海外FX初心者のレバレッジの選び方と初めての人におすすめのレバレッジ業者

海外FXはハイレバレッジが魅力なのでおすすめ!、ハイレバレッジは稼げる!と聞いて、海外FXを始めようか迷っている初心者の方もいるのではないでしょうか。

そもそもレバレッジにはどんな効果があるのか、レバレッジにリスクはないのか、など疑問や不安を持つ方もいるかもしれません。

レバレッジは危険ではなく、大きいほどレバレッジほど安全な取引ができますが、間違った使い方をすると損失が増えるリスクもあります。

海外FX初心者は、正しい知識を身につけてレバレッジを使いましょう

今回は、海外FX初心者が知っておきたいレバレッジの基礎知識やメリット、リスクをはじめ、レバレッジでおすすめの海外FX業者も紹介していきます。

海外FX初心者が知っておきたいレバレッジの基礎知識

FX取引は、レバレッジを使うことで自己資金の何倍もの取引ができます。

レバレッジがあれば少ない資金で大きな取引ができることから、てこを意味する“レバレッジ”という用語が使われています。

たとえば、1万円の資金で取引するとして、10倍のレバレッジを使うと10万円分、100倍のレバレッジを使うと100万円分の取引ができるわけです。

国内FXで使えるレバレッジは法律によって最大25倍以下となっていますが、海外FXにはレバレッジ規制がありません。

「海外FX=ハイレバレッジが魅力」と言われているのは、国内FXでは使えない大きなレバレッジが使えるからです。

海外FXの平均的なレバレッジは500倍前後ですが、中には1000倍や3000倍レバレッジが使える業者もあるので、大きなレバレッジを使って取引するなら業者選びもポイントの1つです。

海外FX初心者が覚えておきたい3つのレバレッジの種類

レバレッジに関係する用語には以下の3つがあります。

それぞれよく見かける用語なので、違いを覚えておきましょう。

フルレバレッジとは?

フルレバレッジとは、海外FX業者が定めている最大レバレッジを使ってトレードを行うことです。

たとえば、最大1000倍レバレッジが使える業者で1000倍レバレッジを使うことをフルレバレッジトレードと言います。

1000倍レバレッジが使えるからと言って1000倍レバレッジを使う必要はなく、レバレッジは状況に応じて使い分けるのが一般的です。

海外FXでフルレバレッジトレードをする機会は意外と多くないですが、ネットで情報を集めるときにフルレバレッジという言葉を見かける機会は多いので覚えておきましょう。

ハイレバレッジとは?

ハイレバレッジとは、大きなレバレッジを使ってトレードすることです。

「フルレバレッジ」と「ハイレバレッジ」を混同している人は多いですが、最大レバレッジを使ってトレードするフルレバレッジに対して、ハイレバレッジには明確な定義がありません。

国内FXでハイレバレッジという言葉が使われることはないので、主に海外FXの大きなレバレッジを指して使用されます。

実効レバレッジとは?

実効レバレッジとは、実際の運用レバレッジを指す用語です。

たとえば、最大1000倍のレバレッジが使える海外FX業者で500倍のレバレッジトレードをしているなら、実効レバレッジは500倍になります。

実効レバレッジは取引ツールが勝手に計算してくれるので、海外FX初心者が計算をする必要はありません。

中には、最大レバレッジを指定できる海外FX業者もありますが、このような業者なら実効レバレッジが上がりすぎるのを抑えることもできます。

海外FX初心者にとってレバレッジのメリットとは

大きなレバレッジが使えるのは海外FXの魅力ですが、海外FX初心者には以下の3つがレバレッジを使う主なメリットになります。

少ない必要証拠金で取引ができる

海外FX初心者にとってのレバレッジのメリットは、必要証拠金を減らして少額資金で取引を始められることです。

必要証拠金は次の計算式で求められます。

「レート×取引量÷レバレッジ」

1ドル100円の通貨で1万通貨の取引をするなら、レバレッジと必要証拠金は以下のような関係になります。

  • レバレッジ1倍」=必要証拠金100万円
  • レバレッジ25倍=必要証拠金4万円
  • レバレッジ1000倍=必要証拠金1000円

同じ1万通貨の取引でも、レバレッジが大きいほど必要証拠金は少なくなるのが分かりますね。

これが「海外FXのハイレバレッジは少ない証拠金で取引ができる!」と言われている理由です。

取引量を増やせる

レバレッジには、取引量を増やして利益を増やせるメリットがあります。

取引量が増えれば、同じ利幅でも利益が大きくなるため、数秒から数分で取引を繰り返して小さな利幅を狙うスキャルピングにも最適です。

10万円の資金を元手に1ドル100円の通貨で取引する場合、レバレッジでどれくらいの通貨が持てるか比較してみましょう。

  • レバレッジ1倍=1000通貨
  • レバレッジ25倍=2万5000通貨
  • レバレッジ1000倍=100万通貨

レバレッジ1倍だと1円の値動きで1000円の損益になりますが、100万通貨だと1円の値動きで100万円の損益が発生します。

レバレッジで取引量を増やせば、それだけ利益も大きくなります。

ロスカットになりにくい

“ロスカット”とは、一定以上の含み損を抱えたら強制決済されるシステムです。

ロスカットの水準となる証拠金維持率は、「有効証拠金÷必要証拠金×100%」で計算できます。

ハイレバレッジを使うと必要証拠金を減らせるため、証拠金維持率を高めてロスカットのリスクを減らせます。

たとえば、有効証拠金が10万円・必要証拠金が5万円の取引なら、証拠金維持率は「10万円÷5万円×100%=200%」です。

レバレッジ100倍をかけて必要証拠金を500円に減らしたとすると、証拠金維持率は「10万円÷500円×100%=20000%」になります。

レバレッジを使うと証拠金維持率を増やせるので、ロスカットしにくくなります。

海外FX初心者に安全なおすすめのレバレッジ倍数

それでは、実際に取引する場合に海外FX初心者はどれくらいのレバレッジを使ったらいいのでしょうか。

証拠金を減らすためにレバレッジを使う場合と、証拠金維持率を高めるためにレバレッジを使うならレバレッジが大きくても問題はありませんが、取引量を増やすためにレバレッジを使うと負けたときの損失が大きくなるので注意が必要です。

とは言っても、「どのように使い分けたらいいのか分からない」という方が大半だと思います。

まずは最大10倍程度のレバレッジを使い、レバレッジで証拠金が減る感覚や取引量を増やす感覚が身についたら、少しずつレバレッジを上げていくとよいでしょう。

最初のうちはレバレッジの効果が実感できなくても、何度も取引を繰り返しているとレバレッジの効果が分かるようになります。

最初から大きな損失を出して退場にならないためにも、いきなり大きなレバレッジは使わないようにしましょう。

海外FX初心者におすすめのレバレッジトレード手法

海外FXのおすすめレバレッジトレード手法と言えば、ハイレバレッジ&スキャルピングを挙げる人が多いですが、海外FX初心者におすすめのレバレッジトレード手法はデイトレードです。

スキャルピングは数秒~数分に1回程度の取引をして小さな利益を積み上げる手法ですが、デイトレードは1日に1回程度の取引を行う手法になります。

スキャルピングは値動きをこまかく監視する必要があり、その都度テクニカル分析も必要になるため、経験が浅い初心者にはハードルが高いです。

まずはデイトレードで最大10倍レバレッジくらいに留めておいて、少しずつ取引間隔を短くしながらレバレッジも上げていくとよいでしょう。

取引する通貨ペアに関しては、値動きが小さいドル円やドルユーロなどがおすすめです。

海外FX初心者のレバレッジトレードの失敗例

海外FX初心者がレバレッジを使って失敗するケースとして多いのは、レバレッジを使ってギャンブル的な取引をすることです。

FXはレートが上がるか下がるかを予想して、当たれば利益で外れたら損失の2つに1つになります。

相場分析の経験が浅い海外FX初心者は、勝率が50%のルーレットやブラックジャックのようにギャンブル的な取引になりがちです。

負けが続くと、レバレッジでロット数を増やして負けを取り返そうとして、さらに負けて資金が底を尽きるような場合もあります。

難しい分析ができなくても、「○○だから○○の通貨は今後上がる」など、自分なりに相場分析をして根拠を持ってエントリーをしましょう。

それだけでFXはギャンブルではなく投資になります。

ギャンブルのように、負けを取り返すためにレバレッジを使ってはいけません。

最大レバレッジが使えない?海外FX初心者が知っておきたい3つのレバレッジ制限

海外FXではレバレッジに制限がかかり、最大レバレッジが使えない場合があります。

最大レバレッジが使えない3つのケースを覚えておきましょう。

銘柄や通貨ペアによって使えるレバレッジが異なる場合がある

海外FX業者の多くは、「最大○○レバレッジ」のように最大レバレッジを公式サイト上に表記しています。

ここで注意して欲しいのは、公式サイト上に表示されている最大レバレッジですべての銘柄や通貨ペアで取引ができるわけではない点です。

特に、南アフリカランドやトルコリラなど、マイナー通貨と呼ばれる取引量の小さな通貨ペアはレバレッジ制限がかかりやすくなっています。

「最大1000倍のレバレッジが使える!」と公式サイトに記載されていても、お目当ての通貨ペアで最大レバレッジが使えないケースもあるので、あらかじめ使えるレバレッジを確認しておきましょう。

口座残高によるレバレッジ制限に注意

海外FX業者の中には、口座残高によってレバレッジ制限がかかるケースがあります。

たとえば、888倍の最大レバレッジが使える海外FX業者として人気が高いXMは、口座残高が200万円以上になると200倍レバレッジ、口座残高が1000万円以上になると100倍レバレッジに制限されます。

少ない資金で取引をする海外FX初心者にはあまり関係ないですが、海外FXは一気に利益が増えるケースも少なくなく、あっという間に口座残高が増えてレバレッジ制限の対象になる可能性もあります。

海外FX業者ごとに口座残高によるレバレッジ制限の条件は異なっているので、海外FX業者を選ぶ前にレバレッジ制限も合わせて確認しておきましょう。

レバレッジ規制が入るケースがある

経済指標発表前後や大統領選挙の前後のように、市場が混乱しやすいタイミングは最大レバレッジが引き下げられる場合があります。

ポジションを持っている最中にレバレッジ制限がかかると、必要証拠金が増えてロスカットするリスクもあるので、海外FX初心者は市場が混乱しやすいタイミングの取引は避けましょう。

事前に市場の混乱が予想される場合は、あらかじめメールなどで通知が届きますが、自然災害やテロのように事前予測ができない事象が発生して市場が混乱するケースだと、事前予告なしにレバレッジが引き下げられるケースもあるので覚えておきましょう。

海外FX業者のレバレッジを10社比較

それでは海外FX業者のレバレッジを比較してみましょう。

以下の表は、レバレッジが高いと言われている人気海外FX業者10社の最大レバレッジを比較しています。

※対応口座は最大レバレッジがある口座を合わせて記載

※口座残高によるレバレッジ制限を合わせて記載

最大レバレッジ対応口座レバレッジ制限
1000倍・オールインワン口座

・ノースプレッド口座

口座残高200万円以上で500倍
888倍・スタンダード口座

・マイクロ口座

・口座残高200万円以上で200倍

・口座残高1000万円以上で100倍

500倍・スタンダード口座

・ブレード口座

なし
1000倍・スタンダード口座

・マイクロ口座

・口座残高200万円以上で500倍

・口座残高1000万円以上で100倍

1000倍マイクロ口座・口座残高3000万円以上で75倍

 

500倍・VIP口座

・プロ口座

・クラッシック口座

なし
500倍・スタンダード口座

・プレミアム口座

なし
500倍スタンダード口座・口座残高200万円以上で200倍

・口座残高5000万円以上で20倍

500倍・プロ口座

・クラッシック口座

・口座残高200万円以上で200倍

・口座残高500万円以上で100倍

400倍・スタンダード口座

・ナノスプレッド口座

・口座残高1000万円以上で300倍

・口座残高2000万円以上で200倍

最大レバレッジは400倍~1000倍ほどですが、1000倍レバレッジが使えるGEMFOREX・HotForex・is6comはいずれも口座残高によるレバレッジ制限があります。

最大レバレッジが小さいTITAN FXやTICKMILL、FXDDなどは口座残高によるレバレッジ制限がなく、口座残高によらず500倍レバレッジが使えます。

最大レバレッジが大きい業者になると口座残高によるレバレッジ制限があり、最大レバレッジが小さい業者になると口座残高によるレバレッジ制限がない業者が増えます。

初心者におすすめの海外FX業者TOP3

海外FX初心者におすすめの海外FX業者として、「GEMFOREX」、「XM」、「is6com」などがあります。

いずれもハイレバレッジが使えるだけでなく、ハイレバレッジを活用できる取引環境も整っています。

それぞれの業者について詳しく解説していきます。

GEMFOREX

GEMFOREXは、海外FX初心者におすすめのハイレバレッジ業者です。

GEMFOREXにはオールインワン口座とノースプレッド口座の2タイプの口座がありますが、どちらも最大1000倍のレバレッジを使ってトレードができます。

過去には口座限定数で5000倍レバレッジを提供していたこともあり、ハイレバレッジ業者としてのイメージが広く定着しています。

他にも口座を開設するだけで1万円~3万円の証拠金をもらえる口座開設ボーナスがあり、ボーナスを元手にハイレバレッジトレードできるのもGEMFOREXならではのメリットです。

口座残高が200万円以上になるとレバレッジ制限がかかって最大500倍レバレッジになりますが、それでも十分に大きなレバレッジトレードができます。

XM

XMは、日本人トレーダーから高い支持を得ている海外FX業者です。

XMには、マイクロ口座・スタンダード口座・ゼロ口座の3口座がありますが、このうちマイクロ口座やスタンダード口座で888倍レバレッジが使えます。

口座開設するだけで3000円の証拠金がもらえるボーナスや100%入金ボーナスなど、ボーナスが充実しているのもXMのメリットです。

XMはハイレバレッジを使ったスキャルピングもできますが、スプレッドがやや広いのであまり向いていません。

また、口座残高によってレバレッジが100倍~200倍に制限される点にも注意して取引をしましょう。

is6com

is6comは、海外FX初心者も使いやすいハイレバレッジ業者です。

is6comにはマイクロ口座とスタンダード口座の2タイプの口座がありますが、いずれも最大1000倍レバレッジを使ってトレードできます。

一方で、ロスカットの水準となる証拠金維持率が50%以下と、証拠金維持率20%以下でロスカットになるGEMFOREXやXMに比べるとやや高めに設定されているので、証拠金ギリギリで取引する場合は注意しましょう。

口座残高によるレバレッジ制限については、200万円以上になると500倍になる点はGEMFOREXと同じですが、is6comはさらに1000万円以上になると100倍になる2段階制となっています。

まとめ

“ハイレバレッジ=危険”というイメージを持っている海外FX初心者もいるかもしれませんが、必要証拠金を減らすためにレバレッジを使うことは、リスクを下げることにつながります。

せっかくハイレバレッジが使えても、ハイレバレッジを活かせる取引環境がないと意味がありません。

今回紹介した3社は、業界トップクラスのハイレバレッジが使えるだけでなく、追証なしのゼロカットシステムや日本語サポートが充実しているなど、海外FX初心者が利用しやすく信頼できる業者です。

どの業者もスキャルピングに対応しているので、レバレッジトレードに慣れたらハイレバレッジを使って小さな利幅で大きな利益を狙うこともできます。

海外FX初心者は、少額資金で大きな取引をするためにも大きなレバレッジが使える業者を選びましょう。

 

【初心者におすすめ】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
 
海外FX初心者
GEMFOREXは初心者におすすめ完全日本語サポートの海外FX業者よ。
新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは初心者におすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です