下でロスカット

このように、レバレッジが高くなるほど取引に必要となる資金は少なくなります。

その代わり、レバレッジが高くなるほどロスカットのラインも下がるので、ロスカットした後の残高は減ってしまいます。

一方でレバレッジが高くなるほど、同じ通貨レートの動きでも値動は大きくなります。レバレッジ0倍だと、1円の値動きで動くお金は±1000円です。

レバレッジが10倍になると±1万円、レバレッジが100倍になると±10万円になります。レバレッジ100倍だとロスカットになりますが、レバレッジ10倍ではロスカットになりません。

このように、レバレッジが高くなるほど、ロスカットのリスクは高くなります。

ハイレバレッジ取引に対するロスカットのリスク

FXは、証拠金以上の損失が出ないようにロスカットがあります。ロスカットの水準は[通貨の価格×取引量÷レバレッジ]で計算される必要証拠金を参考にします。

たとえば、1ドル100円のドル円ペアがあるとします。レバレッジ10倍だと、[100円×1万÷10]で必要証拠金は10万円です。

レバレッジが100倍ですと、[100円×1万÷100]で必要証拠金は1万円です。

レバレッジが高くなるほど必要証拠金は小さくなります。

つまり、ロスカットの水準が下がるため、ロスカットしてしまうと口座に残る資金はほとんど無くなってしまうわけです。

一方で、預けている証拠金から必要証拠金までの差が大きくなるので、ロスカットはしにくくなります。

ロスカットしないのがベストですが、高いレバレッジをかけていると値動きも大きくなるので、急激なレート変化が起こるとロスカットするリスクは避けられません。

高レバレッジにはロスカット対策も必要になってきます。

ハイレバレッジは本当に危険?

レバレッジが高くなるとロスカットの水準は下がるので、必要証拠金は少なくて済みます。

10万円の資金がある場合に、国内の上限レバレッジで取引するなら25倍になりますので、1万通貨を取引するなら4万円が必要証拠金です。

100倍のレバレッジなら必要証拠金は同じ条件で1万円でしたね。

10万円の資金がある場合に、全ての資金を投入したとします。ロスカットするとレバレッジ25倍なら40%の資金を失い、レバレッジ100倍なら90%の資金を失います。

では、10万円のうち資金の3万円を使って同じ条件でトレードしてみましょう。レバレッジ25倍では、トレードそのものができません。

でも、レバレッジ100倍なら取引を行うことができます。ロスカットしても1万円は残るため、残しておいた7万円と合わせると8万円残ります。

このように、資金管理をきちんと行ってトレードすることで高レバレッジのリスクには対応することができます。

取引量は1万からになっているFX会社が多くなっていますが、1千単位や百単位の取引量から行えるところもあります。

高レバレッジのトレードをする場合は取引量を減らして運用するのもよいでしょう。

レバレッジのレート調整でリスク管理をする方法

レバレッジによるリスクはレート調整だけで考えるのではなく、資金や許容できる損失額から考えることが大事です。

ここでは、1ドル100円と仮定し、10万円の資金で損失できる許容額を2万円に設定したときのレバレッジのレート調整を考えていきます。

海外FXは高いレバレッジをかけてスキャルピング取引をするのが一般的です。そのため、為替差益のことだけでなく、為替差損についても考える必要があります。

スキャルピングは損切が前提になる取引です。

ここでは損切できる回数を上限5回に設定します。2万円まで損失許容になるので、一回あたりの損切で許容できるのは4000円になります。

レバレッジが100倍だと、1pipsのレート変化で1000円の損益が発生します。4000円を損切のラインにするのであれば、4pipsの損失が生じた時点で損切する必要があります。

FXはスプレッドが必要になるので、実際のところは2pips程度までの値動きにしか耐えることはできません。

では、レバレッジを50倍に引き下げるとどうでしょうか?スプレッドを含めて4pipsまでの損失には耐えることができます。

為替レートの値動きが非常に小さい相場なら、レバレッジ50倍でもリスク管理しながら取引することができます。

レートの動きが大きいときは、秒単位で10pips以上動くこともあるので、市場が活発になっている場だとレバレッジ50倍は高すぎです。

この場合だと、レバレッジを10倍程度まで下げて運用する必要が出てきます。

関連記事|レバレッジの倍数は何倍がいいの?レバレッジの決め方

海外FXは高レバレッジのリスクに対するサポートがある

高レバレッジになるほど必要証拠金は少なくなりますが、損益も大きくなります。ロスカットされたら口座がマイナスになることはありません。

しかし、高レバレッジならロスカットが間に合わずにロスカットの水準を大きく下回って決済することもあります。

高レバレッジのトレードでは追証のリスクが高まることから、海外FX会社の中には追証なしのサポートを行っているところが多くあります。

つまり、ロスカットがきちんと発動されずに借金を抱えることになっても、口座に入金した以上のお金は請求しないというわけです。

すべての海外FX会社で追証がないわけではないので、海外FX会社を利用して高レバレッジのトレードを考えている場合は、追証がない海外FX会社選びをすることも大切です。

これだけでも高レバレッジに対するリスクは大きく減らせます。

海外FXの高レバレッジ取引は危険?ハイレバのリスクと管理する方法まとめ

レバレッジのリスク管理は、レバレッジのレートだけで考えるのではなく、取引量や投じる資金なども総合的に含めて考える必要があります。

闇雲に高いレバレッジをかけて取引をするのは高リスクです。「○○円までなら損失しても許容できるので、○○回の損切まで許容するとして、損切のラインは○○円にする」と言った感じで、細かくルールを決めていくことが大事です。

海外FX初心者のうちは、高いレバレッジがかけられることに戸惑いを感じるものです。

たまたま高いレバレッジをかけて大きな利益を得ることができても、常に勝ち続けることはできません。

損失を被ったとき、すべての資金が無くなる状況は避けるべきです。大きな損失を出さないためにも、レバレッジのレート調整をしてリスク管理を行いましょう。

関連記事|レバレッジの倍数は何倍がいいの?レバレッジの決め方

関連記事|FXのレバレッジ規制で10倍に引き下げられる?レバ10倍のメリットデメリット

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です