【MT4】海外FXの取引ツールMT4とは?MT4のメリット・デメリットとアプリでスマホ取引する方法

【MT4】海外FXの取引ツールMT4とは?MT4を利用する理由とメリット・デメリット

海外FXでトレードする場合も、専用の取引ツールをパソコンやスマホにインストールして取引を行います。

国内FXは、各FX会社が開発している取引ツールを利用するのが一般的です。

しかし、海外FX会社の場合は世界的に使用されているMT4という専用ツールを使って取引を行います。

海外FXを始める場合は、取引ツールの違いについても理解しておく必要があります。

海外FXの取引ツール「MT4」とは?

MT4はロシアで開発されたFX専用の多機能取引ツールです。無料で公開されているため、トレーダーは自分でダウンロードして使うことができます。

後はMT4を起動して、契約している海外FX会社のサーバー、アドレスを登録するだけです。

MT4に対応している海外FX会社は多く、他のFX会社から乗り換える場合も登録しているFX会社の情報を変更するだけで、同じ環境で取引ができるメリットもあります。

MT4は、高機能チャートも付随しています。他にもFXに関連する情報を収集するツールとしても効果を発揮します。

世界で広く使用されているツールなので、信頼性が高いのも特徴です。

完全日本語対応しており、導入のサポートは対応している海外FX会社で行っています。

使いやすいツールということで、国内FXから海外FXに移行するトレーダーの中には、MT4を使った取引がしたいという理由の人もいます。

国内FXがMT4に対応してない理由

国内FXは、コストがかかるにも関わらず、独自で取引ツールを開発して提供しています。

MT4を使うことができないのではなく、海外FXとは取引の方法が違うのも理由の一つです。

国内FXは、相対取引を導入しているので、トレーダーの損失がFX会社の利益になります。

スプレッドを狭く設定できるのは、相対取引でトレーダーの注文を呑むことができるからです。

スプレッドが狭い代わりに、約定力も低くなっています。

トレーダーの損失分が会社の利益になるため、注文通りに約定できないスリッページや逆指値を約定させるストップ狩りなどが起こりやすいのも特徴です。

見えないところで、トレーダーの損失を発生させています。MT4は世界で使用されている取引ツールなので、導入してしまうとオープンな取引になります。

トレーダーに不利な約定を行うことができなくなってしまうのです。

コストをかけてまで、独自のプラットフォームを開発するのは、ブラックボックスの中で取引を行う必要があるからです。

トレーダーの損失を促すためには、独自に作っている取引ツールの方が都合は良くなります。

海外FX会社は、インターバンク市場取引なので、トレーダーの利益がFX会社の利益になります。

透明性の高い取引が基本なので、独自にプラットフォームを用意する必要はありません。MT4でコストを抑えるメリットが高くなるわけです。

MT4のメリット①透明性が高い

MT4のメリットの一つに、取引ツールとしての透明性の高さがあります。

独自の取引ツールを使っているところは、レート操作や意図的な通信障害が起こってもトレーダーは気付くことができません。

国内FX会社のようにトレーダーが負けると、FX会社が儲かるような相対取引を導入している場合、故意的に負けさせることもあります。

数多くの海外FX会社が導入しているオープンなMT4だと、不正は起こりにくく高い透明性で取引ができるわけです。

MT4のメリット②システムトレードができる

MT4には、システムトレードの機能が搭載されています。システムトレードは専用のプログラムEAを使い、自動的に取引を進めることができる取引方法です。

MT4のEAはMT4専用の「MQL4」というプログラミング言語で作られています。

MT4は世界で使用されている取引ツールであるため、MT4のEAは無料から有料のタイプまで数多くあり、簡単にEAを手に入れてシステムトレードができるのもメリットです。

システムトレードに対応している他の取引ツールもありますが、圧倒的にプログラムが充実しているのはMT4になります。

さらに、MT4にはEAを作ることができるプラットフォームも標準で搭載されているのです。

海外FX初心者がEAを自作することは難しいですが、システムトレードの機能だけでなく、EAを作る機能が最初からついているのはMT4ならではでしょう。

MT4のメリット③テクニカル分析ができる

MT4には、標準で搭載されている50種類以上のテクニカル指標を使うことができます。

テクニカル指標は相場を分析する上で欠かせないもので、オリジナルテクニカル指標を作成することや共有できるのも特長です。

各テクニカル指標は、配色を変えることや直感的に分かりやすいように変えていくこともできます。

MT4のメリット④他の海外FX会社でも通用する

国内FXの場合はFX会社を変更する度に、新しく取引ツールを覚え直す必要があります。

海外FXは他の海外FX会社に変更しても、取引ツールはMT4で変わりがないため、新しく取引ツールを覚える必要はありません。

一度使い方を覚えてしまえば、他のFX会社に変更しても取引ツールがそのまま使えるのはMT4のメリットです。

MT4のメリット⑤スムーズな取引ができる

独自に開発している最新の取引ツールは、高機能へのこだわりが強く容量が大きい特徴があります。

機能性を重視するあまり、取引ツールが重たくなって思うような取引ができません。

MT4は、多機能ツールであるものの、必要以上にメモリの容量を取っていないため、動作は軽いのが特徴です。

海外FXはスキャルピングが中心になるため、スムーズな取引ができる環境は重要になります。

MT4のメリット⑥利用者が多い

MT4は世界で使用されている取引ツールです。利用者の数が多いので、情報も多くあります。

利用者の数の多さは、取引ツールへの信頼性や安全性を示します。

自分でカスタマイズすることもできるので、初心者から上級者まで幅広く使用されているのも特徴の一つです。

スマホにMT4をインストールさせることで、外出中でもチャートを見ながら取引することもできます。

MT4のデメリット①多機能で使いこなすのが難しい

MT4は多機能が魅力ですが、初心者にとっては多機能がデメリットに感じることがあります。

カスタマイズをしていくと、上級者でもすべての機能を使いこなすことは難しいでしょう。

初心者だと、どこから手を付けるか悩むところですが、最初のうちは複雑な機能を覚えるよりも、基本的な取引の方法から覚えることが大事です。

MT4のデメリット②スマホ版・ブラウザ版で仕様が少し異なる

MT4はスマホやタブレットで使えるアプリ版、ブラウザ上で取引ができるブラウザ版も公開されています。

アプリ版やブラウザ版も大きく見るとソフト版と変わりませんが、使用できる機能が制限されていることや表示の仕方が違うので気をつけましょう。

慣れてくると気になりませんが、海外FX初心者は、ソフト版・アプリ版・ブラウザ版を同時に使うと混乱する恐れがあります。

MT4を利用する理由①簡単で便利

MT4を利用する理由は、システムトレードやテクニカル分析などが便利に使えて、基本的な使い方が簡単だからです。

世界標準で使われている取引ツールということもあって、情報も数多くあります。

システムトレードに必要なEAや、テクニカル分析に必要なインジケーターも豊富です。

日本人向けにサービスをしている海外FX会社だと、MT4のインストールから設定まで日本語や動画で詳しく紹介しているところもあります。

初心者でも、サポートを受けながら、簡単に環境を作ってMT4を使った取引ができるでしょう。

システムトレードやテクニカル分析が使いこなせるようになると、取引の幅はさらに広がります。

MT4を利用する理由②自動売買取引ができる

MT4は、標準で自動売買取引ツールが搭載されています。

自動売買というのは、専用のプログラム「EA」をMT4に組み込んで取引を行う方法です。

自動売買取引は、自動的に注文や約定してくれるので、チャートに張り付かなくても取引を進めていくことができます。

取引に人の感情が入らず、機械的に冷静な取引を行うことができるのもメリットです。

FX初心者は少しの値動きで感情が振り回されてしまうため、不利な約定をしやすい傾向にあります。

EAを開発して提供しているのは、プロのトレーダーやFXに精通しているエンジニアです。

EAに格納されているプログラムは、プロの思考や技術が集まっています。

初心者でも、EAを使った自動売買取引をすることで、一定レベル以上の水準でトレードができるのもメリットです。

自動売買取引ツールがあるからと言って、常に自動売買取引をしなければならないわけではありません。

タイミングを見ながら、迷ったときは自動売買にするなど応用も利きます。

国内FXでも、自動売買に取引しているところはあります。

しかし、自動売買取引ツールの導入に条件があることやEAが高額なケースも少なくありません。

相対取引を導入しているため、自動売買取引でもトレーダーが不利になる約定になる心配も残ります。

海外FXだと、MT4や付随している自動売買取引ツールを無料で利用することができます。

EAも無料で公開されているものを使うことが可能です。コストをかけることなく、自動売買取引をスタートできます。

MT4には、使用するEAのバックテスト機能がついています。過去の取引データを解析して、使用するEAの正確性や勝率を数値化することができるのです。

無料EAだと、EAの成績が気になるトレーダーも少なくありません。無料でも負けが多いEAだと、損失は増えてしまいます。

まずはバックテストを使って、EAをテストしておくと安心です。

自動売買で気をつけること

自動売買で使用するEAは、最初のうちは成績が良くても少しずつ成績が悪くなっていくのが普通です。

いつまでも一つのEAを使い続けるのではなく、定期的にEAを見直す必要があります。

無料EAならEAを入れ替えるコストもかかりません。運用成績や開発元の信頼性なども参考にしながら、無料EAを中心に使っていくとコストを抑えられます。

自動売買をするときは、パソコンを常に稼働させておく必要があります。電気代がかかることや停電のリスクに注意が必要です。

海外FX会社の中には、仮想サーバーのVPSを提供しているところもあります。

VPSを導入すれば、自動取引はVPS上で行われるため、パソコンの電源はオフでも問題ありません。

外出先でもVPSにアクセスして取引状況を確認できます、本格的に自動売買をするなら、VPSに対応している海外FX会社を選んでおくと安心です。

【MT4アプリで取引】スマホやタブレットで取引する方法

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

スマートフォンやタブレットを使って海外FXを取引したいなら、取引ツールのMT4のアプリをダウンロードする必要があります。

使っている端末がAndroidならGoogle Play、iPhoneやiPadならApp Storeからダウンロードできます。

ほとんどの海外FX業者はMT4に対応しているため、どこの海外FX業者でもアプリを使うことが可能です。

海外FX初心者でもアプリをインストールして、海外FX業者から送られてくるMT4のログインIDやパスワード、サーバーの情報をアプリ起動時に入力するだけで、簡単に取引環境の構築ができます。

口座を開設している海外FX業者のサーバーを選択し、ログインすると自分専用のページにアクセスできます。

スマホやタブレットのメリット①レートの監視ができる

スマートフォンやタブレットを使って海外FXをするメリットは、どこにいても取引することができることです。

ポジションを保有していると、少しのレートの動きでも気になります。外出先でもこまめにレートの動きを監視して、状況に応じて約定させることで利益を増やし、損失を減らせるでしょう。

スマホやタブレットのメリット②MT4に必要な操作が覚えやすい

パソコン版のMT4に比べると機能が制限されていますが、海外FX初心者にとっては簡略化されたMT4の方が分かりやすいメリットがあります。

MT4の機能すべてを使いこなすことは、海外FX初心者にとって難しいことです。

MT4の最低限の機能を使えるようになるには、不要な機能がついてない方が覚えやすいでしょう。

スマホやタブレットのメリット③どこでも注文ができる

スマートフォンやタブレットのアプリからでも、FXの注文を入れることができます。

空いた時間を使って取引できるため、チャンスの機会を逃すことがありません。

アプリでも、成行注文や指値注文、逆指値注文など、基本的な注文方法に対応しています。

スマホやタブレットのメリット④テクニカル分析ができる

MT4のアプリでは、パソコン版と同じようにテクニカル分析ができます。

テクニカル分析に必要となるインジケーターは30ほど搭載されており、パソコン版のMT4と同じようにチャートを分析して取引することが可能です。

スマホやタブレットのデメリット①パソコンに慣れていると使い難さを感じる

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

スマートフォンやタブレットは、パソコンに比べると画面のサイズがかなり小さくなっています。

物理的に表示することができる線や文字のサイズが小さくなることや、表示できる範囲が狭くなるのはアプリ版のデメリットです。

始めからスマホやタブレットを使っているなら問題ありませんが、パソコンに慣れている人だと小さい画面に慣れるまでには時間がかかります。

スマホやタブレットのデメリット②処理能力が遅くなる

スマホやタブレットなどのモバイル端末の発展スピードは著しいものがありますが、パソコンに比べると処理能力は高くありません。

海外FX専用の端末にしているのであれば、ストレスに感じることはありませんが、他のアプリもインストールして使っていると処理能力が遅くなります。

普段の取引なら気にするほどではありませんが、レートが急激に動いているときはスリッページの原因になることもあるでしょう。

MT4アプリだけの取引は初心者に向いていない

スマートフォンやタブレットのMT4アプリだけで海外FX取引することはできます。

しかし、処理能力の高さや使いやすさの観点から、現段階ではMT4アプリだけで取引するよりも、パソコンのMT4ソフトと連動させて使う方がよいでしょう。

MT4を補助的なソフトとして使うと、より円滑な取引ができます。

ただし、パソコンを所持してなく、MT4をインストールできる環境がないという場合は、無理してパソコンを買い揃える必要はありません。

スマホやタブレットを使って取引してみて、それでストレスがないようなら利益を出すことも十分にできます。

MT4アプリでもデモトレードができるので、海外FX初心者はデモトレードを試してみてから、リアルトレードをするかどうか判断するのでも遅くはありません。

関連|【MT5】海外FXの取引ツールMT5とは?MT5とMT4の違いを徹底解説

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です