海外FX初心者はいくらから始めればいい?最低入金額と少ない資金で取引ができる理由

海外FX初心者はいくらから始めればいい?最低入金額と少ない資金で取引ができる理由

資産運用の形にはいろいろあります。株投資や投資信託、不動産投資なども資産運用の投資として人気ですが、どれもまとまった資金があることが前提です。

FXはレバレッジをかけることにより、持っている資金以上の大きな取引ができるため、少ない資金でも大きな利益が得られます。

FXを始めるにあたり、最初にどれくらいの資金が必要になるのか気になるところです。

FX会社によって最低入金額は異なるので、用意できる資金でトレードできるか調べておく必要もあります。

海外FX口座を作るために費用はかかる?

海外FXをするためには、海外FX会社で口座を作る必要があります。

口座を作るにあたり、最初に指定された金額を口座に入れることでトレードできる環境が整います。

以前は、10万円を超える資金を必要とするFX会社も多くありましたが、今は無料で口座開設できるところが大半を占めます。

無料で口座を作れるFX会社は、口座の維持費用も無料である場合がほとんどです。

この場合だとFXを始めるための口座開設に資金は不要で、お金を持ってなくても口座を作ることはできます。

ただし、お金がないとトレードすることはできないので、口座を作っても取引できるとは限りません。

海外FXを始めるためには証拠金の用意が必要

FXは、各国の通貨によって価値が異なることを利用した取引です。外国為替証拠金取引と言われているように、トレードするためには証拠金を必要とします。

証拠金は、取引するための担保となるものですが、FX取引で担保が必要となるのはレバレッジをかけてトレードするからです。

たとえば、1万円の資金がある場合にレバレッジをかけずに取引をするとします。

1ドル100円だと、100ドル持つことができます。激しい値動きが起こっても、せいぜい1ドル1~10円の範囲内です。

1ドルが90円になっても、損失は1000円です。レバレッジをかけない取引に、元本割れのリスクはほとんどありません。

では、100倍のレバレッジをかけて取引するとどうなるでしょうか。

取引量が100倍になるので、損失額も100倍になります。同じ条件で1ドル100円が90円に代わると、損失は10万円になります。

レバレッジをかけて取引をすると元本割れのリスクがあるので、証拠金が必要になるわけです。

海外FXを始める前に用意しておきたい資金

FXは、テロや災害、大手会社の倒産など、政治的や国の経済事情に大きく影響されます。

政治や経済が落ち着いているときなら、値動きも小さいので大損失を被ることはあまりありません。

ハイレバレッジのトレードなら、1万円の資金だけでも十分に利益を出すことが可能です。

しかし、過去に大幅なレート変動をもたらした有事はいつどこで起こるのか予測ができません。

1万円の資金では、有事が起こった場合のレート変動に耐えることができずに、ロスカットする恐れもあります。

ハイレバレッジは必要証拠金が少ない代わりに、ロスカットした後の口座に残る資金はほとんどありません。

リスク回避の考えとして、複数のポジション保有をする方法があります。

たとえば、ドル円ペアを買いポジションで持っている場合に、同じような値動きをするユーロ円ペアを売りポジションで持つことで、どちらかのポジションを生かすようなことが可能です。

いくつかのポジションを持ってリスク分散をするなら、5万円前後の資金は用意しておいた方がよいでしょう。

海外FXを取引するためには必要証拠金以上の入金が必要

FXは、口座の資金が必要証拠金を下回るとロスカットが発動して強制的に取引が終了してしまいます。

そのため、FX取引をするためには必要証拠金以上の資金を口座に入れておく必要があります。

必要証拠金は、レート×取引量×取引単位÷レバレッジで計算されます。

1ドル100円の場合に、10000通貨の取引を行うとします。

レバレッジが10倍のときは、100(円)×10000(取引量)×1(単位)÷10(倍)になるので、必要証拠金は10万円です。

最低でも10万円以上の資金を必要とします。しかし、レバレッジが100倍だと、必要証拠金は1万円になります。レバレッジが大きくなるほど、必要証拠金は下がります。

海外FXはハイレバレッジをかけて取引できるため、少ない証拠金で取引できます。

1000倍のレバレッジなら、10000通貨の取引をするにあたり、1000円の証拠金でトレードできるので、少ない資金でハイリターンが望めます。

ただし、少しの値動きで口座の資金は大きく変わります。必要証拠金が1000円でも、資金には余裕を持たせておくことが大切です。

投資する資金の許容範囲を考えて口座に入金しよう

最初に口座へ入金する資金は、全資産から考えての許容も考える必要があります。

たとえば、5万円を口座に入金する場合に全財産が10万円の人と全財産が100万円の人では、5万円に対する重みが違います。

FXは元本保証される投資ではありません。口座に入れているお金が無くなるリスクもあります。

本格的にFX取引をするなら5万円程度の資金は望ましいですが、十分な資金の余裕がないならレバレッジを引き下げて1万円くらいからFXを始めても問題ありません。

費やす資金が増えるほどリターンは大きくなりますが、それだけリスクも大きくなります。

自分の持っている総資金から、どれくらいの資金ならFXに費やしても大丈夫か許容範囲を決めておくとよいでしょう。

また、値動きの大きいときはロスカットが間に合わず、口座の中身がマイナスになることもあります。

海外FX会社によっては、ゼロカットシステムと言って借金分は請求しないシステムを導入しているので、

ハイレバレッジの取引をする場合は資金を守るためにもゼロカットシステムがある海外FX会社を選ぶようにしましょう。

海外FX会社と国内FX会社の最低入金額の違い

海外FXは高いレバレッジをかけてダイナミックな取引ができるという理由で、海外FXに興味を持たれている方もいらっしゃると思います。

たしかに、海外の投資家などを見ているとお金の使い方はかなり派手な印象を受けます。

海外FXをしたくても、最低入金額が高いイメージから本格的に始めることに躊躇しているトレーダーもいるかもしれません。

国内FX会社は初回入金額に制限がないところが多くあります。つまり一万円でも千円でも一円でもいいわけです。

しかし、実際にトレードをする場合は最低通貨単位に必要な金額を必要とします。最小単位は1000通貨であることが多く、この場合だと数千円の資金は用意しておく必要があります。

海外FX会社も考え方としては国内FX会社と同じです。

ただし、最初に口座に入金しないといけないお金はFX会社による違いも多く、初回に入金額に制限がないところもあれば、数十万円の資金を必要とするところもあります。

国内FX会社と海外FX会社では、取引方法の違いによって初回入金額のばらつきの幅が生じます。

国内FX会社は相対取引なので、トレーダーの負けがFX会社の利益につながります。少ない資金でも、取引してもらうほど利益が出ます。

海外FX会社は市場との直接的な取引になるインターバンク取引なので、どんどん取引してもらってトレーダーに勝ってもらうことで利益が増えます。

少ない資金だと取引による利益より、資金が少ないことによるゼロカットシステムの発動にともなう、損失のリスクが大きくなります。

そのため、ある程度の資金力を持っているトレーダーが望ましく、最低入金額を大きく設定しているわけです。

一方、多くのトレーダーを獲得したいという思惑もあるので、海外FX会社の中には国内FX会社と同じように少ない資金から始められるところもあります。

口座タイプによって必要な初回入金額は変わる

海外FX会社の多くは、複数の口座タイプを用意しています。

口座タイプによる初回入金額の違いも大きく、スタンダード系タイプだと初回入金額は低く、プレミアム系タイプだと初回入金額は高くなります。

投資できる資金が少ない場合は、スタンダードタイプになります。

初回入金額が高い口座は、多額の資金が必要になる代わりに、さまざまな恩恵があります。

その一つにスプレッドの狭さがあり、スタンダードタイプに比べるとかなり狭くなっています。

スプレッドはFX会社の利益にあたるトレーダーの手数料ですが、最初にまとまった資金を預かることで、狭いスプレッドのFXサービスが提供できるわけです。

初回入金額が高いと言っても、自分のお金を銀行口座に預けるようなものです。

まとまった資金を用意することがむずかしいなら、スタンダードタイプの口座の一択しかありませんが、ある程度の資金を用意できるなら、スプレッドの狭いプレミアム系の口座を開設して取引する方が長期的に見ると得です。

初回入金額が高いことにも、意味があるということを覚えておきましょう。

海外FXのレバレッジは少ない資金で取引ができる

レバレッジの上限はFX会社によって違いますが、国内FXはレバレッジの上限が25倍までに規制されているため、25倍を超えるレバレッジを行うことはできません。

将来的には、さらにレバレッジが引き下げられる可能性もあります。

国内FXのレバレッジ制限は、トレーダーの資金を守ることが目的です。

しかし、レバレッジはトレーダー自身が調整することができるため、レバレッジ制限によって可能性を減らしてしまっているのは否めません。

では、海外FXはどうでしょうか?国内FXと同じようにFX会社によってかけられる最大レバレッジは異なりますが、国内FXとはレバレッジ上限の桁が違います。

海外FXには、レバレッジに対する規制というものがなく、1000倍以上のレバレッジがかけられるFX会社もあります。

大きなレバレッジをかけて取引できるため、同じ取引量なら国内FXに比べると少ない資金でトレードできます。

少ない資金でFXをはじめられるメリット

海外FXは少ない資金でFXができるため、資金を減らして運用することができます。

たとえば、10万円の資金を用意できる場合に、すべての資金をFXにつぎ込むとします。

どれだけ腕のいいトレーダーでも、予期せぬ有事によって発生するレートの急激な変化には対応できません。10万円の多くを失ってしまうこともあるわけです。

しかし、高いレバレッジをかければ同じ取引量でも必要な資金を減らせます。

レバレッジをかけて10万円の資金をすべて投資に使うのではなく、半分の5万円を投資につかって残りの5万円は残しておくなどの運用もできるわけです。

レバレッジが高くなると値動きも大きくなるので、ロスカットが発動されずに口座の残金が0円を下回ってしまう懸念もあるかもしれません。

しかし、海外FX会社の多くはゼロカットシステムと言って0円を下回った口座の残高は請求されないようになっています。

このように高いレバレッジに対するサポートも充実しているので、安心してトレードできます。

海外FXは少ない資金をサポートするボーナスもある

1000倍のレバレッジをかけると1万ドルの取引をするために必要となる資金は1000円です。

しかし、値動きが大きいため損失側にレートが動いてしまうと一瞬にしてロスカットされます。

海外FX会社の少ない資金で取引できる理由には、高いレバレッジだけでなく充実したボーナスもあります。

ボーナスというのは、口座を開設すると取引に使える一定の資金をキャンペーンとして受け取ることができるサービスです。

海外FXは入金額の100%ボーナスを行っているところも多く、入金した時点で入金額の2倍の資金を確保できます。

高いレバレッジをかけることで起こるロスカットのリスクを、ボーナスによって軽減することができるのです。

海外FXは高いレバレッジと充実したボーナスによって少ない資金でもFXで高い利益が狙えます。

海外FX初心者STEP①デモ口座で0円から取引を始めよう

初心者がFX取引を始める場合は、0円から取引開始することをおすすめします。

でも、0円だと、取引したくても注文することができませんよね。

海外FX会社によっては、リアル口座以外に、0円の資金でも利用できるデモ口座を提供しているところがあります。

デモ口座は、実際の取引ツールを用いて取引できる練習用の口座で、負けても影響のない仮想のお金が用意されており、これを使って取引を行います。

FX取引そのものをはじめてする人だけでなく、国内FXの経験があって海外FXをはじめようとしている人も、デモ口座を開設して取引することをおすすめします。

国内と海外ではかけることのできるレバレッジに大きな差があり、国内FXで慣れている場合だと大きなレバレッジをかけて取引することの感覚が分かりません。

高いレバレッジに魅力を感じて海外会社の口座を開設するトレーダーは、実際に高いレバレッジをかけてデモトレードすることをおすすめします。

ちなみに、デモ口座は初心者でも大きな利益を出すことがあります。

勝っても仮想のお金なので手元に入ることはありませんが、初心者がデモ口座で勝ちやすいのは、思い切った取引ができることに理由があります。

自分のお金だと思って取引をすると、注文している通貨ペアがマイナスになると決済させることに抵抗を覚えます。

損切をすると、それだけ自分の口座に入っているお金が減ってしまうからです。

しかし、デモ口座の場合だと自分のお金ではないのでリスクを考えることなく取引できます。FX取引の本質でもありますが、損切を恐れない取引は大切なことです。

デモ口座で大勝して、そのままの勢いでリアル口座を開設して取引をしても同じように勝つことはむずかしいでしょう。

自分で意識しなくても、心のどこかに自分の資金を使うことに抵抗感が生まれます。

何度もリアルトレードを繰り返すことで、資金が減る感覚にも慣れていきますが、最初にリアルトレードする場合はすべての資金を投入するのではなく、失っても許せる許容範囲内の資金を投入しましょう。

海外FX初心者STEP②リアルトレードの資金は1万円から始めよう

国内FXは規制の影響により、レバレッジは最大で25倍に制限されています。

海外FXは、100倍~1000倍を超えるレバレッジをかけて取引することも可能です。レバレッジが高いほど、少ない証拠金で取引ができます。

必要となる証拠金は、レート×取引数をレバレッジで割って算出することができます。

ドル/円の組み合わせで100円、取引量が1万通貨だった場合に、レバレッジが100倍だと1万円が証拠金、レバレッジが1000倍だと証拠金は1000円になります。

口座を開設して、最初に口座へ入れないといけないお金である最低入金金額は、1万円の海外FX会社が多くなっています。

この場合、1万円の資金はFXをする上で必ず必要な資金になるので、口座に入れる1万円を用意しましょう。

レバレッジ100倍かけることのできるFX会社なら、証拠金1万円で100万通貨の取引ができます。

もっと資金的な余裕があるという場合も、まずは少額の資金から始めることをおすすめします。

特に、海外FXの高いレバレッジは思っている以上に損失が出た時の影響は大きくなります。

資金を口座に入れると、同じ条件でレバレッジを引き下げて運用することも可能ですが、余剰資金がないとFX取引ができなくなることを考えると、

費やす資金を少なくして海外FXの魅力でもある高いレバレッジで運用することをおすすめします。

海外FX初心者STEP③10万円あれば安定して運用ができるようになる

海外FXでは、10万円あれば安定した運用ができます。

10万円を投資金額に設定する場合、10万円をすべて取引に使用するのではなく、許容できる損失額を設定するのがコツです。

10万円の資金投資なら、狙う利益は1万円前後がベストの数字になります。仮に損失が生じても1万円なので、十分に許容できる範囲です。

1万円の利益は、1万通貨×1円の値動きで達成することができます。

1万円の資金を使って100倍のレバレッジをかけて取引するか、10万円の資金を使って10倍のレバレッジをかけて取引する方法があります。

この場合、1万円の損失が出た時点で決済させるように逆指値を入れておくと安心です。海外FXは損切りを前提に利益を出していくので、損切りを嫌っては利益を出せません。

また、2万通貨×0.5円の値動きを狙って1万円の利益を出すことも可能です。

明らかなトレンドが出ているときや自信があるときなら、1万円×200倍のレバレッジや10万円×20倍のレバレッジで1万円の利益を狙うことができます。

取引量を増やすとリスクも高くなるので、今後の展開が予想できないときはレバレッジを引き下げて運用することが大事です。

手堅く利益を狙うのであれば、5000通貨×2円の値動きを狙って1万円の利益を出すパターンもあります。

1万円なら50倍のレバレッジ、10万円なら5倍のレバレッジで運用することができるので低リスクです。

スキャルピングなら一日に何度も取引をするので、値動きが上下しているレンジ相場なら0.5円の値動きを4回決済させるだけで1万円の利益に到達します。

海外FX初心者STEP④様子を見ながら資金を増やそう

1万円の資金でも、取引次第では資産を増やしていくことは十分に可能です。

しかし、高いレバレッジをかけた取引だと、証拠金を下回って強制的に決済されるロスカットのリスクもあります。

レバレッジに比例して、証拠金も下がるので、ロスカットした後に残る口座の残高はかなり少なくなります。

続けてFX取引をするためには、新たに口座へ資金を入れる必要があります。

FX初心者だと、このような経験は避けて通れない道です。

ロスカットが発動してしまうと、これまで頑張って勝って稼いできた資金の多くを失うことになります。

すぐにロスカットしてしまう場合は、トレードの能力にレバレッジの設定が合ってないので、レバレッジを引き下げて運用しましょう。

資金を最初から注ぎ込むのではなく、少ない資金で取引の感覚を掴んでいくことが大切です。

また、一つのポジションだけに集中投資するのではなく、いくつかのポジションを保有することも少ない資金で高いレバレッジをかけて取引するコツです。

リスク分散を意識した取引を行いましょう。

海外FX初心者はいくらから始めればいい?最低入金額と少ない資金で取引ができる理由まとめ

海外FX会社は、レバレッジの高さ以外にも少ない資金で大きな利益を出せる秘密があります。

それは海外FX会社で用意されているボーナスです。口座の開設や、口座に一定のお金を入金すると、数万円から数十万円のボーナスが支給されるキャンペーンの提供をしているFX会社もあります。

最初に用意できる資金が多くない場合や、できるだけ手元にお金を残しておきたいなら、ボーナスが充実している海外FX会社選びをするのもポイントです。

ただし、ボーナスの支給条件や支給される金額は、FX会社によって異なります。海外FX会社は、トレーダーに勝ってもらうことが利益に直結するため、ボーナスを含めてトレーダーへの投資を惜しみません。

上手にサービスを活用することで、資金はカバーすることができます。

関連|【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説!初心者が勉強しておくべき6つのこと

関連|海外FXの4つの入金方法まとめ!クレジットカードを使って入出金をする時の注意点

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です