ゼロカットとロスカットの違いは?ロスカットの計算方法と損切りが必要な理由

ゼロカットとロスカットの違いは?ロスカットの計算方法と損切りが必要な理由

海外FXは高いレバレッジをかけて取引をするのが主流です。

国内FXだとレバレッジの上限は25倍ですが、海外FXだとレバレッジの上限はなく1000倍を超えるレバレッジで取引できる海外FX業者もあります。

今回は、高いレバレッジをかけて取引をする上で知っておきたいロスカットについて解説していきます。

ロスカットとは?

FXは各通貨ペアによって価値が異なることを利用して取引をする方法です。

予想通りにレートが動けば利益が発生し、予想に反した動きをすれば損失が発生するというシンプルな仕組みになっています。

ポジションを持っている状態で、どんどん予想と反する値動きをすると含み損も増していきます。

最終的に口座の残金が無くなってしまうわけですが、実際にはロスカットが発動することで口座の残金が0円になることはありません。

ロスカットは強制的にポジションを決済する仕組みです。

FXのようにレバレッジをかけた取引をすると、相場が急激に動いたときに予想以上の損失が発生します。

損失が一定の割合を超えてしまったとき、トレーダーの意志とは関係なく取引を終わらせることで、想像を超える損失が発生するのを抑えることができるわけです。

レバレッジをかけて取引量を増やすと、少しの値動きで損益は大きく動いてしまいます。

そのため、レバレッジが高くなるほど損失が出たときにロスカットが作動しやすい特徴があります。ロスカットは損失が確定してしまう仕組みですが、同時にトレーダーの資金を守る働きもあります。

ロスカットは入金した金額以上の損が出ないための策

FXには、ロスカットと呼ばれる決済ルールがあります。

これは、ポジションを保有している場合に預けている証拠金が一定水準を下回る場合に、自動的にポジションが決済されるというものです。

ロスカットはトレーダーの意思に関係なく強制的に取引されます。

FXは、レバレッジをかけてトレードするのが一般的です。資金以上の大きな取引ができるのは魅力ですが、少しの値動きで大きな損失が出てしまう弱点もあります。

レバレッジをかけての取引にロスカットがないと、損失額が入金した金額以上に拡大してしまいます。

損失額が入金額を超えてくると、トレーダーもFX会社も借金を背負うことになります。

同じ金融機関でも、FX会社は銀行や消費者金融のように借金の取り立てには慣れておらず、自社に借金が増えないようにするために、ロスカットの仕組みを導入しているわけです。

ロスカットは、トレーダーの資金を保護する役割があります。

国内FXは追証で損する可能性がある

FXにはロスカットがあることで、大きな損失が出るのを防いでいます。

しかし、値動きが大きいときは、ロスカットのラインで決済されず、大きくロスカットのラインを下回って決済されることがあります。

証拠金以上の損失に対して、FX会社は追証と言う形で足りない分のお金を請求します。

国内FXで追証が起こる理由は、トレードスタイルにも原因があります。

国内FXは、相対取引が行なわれており、投資家が注文をしてもインターバンク市場に注文が流れるわけではありません。

FX会社とトレーダーの間で取引していることも少なくありません。トレーダーの予想があたるとFX会社は損をして、トレーダーの予想が外れるとFX会社は利益が出ます。

急激な為替変動が起こった場合に、追証がないと国内FXの利益はなく、トレーダーの損失分がそのままFX会社の損失につながります。

トレーダーの損失を追証と言う形で回収しなければならないわけです。もちろん追証を受けることになると、入金した金額以上に損をすることになります。

国内FXのレバレッジ上限が低いのは、追証のリスクがあるためです。どれだけレバレッジが低くても、レバレッジをかけて取引する以上は追証が起こらないとは言えません。

なぜロスカットが必要なのか?

10万円の資金があると仮定し、1ドル100円の相場があるとします。10万円でドルを買うと、1000通貨の取引ができます。

視点を変えると、レバレッジをかけずに1000通貨の取引をするためには10万円が必要です。

ここで100倍のレバレッジをかけて取引すると、1000円の資金で1000通貨の取引ができます。

本来なら10万円必要なところ、1000円で取引することができるのがレバレッジの魅力です。少ない資金で大きな取引ができます。

しかし、投資する資金が本来より少ない分、証拠金以外の余剰資金が無くなってしまった時点で損失を防ぐために強制決済させる必要があるのです。

強制決済させずに取引を続けていると、取引に必要な資金が不足した状態で取引することになります。

その間の不足分はFX会社が負担することになり、トレーダーから不足分を回収することができないと、FX会社は大きな損失を被ることになります。

FX会社もトレーダーも、レバレッジをかけた取引で損失を最小限に抑えられるラインがロスカットです。

ロスカットの計算方法

ロスカットの値は、「必要証拠金×証拠金維持率」で計算することができます。

必要証拠金は、「取引金額÷レバレッジ」で計算することができます。

たとえば、1ドル100円で1000通貨(取引金額10万円)の取引をする場合に100倍のレバレッジをかけて取引するなら、必要証拠金は1000円です。

証拠金維持率が100%の場合だと、口座の残高が1000円を下回るとロスカットが発動します。

証拠金維持率が50%の場合だと、「必要証拠金1000円×50%」になるので、口座の残高が500円を下回るとロスカットです。

証拠金維持率はFX会社によって設定している値が異なります。証拠金維持率が高いほど、ロスカットまでのスピードは早くなります。

また、レバレッジが高くなるほど、必要証拠金は少なくなる関係性もあります。

上記の例で、5のレバレッジをかけて取引をする場合だと必要証拠金は「取引金額10万円÷レバレッジ5倍」で2万円です。

50倍のレバレッジだと、「取引金額10万円÷レバレッジ50倍」で2千円が必要証拠金になります。

10万円の資金があるとして、レバレッジ5倍の場合だと8万円までの損失にしか耐えることができません。

しかし、レバレッジ50倍の場合だと9万8千円までの損失に耐えることができます。

このようにレバレッジが高いほど、許容損失額が大きくなる特徴もあります。許容損失額が大きくなるのは、高いレバレッジをかけて取引するメリットの一つです。

ロスカットが間に合わないケース

高いレバレッジをかけて取引すると、急な値動きが起こったときにロスカットが間に合わず、ロスカットラインを大幅に下回って約定してしまうケースがあります。

このときに発生した損失はFX会社から追証という形で請求されます。FXで借金を抱えてしまう唯一のリスクです。

実際、リーマンショックやスイスフランショックのような急激な値動きによって数千万円を超える借金を抱えたトレーダーもいます。

国内FXだと追証があるのでレバレッジは引き下げて運用しなければなりませんが、海外FXだと追証はありません。

ゼロカットシステムが導入されていることで、口座の資金が0円を下回った損失分はFX会社の負担になるからです。

レバレッジをかけるほど必要証拠金が少なくなるので、ロスカットを飛び越えて口座の資金が0円を下回りやすくなります。

海外FXで高いレバレッジをかけて運用できるのは追証がないことも理由の一つです。

海外FXのゼロカットシステムは追証がない

海外FXは、ゼロカットシステムを導入している会社がほとんどです。

このシステムは、ロスカットが間に合わず、口座の中がマイナスになってしまっても0円にリセットするというものです。

誰が、口座のマイナス分をカバーしているのかと言う話しになります。

ゼロカットシステムの発動によって生じたマイナス分は、海外FX会社が負担をしています。

国内FXを利用しているトレーダーの多くは日本人ですが、海外FXを利用しているトレーダーは、さまざまな国のトレーダーです。

国内だけなら追証でお金を請求することはむずかしくありませんが、世界中に散らばるトレーダーから追証でお金を請求することは非現実的です。

海外FX会社は、ゼロカットシステムによる損失をカバーできるように、スプレッドを広めにとって保険をかけているので、追証なしのサービスが提供できます。

ちなみに、海外FXは高いレバレッジをかけて取引できる特徴があり、会社によっては1000倍を超えるレバレッジでのトレードが可能です。

これだけ高いレバレッジをかけてトレーダーが取引できるのは、やはり追証がなく預けていたお金以上の損失が出るリスクが小さいことも理由としてあります。

FXで入金以上の損失が出ないようにするために

海外FXはゼロカットシステムによって借金を抱えることにはなりません。

しかし、口座の残高が0円になってしまうことになるため、大きく損をしてしまうことに変わりはありません。

FXで損失をできるだけ減らすためには、ロスカットに注意することや資金に余裕を持たせることがポイントです。

FXは極端な値動きが起こっても、すぐに反発するのが一般的です。

激しく値動きをするのは市場が混乱しているからであり、上下に値動きをしながら本来の市場相場に戻っていきます。

ロスカットしてしまうと損失は確定してしまいますが、持ちこたえてロスカットしなければ、損失を最小限に減らすことができます。

ロスカットが起こる前には、マージンコールと言ってロスカットが発動しないよう口座に資金を預け入れることを促します。

このタイミングで口座にお金を入れることができれば、ロスカットする可能性を下げることができます。

マージンコールに応えられるように、資金に余裕を持たせることが大切です。

たとえば、10万円の資金がある場合に、10万円を口座に入れてトレードするのではなく、5万円をトレードに使って残りの5万円は保険として取っておくことです。

FXの値動きは、予期せぬ有事で大きく動くことも珍しくありません。これまで順調に積み上げてきた利益が、有事によって大幅に失うリスクもあります。

追証を受けない海外FXでトレードする場合も、常にリスクがあるということを念頭においたトレードが必要です。

ロスカットと上手に付き合う

海外FXではロスカットと上手に付き合うことが大事です。基本的に海外FXはハイレバレッジ×スキャルピングで取引を行います。

損切りも含め、小さな値動きを狙って取引をするのでロスカットに至ることはほとんどありません。

ポジションを長く持たないようにすることや、値動きが大きいときは無理に取引しないことによってロスカットのリスクを下げることが可能です。

ロスカットが起こると大きな損失の確定になるので、早めにポジションに見切りをつけましょう。

関連記事|海外FXの必要証拠金の計算は?レバレッジと証拠金の関係とマージンコールについて

関連記事|海外FXレバレッジの計算方法は?最大許容損失額の設定で気を付けること

海外FXレバレッジ人気ランキング>>

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です