【MT5】海外FXの取引ツールMT5とは?MT5とMT4の違いを徹底解説

【MT5】海外FXの取引ツールMT5とは?MT5とMT4の違いを徹底解説

MT4とMT5は、どちらもロシアのメタクウォーツ社が開発したプラットフォームです。

では、この二つのプラットフォームにはどんな違いがあるのでしょうか?

今回は、海外FX初心者が知っておきたい「MT4」と「MT5」の違いを徹底解説します。

MT5とは?

MT5は、メタクウォーツ社が2011年に開発したFX取引用のプラットフォームです。2005年に開発されたMT4のバージョンアップ版になります。

リリースしてから時間はかなり経過していますが、現在でも海外FXの主要プラットフォームはMT4です。

MT4からMT5の移行を促したいメタクウォーツ社は、新しいFX会社に対するMT4の提供を終了させています。

しかし、MT4の提供やサポートが終了した現在でも、MT4を主要プラットフォームにしているトレーダーは少なくありません。

以前に比べるとMT5を取り扱う海外FX業者は増えているため、MT4とMT5をそれぞれ用意している業者もあります。

今後は少しずつMT5にシフトすることが想定されますが、これまでの流れがすぐに変わることはないでしょう。

MT5とMT4の違い

MT5とMT4は、同じ会社が作っているプラットフォームなので、操作性や見た目に大きな違いはありません。

MT4が使えていたなら、MT5に慣れるまでに時間はかからないでしょう。

しかし、MT4とMT5ではEAやインジケーターの互換性がないことや、時間足やナビゲーターウィンドウが大きく異なるなど、機能面での大きな違いが目立ちます。

では、MT5とMT4の違いを詳しく見ていきましょう。

MT5とMT4の違い①時間足の違い

MT5は、MT4に比べるとチャートで表示ができる時間足の種類が大幅に増えています。

MT4で使用できた時間足は9種類でしたが、MT5で使える時間足は21種類です。

短い時間足なら「2分足」「4分足」「6分足」「10分足」、長い時間足だと「6時間足」「8時間足」などが増えています。

短い時間のレート変化を注視するスキャルピングトレーダーには、短い時間足が増えたことは大きなメリットです。

MT5とMT4の違い②気配値の違い

MT4だと、気配値ウィンドウでは「ティックチャート」や「通貨ペアリスト」のメニューだけでしたが、MT5ではこの二つに加えて「プライスボード」と「詳細」が追加されています。

詳細では、選択通貨の高値や安値、直近価格などが一目瞭然です。1つの通貨ペアでトレードをする場合、詳細ウィンドウを参考にすると良いでしょう。

プライスボードでは、登録している銘柄が画面に並んでいます。プライスボードの画面から通貨ペアを選択すると、ワンクリック注文も可能です。

MT5とMT4の違い③使えるEAの違い

MT4もMT5も自動売買取引の機能が搭載されています。自動売買取引にEAを使うのはどちらも同じですが、それぞれのEAに互換性がありません。

“MT4では、MQL4言語で作られたEA”、“MT5では、MQL5言語で作られたEA”のみ使えます。

MT4で数多くのEAを購入していたトレーダーにとって、MT4のEAが使えないMT5をわざわざ使うメリットはそこまでありません。

EAの多さもMT5に比べると、MT4の方が多い現状もあります。

MT5とMT4の違い④使えるインジケーターの違い

テクニカル分析に欠かせないのが、インジケーターです。

MT4もMT5もテクニカル分析ができる機能が搭載されていますが、MT5の方が最初から入っているインジケーターの種類は充実しています。

インジケーターもネットでダウンロードできますが、EAと同じくMT4とMT5に互換性がありません。

以前はMT4のインジケーターばかりでしたが、最近はMT5に対応するインジケーターも増えています。

それでも、新たにインジケーターを揃えるのが面倒だと感じているトレーダーは少なくありません。

MT5とMT4の違い⑤ナビゲーターウィンドウの違い

MT5では、ナビゲーターウィンドウの項目が、自動的に整理されているので見やすくなっています。

また、ナビゲーターウィンドウで新しいフォルダの作成ができるのも新しい機能です。

EAやインジケーターを多く使うトレーダーにとって、フォルダで管理がしやすくなったのは大きなメリットといえるでしょう。

海外FX初心者はMT5とMT4のどちらを使うべき?

今後はMT5の利用が増えると想定されますが、しばらくはMT4の一強が続くと予想されます。

MT4とMT5の違いで一番困るのは、自動売買に使うEAやインジケーターに互換性がないことです。

現状ではMT4の方がEAやインジケーターは充実しているので、自動売買やテクニカル分析をするならMT4からスタートした方が良いでしょう。

そこでおすすめするのが、「EAやインジケーターが無料で使える海外FX業者でMT4を開設し、MT5のEAやインジケーターが充実したらMT5に乗り換える」方法です。

これなら、EAやインジケーターにコストをかけることもありません。また、MT4とMT5の操作性の違いは小さいので、MT5に乗り換えても使い方に困ることはないでしょう。

インジケーターは、ネットで無料公開されているものでも十分ですが、EAは質が高くないと損失につながる可能性があります。

海外FX業者を選ぶならMT4とMT5に対応し、無料で質の高いEAの使い放題サービスがあるGEMFOREXのような業者が望ましいでしょう。

また、GEMFOREXはMT4とMT5の設定や、使い方のサポート動画があるので初心者にも向いています。

関連|【MT4】海外FXの取引ツールMT4とは?MT4のメリット・デメリットとアプリでスマホ取引する方法

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です