MT4の使い方やインストール&MT4アプリのダウンロード方法を解説

海外FX初心者はいくらから始めればいい?最低入金額と少ない資金で取引ができる理由

海外FXでは、取引するために必要となるプラットフォームや取引ツールにMT4やMT5を使用しています。

中には、MT4やMT5が使えるという理由で海外FXを始める人もいるくらい人気です。

特にMT4については世界的に使用されているプラットフォームで、多くの海外FX業者が採用しています。

今回は海外FX初心者が知っておきたいMT4の使い方やダウンロード方法について覚えましょう。

MT4とは

MT4とは、ロシアの「MetaQuotes Software」が開発・提供している取引プラットフォームです。

メタトレーダー4とも呼ばれており、主にFXの取引ツールとして世界中のトレーダーに使用されています。

業者によって使い方に若干の違いはあるものの、一度使い方を覚えておけば、他の業者に口座を移しても1からプラットフォームの操作を覚える必要はありません。

MT4にはパソコン版のソフトとスマホ版のアプリが用意されており、自宅にいるときはパソコン版のMT4、外出中にはスマホ版のMT4など使い分けができます。

海外FXでは馴染みが深い取引ツールですが、国内ではMT4を採用している業者がほとんどいません。

そのため、海外FX初心者は「MT4は本当に信頼できるツールなの?」と不安に感じるかもしれませんが、世界で広く使用されているツールであり信頼性はトップクラスです。

MT4のメリット

MT4には以下の5つのメリットがあります。

5つのメリット説明
無料で利用ができる無料で提供されている高性能FXソフトなので無料で利用ができる。業者にかかる負担も小さくコストの削減になる。
自動売買ができる標準で自動売買機能が搭載されている。自動売買に必要なEAを用意して簡単に自動売買が始められる。
テクニカル分析ができる高度なチャート分析機能が搭載されている。標準で30のインジケーターが搭載されていて簡単に相場分析ができる。
検証ができる自動売買やテクニカル分析の検証ができる。検証を重ねていくことで多くの利用が出せるようになる。
他の業者でも応用できるMT4は多くの海外FX業者で取り入れているため、他のFX業者に移行しても簡単に応用ができる。

このようにMT4には、無料で使える上に高機能な機能が搭載されているメリットがあります。

海外のプラットフォームであるものの、完全日本語対応しているので言語の壁に戸惑うこともありません。

MT4の注意点

MT4には以下の2つの注意点があります。

2つの注意点説明
多機能MT4はEAやインジケーターを使い、さまざまな自動売買やテクニカル分析ができる。それゆえにすべての機能を使いこなすには時間がかかる。
FX会社によって仕様が異なる場合があるMT4は改変して使えるソフトウェアであるため、FX業者によって仕様が異なる場合がある。
今後はMT5に移行する可能性があるMT4の進化版となるMT5がすでにリリースされているため、今後はMT5への移行が進む可能性がある。

MT4の注意点は多機能であることや、FX会社によって仕様が異なることで使い勝手に差が出る点です。

デメリットらしいデメリットはなく、機能を増やさなければシンプルで使いやすいツールです。

またMT4には進化版となるMT5がリリースされており、今後はMT5への移行が進む可能性があります。

しかし、MT4に比べるとインジケーターやEAの数が少なく、互換性がないことから現時点ではMT4でも十分です。

パソコン版MT4のダウンロードとインストール方法

それではパソコン版MT4をダウンロードして使う方法を見ていきましょう。

FX業者によってダウンロードの手順は異なる場合もあるので注意してください。

ここでは人気海外FX業者のGEMFOREXを例にMT4のダウンロード方法を紹介します。

ダウンロード手順

GEMFOREXのマイページに進み、プラットフォームを選択してください。

PC対応MT4とMac対応MT4がありますが、使用しているパソコンがMacなら「Mac対応MT4」それ以外のパソコンなら「PC対応MT4」を選択します。

ここではPC対応MT4をダウンロードしていきます。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

GEMFOREXのMT4に関する説明ページになりますが、「今すぐ!GEM MT4(Meta Trader4)PC用をダウンロード」を選択すると自動的にダウンロードがスタートします。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

完了したらダウンロードしたMT4を開いてください。

規約が出てくるので読み終えたら「次へ」をクリックします。

自動的にMT4がパソコンにインストールされて完了となります。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

MT4のログイン方法

パソコンのMT4を起動させると、最初に取引サーバーの選択画面が出てきます。

3種類ほどありますが、「Demo」と記載されているのはデモ口座、「Live」と記載されているのはリアル口座です。

GEMFOREXで開設した口座の種類を選択して「次へ」に進んでください。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

ログインページに移行するので、ログインのところに口座番号、パスワードのところに口座番号と一緒に送られてきたパスワードを入力してください。

口座番号やパスワードは口座開設したときにメで送られています。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

以上でMT4のマイページに進んで取引できるようになります。

パソコン版MT4の基本的な使い方

MT4は多機能であるため、すべてのツールを使いこなすには時間がかかります。

最初からすべてを覚える必要はありません。

まずは基本的な使い方を覚えて、それから応用していくのがベストです。

特に覚えておきたいのが、チャート表示・インジケーターの表示・注文方法の3つです。

ここではそれぞれのやり方について解説します。

チャート表示

チャートを表示する方法には2通りあり、1つはファイルから新規チャートを選択する方法、もう1つは気配値からチャート画面にドラッグ&ドロップさせる方法です。

気配値からドラッグ&ドロップさせたい場合は、MT4の左画面にある気配値からチャートに表示させたい通貨ペアを選択してチャート画面に引っ張ってきます。

時間足は上部のアイコンから変更できます。

時間足のアイコンは次の通りです。

表示時間足
M11分足
M55分足
M1515分足
M3030分足
H11時間足
H44時間足
D1日足
W1週足
MN月足
MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

インジケーターの表示

チャート分析に欠かせないのがインジケーターです。

MT4には標準で30種類のインジケーターが搭載されており、インジケーターを使って簡単にテクニカル分析ができます。

インジケーターを表示させる方法は、ナビゲーターからドラッグ&ドロップさせる方法と挿入画面から表示させる方法があります。

ここでは簡単な挿入画面からの表示方法について解説します。

以下はオシレーター系インジケーター「MACD」の表示手順です。

「MT4を起動」→「インディケータ」→「オシレーター」→「MACD」の手順でクリックします。

するとチャート下部にMACDが表示されます。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

他のインジケーターも同じ手順で表示できるので覚えておきましょう。

注文方法について

注文方法についてもいくつか方法がありますが、海外FX初心者は気配値から注文するのがおすすめです。

MT4を起動すると左上の方に気配値がありますが、この中から注文したい通貨ペアにカーソルを合わせて右クリックをします。

リストの一番上が新規注文になっているのでクリックしてください。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

オーダーの発注画面が出てくるので取引数量や注文種別を選択してください。

後は買いか売りかを選んでクリックすると注文ができます。

アプリ版MT4のダウンロードとインストール方法

スマホやタブレットでもMT4を使って取引ができます。

アプリ版MT4をインストールしておけば、外出先でも取引状況の確認ができて便利です。

ここではアプリ版MT4のダウンロードやインストール方法をGEMFOREXのMT4アプリを事例に紹介していきます。

MT4のダウンロード手順

GEMFOREXには、Android版MT4とiPhone版MT4がそれぞれ公開されています。

該当するスマホのアプリをインストールしてください。

Andoroid」「iPhone

インストールされたアプリを起動させると自動的にデモ口座が開設されて気配値が表示されます。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

アプリ版はパソコン版と違い、自動的にデモ口座が開設されてデモトレードできるのが特徴です。

MT4のログイン方法

MT4アプリを起動させたら、次にGEMFOREXのサーバーに接続させます。

最初にトップ画面の左上にあるメニューバーをタップしてください。

口座管理という画面が出てくるのでタップして「既存のアカウントにログイン」をタップします。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

口座にログイン画面が出てくるので、検索バーのところに「gem」と入力するとGEMのサーバー候補が出てきます。

今回はデモ口座にログインして進めていきます。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

ログイン画面が出てくるので、

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

ログイン:口座番号

パスワード:口座番号と一緒にメールで送られてきたパスワード

を入力してください。

以上でMT4へのログインが完了となります。

アプリ版MT4の基本的な使い方

アプリ版MT4はパソコン版に比べると使える機能は少し減りますが、それでもすべての機能を使いこなすことは難しいです。

まずはチャート表示、注文方法など基本的な使い方を覚えておきましょう。

チャート表示

チャートは画面下部にあるローソク足のマークをタップすると表示できます。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

チャート上でタップすると円形上にローソク足の候補が出てくるので、表示させたいローソク足を選択してください。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

ちなみに標準で移動平均線やRSIなどのインジケーターが表示されていますが、インジケーターの変更や追加、消去などは画面上部の「f」から行うことができます。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

注文方法について

注文方法については画面トップの気配値から、取引したい通貨ペアを選択すると「新規注文」画面に進みます。

次に、「注文種別」、「取引量」、「スリッページ」、「買い、売り」を選択すると注文ができます。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説

MT4アプリのメリット

  • レートの監視ができる
  • MT4に必要な操作が覚えやすい
  • どこでも注文ができる
  • テクニカル分析ができる

スマートフォンやタブレットを使って海外FXをするメリットは、どこにいても取引することができることです。

空いた時間を使って取引できるため、チャンスの機会を逃すことがありません。

外出先でもこまめにレートの動きを監視して、状況に応じて約定させることで利益を増やし、損失を減らせるでしょう。

海外FX初心者にとってはパソコン版よりも簡略化されたMT4アプリの方が分かりやすいメリットがあります。

MT4の最低限の機能を使えるようになるには、不要な機能がついてない方が覚えやすいでしょう。

テクニカル分析に必要となるインジケーターは30ほど搭載されており、パソコン版のMT4と同じようにチャートを分析して取引することが可能です。

MT4アプリのデメリット

表示することができる線や文字のサイズが小さくなることや、表示できる範囲が狭くなるのはアプリ版のデメリットです。

また、スマホやタブレットなどのモバイル端末の発展スピードは著しいものがありますが、パソコンに比べると処理能力は高くありません。

レートが急激に動いているときはスリッページの原因になることもあるでしょう。

MT4アプリでもデモトレードができるので、海外FX初心者はデモトレードを試してみてから、リアルトレードをするかどうか判断するのでも遅くはありません。

MT4とMT5の違い

MT5とMT4は、同じ会社が作っているプラットフォームなので、操作性や見た目に大きな違いはありません。

MT4が使えていたなら、MT5に慣れるまでに時間はかからないでしょう。

しかし、MT4とMT5ではEAやインジケーターの互換性がないことや、時間足やナビゲーターウィンドウが大きく異なるなど、機能面での大きな違いが目立ちます。

では、MT5とMT4の違いを詳しく見ていきましょう。

MT4とMT5の違い①時間足の違い

MT5は、MT4に比べるとチャートで表示ができる時間足の種類が大幅に増えています。

MT4で使用できた時間足は9種類でしたが、MT5で使える時間足は21種類です。

短い時間足なら「2分足」「4分足」「6分足」「10分足」、長い時間足だと「6時間足」「8時間足」などが増えています。

短い時間のレート変化を注視するスキャルピングトレーダーには、短い時間足が増えたことは大きなメリットです。

MT4とMT5の違い②気配値の違い

MT4だと、気配値ウィンドウでは「ティックチャート」や「通貨ペアリスト」のメニューだけでしたが、MT5ではこの二つに加えて「プライスボード」と「詳細」が追加されています。

詳細では、選択通貨の高値や安値、直近価格などが一目瞭然です。1つの通貨ペアでトレードをする場合、詳細ウィンドウを参考にすると良いでしょう。

プライスボードでは、登録している銘柄が画面に並んでいます。プライスボードの画面から通貨ペアを選択すると、ワンクリック注文も可能です。

MT4とMT5の違い③使えるEAの違い

MT4もMT5も自動売買取引の機能が搭載されています。自動売買取引にEAを使うのはどちらも同じですが、それぞれのEAに互換性がありません。

“MT4では、MQL4言語で作られたEA”、“MT5では、MQL5言語で作られたEA”のみ使えます。

MT4で数多くのEAを購入していたトレーダーにとって、MT4のEAが使えないMT5をわざわざ使うメリットはそこまでありません。

EAの多さもMT5に比べると、MT4の方が多い現状もあります。

MT4とMT5の違い④使えるインジケーターの違い

テクニカル分析に欠かせないのが、インジケーターです。

MT4もMT5もテクニカル分析ができる機能が搭載されていますが、MT5の方が最初から入っているインジケーターの種類は充実しています。

インジケーターもネットでダウンロードできますが、EAと同じくMT4とMT5に互換性がありません。

以前はMT4のインジケーターばかりでしたが、最近はMT5に対応するインジケーターも増えています。

それでも、新たにインジケーターを揃えるのが面倒だと感じているトレーダーは少なくありません。

MT4とMT5の違い⑤ナビゲーターウィンドウの違い

MT5では、ナビゲーターウィンドウの項目が、自動的に整理されているので見やすくなっています。

また、ナビゲーターウィンドウで新しいフォルダの作成ができるのも新しい機能です。

EAやインジケーターを多く使うトレーダーにとって、フォルダで管理がしやすくなったのは大きなメリットといえるでしょう。

海外FX初心者はMT5とMT4のどちらを使うべき?

今後はMT5の利用が増えると想定されますが、しばらくはMT4の一強が続くと予想されます。

MT4とMT5の違いで一番困るのは、自動売買に使うEAやインジケーターに互換性がないことです。

現状ではMT4の方がEAやインジケーターは充実しているので、自動売買やテクニカル分析をするならMT4からスタートした方が良いでしょう。

そこでおすすめするのが、「EAやインジケーターが無料で使える海外FX業者でMT4を開設し、MT5のEAやインジケーターが充実したらMT5に乗り換える」方法です。

これなら、EAやインジケーターにコストをかけることもありません。また、MT4とMT5の操作性の違いは小さいので、MT5に乗り換えても使い方に困ることはないでしょう。

MT4の使い方・ダウンロード方法・注意点を初心者にもわかりやすく解説まとめ

MT4のダウンロード方法や使い方について解説してきました。

今回紹介したのはMT4の基本的な使い方で、役に立つ機能は他にもたくさんあります。

GEMFOREXのMT4を事例に紹介しましたが、GEMFOREXにはMT4で使える機能を紹介した動画ページが分かりやすく掲載されています。

このような動画を参考にしてMT4の使い方に慣れていくのもコツです。

海外FXはMT4が1つあれば、チャート分析・注文・自動売買のすべてが可能になります。

他のFX会社に移行した場合も新しく取引ツールを覚え直す必要がないので、積極的にMT4を使って機能を覚えていきましょう。

【初心者におすすめ】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
 
海外FX初心者
GEMFOREXは初心者におすすめ完全日本語サポートの海外FX業者よ。
新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは初心者におすすめ海外FX業者です!
【海外FX初心者向け】海外FXの始め方ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です