【海外FXの入金方法】海外FX初心者が知っておきたい入金ルール・入金スピード・入金手数料

【海外FXの入金方法】海外FX初心者が知っておきたい入金ルール・入金スピード・入金手数料

海外FX初心者の中には、取引資金を口座に入金する方法について戸惑う人も多いでしょう。

海外FXは海外の口座を使って取引するので、

  • 「入金でトラブルにならないか?」
  • 「どんな入金方法なら安全か?」

など、不安や疑問に思うこともあるかもしれません。

入金しないことには取引ができないので、まずは海外FXの入金方法の種類を覚えて自分に合った入金方法を選びましょう

今回は、海外FX初心者が知っておきたい入金方法についてまとめてみました。

海外FXの入金について知っておきたい3つのこと

海外FXの入金方法を選ぶ前に知っておきたいのが、入金ルール・入金スピード・入金手数料の3つの要素です。

それぞれの要素について詳しく見ていきましょう。

海外FXの入金ルール

海外FXの入金方法と言えば、以前は国内銀行・海外銀行の送金が主流でしたが、最近はオンライン決済やカード、仮想通貨を使った入金方法など、選択肢がかなり増えています。

海外FXの入金方法を選ぶ前に知っておきたいのが、「海外FXの出金は入金方法と同じ方法で行う」というルールです。

そのため、

  • 銀行送金で入金したら銀行で出金
  • クレジットカードで入金したらクレジットカードで出金

のように、出金のことまで考えた上で入金しなければなりません。

入金と出金方法が同じになっているのは、マネーロンダリングを防ぐことが目的です。

テロや詐欺などの犯罪に使われた資金の流れを不透明にして犯罪発覚を遅らせたり、逃れたりするために行う資金洗浄のことをマネーロンダリングと言います。

海外FXは国内FXに比べるとお金の流れが分かりにくく、マネーロンダリングに悪用されるのを防ぐために入出金にルールを設けています。

海外FXの入金スピード

海外FXの入金方法で重要になるのが、入金してから口座に着金するまでにかかるスピードです。

「入金が遅くなってトレードを始めるのが遅くなるのでは?」と思う人も多いでしょう。

初回入金については焦る必要はありませんが、2回目以降の入金についてはスピードが重要になるケースがあります。

特に口座残高が大きく減って追加の証拠金を入金しなければならないような場合は、入金のスピードが遅いと、その間に含み損が増えてロスカットするケースもあります。

海外FXの入金方法と出金方法は同じというルールがありますが、入金方法を後から変更することは可能です。

たとえば、初回入金を銀行送金で行っても2回目の入金はクレジットカードやビットコインで行っても問題ありません。

マージンコールがかかって入金がすぐに必要な場合に、着金が速い入金方法を選ぶこともできます。

海外FXの入金手数料について

入金方法によっては入金手数料がかかる場合もあるので注意してください。

また、「海外FX業者Aは銀行入金に500円かかるのに、海外FX業者Bは銀行入金が無料」のように、同じ入金方法でも海外FX業者によって手数料が変わるケースもあります。

他にも、海外FX業者が入金手数料を無料にしていても、利用する金融サービスで別途手数料が発生する場合もあります。

海外FXの入金方法をチェックする場合は、入金手数料の有無や利用する金融サービスの手数料をチェックしておきましょう。

海外FXの入金方法の種類

海外FXの入金方法には、

  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード
  • STICPAY
  • bitwallet

などの種類があります。

海外FX業者によっては対応してない入金方法もあるので、利用したい海外FX業者の対応している入金方法について確認しておいてください。

それでは、海外FXの入金方法について種類ごとにメリット・注意点などを詳しく見ていきましょう。

国内銀行送金

入金手数料最低入金額入金スピード入金限度額おすすめ度
~500円1万円以上1時間以内~無制限★★★★☆

国内銀行送金は日本の銀行口座から海外FX口座に入金する方法です。

日本人向けにサービスを提供している海外FX業者は日本の銀行口座を持っている場合が多いため、海外FXでも国内銀行送金ができます。

通常の送金と同じなので、送金したら口座にすぐ反映されますが、入金する銀行口座によっては1日程度かかる場合もあります。

取引手数料が数百円とかなり安いことや入金限度額が無制限になっているなど、少ないコストで多額の入金が簡単にできるのがメリットです。

取引手数料は海外FX業者が負担して無料の場合もあります。

国内銀行送金は、分かりやすくて簡単な入金方法なので海外FX初心者におすすめですが、最近は日本の金融庁の圧力によって国内銀行送金に対応している業者が少なくなっています。

そのため、事前に国内送金に対応しているかどうか確認しておく必要があります。

海外銀行送金

入金手数料最低入金額入金スピード入金限度額おすすめ度
~5000円1万円以上~1カ月~無制限★★☆☆☆

海外銀行送金は、日本の金融機関の口座から海外の銀行の口座に送金する方法です。

国内銀行送金のように金融庁の圧力はかかってないため、国内銀行送金に対応してなくても海外銀行送金に対応している業者は多くあります。

以前は海外FXのスタンダードな入金方法でしたが、

  • 入金から着金までに1カ月近くかかる場合がある
  • 入金手数料が3000円~5000円と高い

など、利用するメリットはあまりありません。

また、入金手数料とは別に為替手数料が発生するため、実際にかかる取引手数料はさらに高くなります。

最低入金額について特に指定があるわけではありませんが、取引手数料がかかることを考えると1万円以上の送金が望ましいです。

多額のお金を入金する予定がある場合や焦ってない場合は選択肢としてありですが、急ぎの場合や少額の入金には不向きです。

クレジットカード

入金手数料最低入金額入金スピード入金限度額おすすめ度
無料500円以上即時反映カード上限額★★★★★

海外FXの入金方法の中で、もっとも人気があるのがクレジットカード入金です。

「クレジットカードで入金?」と思うかもしれませんが、ショッピングでカード決済して商品代金を支払うのと同じ仕組みで入金が行われます。

クレジットカードの入金は、

  • 入金手数料が無料
  • 即時反映
  • 手持ちのクレジットカードで簡単に入金できる

など、すぐに簡単に入金できて取引手数料がかからないのがメリットです。

注意点としては、カードの種類によって以下のように最低入金額と月額入金上限額が異なる点です。

 最低入金額1回の入金上限額月額入金限度額
JCBカード500円80万円設定なし
VISAカード1万円30万円100万円

JCBカードの方がVISAカードに比べて入金額が少なく、入金上限額や月額入金限度額が大きいメリットがあります。

ただし、JCBカードは海外FXの入金に非対応の業者が多いので注意が必要です。

VISAカードでも発行しているカード会社によっては海外FXの入金に使えない場合があります。

クレジットカードの出金については返品処理によって行われます。

そのため、入金額と同じ額までしか出金できません。

STICPAY

入金手数料最低入金額入金スピード入金限度額おすすめ度
~500円500円以上即時反映~無制限★★★★☆

STICPAYとは、海外FX業者の口座への入金や口座からの出金ができるオンライン決済サービスです。

クレジットカードの入金と同じく、入金手数料が安く入金スピードが速いメリットがあります。昔に比べてSTICPAYに対応する海外FX業者は急速に増えており、新しい入金方法として注目されています。

海外FXの入金方法としては申し分ないですが、STICPAYのアカウントを開設して入金しなければなりません。もともとSTICPAYのアカウントを持っている人なら問題ないですが、これからアカウントを作る場合はクレジットカードに比べて入金の手順が多くなります。

「STICPAYで海外FX口座に入金する手順」
STICPAYのアカウントを開設→STICPAYに入金→STICPAYから海外FX口座に送金

STICPAYは入金手数料が無料の海外FX業者が多いですが、STICPAYに入金する手数料が入金額の3~5%ほどかかります。入金額が少ないうちはあまり気になりませんが、入金額が多くなると取引手数料は無視できません。

bitwallet

入金手数料最低入金額入金スピード入金限度額おすすめ度
~500円500円以上即時反映~無制限★★★★☆

Bitwalletとは、e protectionsが提供しているオンライン決済サービスです。

2016年から開始されたサービスですが、現在は200カ国以上の国で使用されています。

Bitwalletで入金するためにはアカウントを作成して口座開設をしなければなりませんが、口座開設や維持手数料などはいずれも無料となっています。

STICPAYと同じく、入金手数料が安くて入金スピードが速いのがメリットです。

一方、Bitwalletから海外FX業者の口座に入金するためには、先にBitwalletの口座に入金しておく必要があります。

Bitwallet→海外FX業者の入金手数料は無料でも、Bitwalletへの入金には入金額に応じて数%の取引手数料が発生します。

クレジットカードやデビットカードについては入金額の8%ほど手数料がかかるため、入金額1%前後の取引手数料で入金できる銀行送金がおすすめです。

Bitwallet自体はシンガポールにある会社ですが、完全日本語サポートがついているのでアカウント登録や口座開設についてはスムーズに進められます。

また、アカウント登録にかかる時間も10分程度と短く手続きも簡単です。

関連記事|海外FX初心者はいくらから始めればいい?最低入金額と少ない資金で取引ができる理由

【海外FXの入金方法】海外FX初心者が知っておきたい入金ルール・入金スピード・入金手数料まとめ

海外FX業者は顧客がスムーズに入金できるように、さまざまな入金方法を用意して対応しています。

銀行送金だけでなく、クレジットカード入金やオンライン決済サービスに対応している海外FX業者なら、すぐに入金をして取引を始めることができます。

入金方法はどんどん変化していて、以前は対応していた入金方法が非対応になる場合や反対に以前は非対応だった入金方法が対応になる場合もあるので注意が必要です。

利用したい海外FX業者の公式サイトに記載されている最新の入金方法についても確認してください。

海外FX初心者の入金方法としては、アカウントを保有しているならBitwalletやSTICPAY、これらのアカウントがないならクレジットカードや国内送金などがおすすめです。

関連記事|【海外FXの出金方法】海外FX初心者が知っておきたい出金ルール・出金スピード・出金手数料

【初心者におすすめ】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
 
海外FX初心者
GEMFOREXは初心者におすすめ完全日本語サポートの海外FX業者よ。
新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは初心者におすすめ海外FX業者です!
【海外FX初心者向け】海外FXの始め方ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です