海外FX初心者はいくらから始めればいい?最低入金額と少ない資金で取引ができる理由

海外FX初心者はいくらから始めればいい?最低入金額と少ない資金で取引ができる理由

海外FXの疑問の1つに最低入金額を挙げる人も多いでしょう。

「どれくらいの資金を用意すればいいの?」「最低入金額を知りたい!」など、FXを始めるために必要な資金が気になるという初心者は多いのではないでしょうか。

海外FXは少額でトレードできるのが人気の理由の1つと言われていますが、海外FX業者によって最低入金額は異なるため、海外FXだからと言って少額資金で取引できるとは限りません。

少額から海外FXを始めて、慣れたら少しずつ資金を増やしたい!という初心者も多いと思います。

そこで今回は海外FX初心者が知っておきたい最低入金額や、海外FX業者による最低入金額の違いなどを紹介します。

最低入金額の決まり方

まずは最低入金額がどのように決まるのか知っておきましょう。

最低入金額は海外FX業者によって違っていますが、海外FX業者が指定しているケースもあれば、指定していないケースもあります。

ここでは最低入金額の決まり方を2パターン紹介します。

海外FX業者が指定しているケース

最低入金額を海外FX業者が指定しているケースは、公式サイトや口座開設のときに「最低入金額○○円以上」と記載されているのが普通です。

海外FX業者が最低入金額を指定している場合、その金額以上の入金をしないとFXを始めることができません。

たとえば、最低入金額が10万円なら10万円以上の入金をして注文ができるようになります。

海外FX業者の中には、口座開設ボーナスと言って口座を開設したときに5000円~3万円ほどのボーナスがもらえる業者もありますが、ボーナスは最低入金額の資金に含まれないため注意が必要です。

海外FX業者が指定していないケース

海外FX業者の中には最低入金額を指定していないところもあります。

この場合は、最小取引量、レバレッジ、レートの3要素から計算する必要があります。

計算式は次の通りです。

「レート×最小取引単位÷レバレッジ」

(例)

  • レート:1ドル120円
  • 最小取引単位:1000通貨
  • レバレッジ:500倍

上記の条件で取引をするとして、最低入金額はどれくらいになるでしょうか?

「120円×1000通貨÷500倍=最低入金額240円」

この場合、240円の入金をすれば取引が可能になります。

ただし、240円は証拠金ギリギリの取引になるため、少しでも値動きが起こるとロスカットします。

取引する場合は、最低入金額の2倍~10倍ほどの資金を最低でも入金しておく必要があります。

計算式を見ても分かるように、最小取引量が低ければ低いほど、レバレッジが高ければ高いほど最低入金額は少なくなる特徴があります。

必要な初回入金額は口座タイプによって変わる

海外FX会社の多くは、複数の口座タイプを用意しています。

口座タイプによる初回入金額の違いも大きく、スタンダード系タイプだと初回入金額は低く、プレミアム系タイプだと初回入金額は高くなります。

投資できる資金が少ない場合は、スタンダードタイプになります。

初回入金額が高い口座は、多額の資金が必要になる代わりに、さまざまな恩恵があります。

その一つにスプレッドの狭さがあり、スタンダードタイプに比べるとかなり狭くなっています。

スプレッドはFX会社の利益にあたるトレーダーの手数料ですが、最初にまとまった資金を預かることで、狭いスプレッドのFXサービスが提供できるわけです。

初回入金額が高いと言っても、自分のお金を銀行口座に預けるようなものです。

まとまった資金を用意することがむずかしいなら、スタンダードタイプの口座の一択しかありませんが、ある程度の資金を用意できるなら、スプレッドの狭いプレミアム系の口座を開設して取引する方が長期的に見ると得です。

初回入金額が高いことにも、意味があるということを覚えておきましょう。

最低入金額を比較

ここでは主要海外FX業者の最低入金額をレバレッジや最小取引単位も含め比較していきます。

同じFX業者でも口座タイプによって最低入金額が異なるケースもあるので口座ごとに比較しています。

業者名口座タイプ最小取引量レバレッジ最低入金額
GEMFOREXオールインワン1000通貨1000倍100円
ノースプレッド1000通貨1000倍30万円
XMスタンダード10通貨888倍500円
ゼロ1000通貨500倍1万
TITANFXスタンダード1000通貨500倍2万
AXIORYスタンダード1000通貨400倍2万
LANDFXライブ1000通貨500倍3万
ECN1000通貨500倍20万
TICKMILLクラシック1000通貨500倍1万
VIP1000通貨500倍500万
FXDDスタンダード1000通貨400倍5万
プレミアム1000通貨400倍10万
MILTONMARKETSスタンダード1000通貨800倍3万
IFCMARKETSマイクロ1000通貨400倍100円
スタンダード10000通貨200倍10万
ThinkForexスタンダード1000通貨500倍2万5千
プロ10000通貨500倍20万

海外FX業者の口座タイプには取引手数料が無料の「STP口座」と取引手数料がかかる「ECN口座」の2タイプがありますが、STP口座の方が最低入金額は低い業者が多いです。

GEMFOREX、XM、IFCMARKETSのように数百円の最低入金額から取引できる業者もありますが、1万円以上の最低入金額になっている業者が多くなっています。

少額で取引を始めるためにも、比較してより少ない最低入金額で取引できる海外FX業者を選ぶ必要があります。

最低入金額100円で運用した場合の利益

GEMFOREXやIFCMARKETSなどは最低入金額が100円~になっていますが、100円で運用しても利益は出ないのでは?と思う方も多いでしょう。

最低入金額が少ない業者を利用するのは、少額資金から始めて練習するのが目的という方も多いと思いますが、100円で運用しても計算以上は利益を出すことができます。

たとえば、GEMFOREXは1000倍レバレッジ&1000通貨でポジションの保有ができます。

1ドル100円の通貨で取引する場合に、1000倍レバレッジ&1000通貨なら取引に必要な資金は100円です。

GEMFOREXのロスカットの水準は証拠金維持率20%以下になるため、100円の証拠金が20円に減ってしまうとロスカットになりますが、角度を変えると80円の損失が許容できると考えることもできます。

次に1000通貨の場合、損益は次のようになります。

  • 1円(100pips)の値動きで発生する損益:1000円
  • 0.1円(10pips)の値動きで発生する損益:100円
  • 0.01円(1pips)の値動きで発生する損益:10円

ドル円の通貨ペアなら1日にだいたい100pipsの値動きが発生するため、1日に1回のエントリーで勝てば1000円の利益が得られます。

また、1日に10pipsの値動きなら何十回、何百回と起こっているため、10pipsの利益を狙って10回エントリーして10回勝つことができれば1日に1000円の利益が得られます。

100円の資金でも1日に1000円前後の利益なら十分に得られる可能性があるため、月で見ると数万円の利益になる可能性もあります。

最低入金額は低い方がいい!その理由は?

海外FX初心者が海外FX業者を選ぶ場合は、できるだけ最低入金額が低い業者選びをおすすめします。

理由としては、FXの練習ができることや思い切った取引ができるためです。

ここでは最低入金額が低い方がいい理由について解説します。

FXの練習ができる

FXで安定して勝つためには、FXの経験値を増やす必要があります。

FXは奥が深く、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などの相場や市場の分析を行い、分析結果に基づいた取引をすれば勝率を高められます。

海外FX初心者がいきなりテクニカル分析やファンダメンタルズ分析するのは難しく、実際のトレードを通して少しずつ覚えていくものです。

最初から自己資金を使いすぎてしまうと、FXの経験値を増やす前に負けて退場するリスクが高まります。

たとえば、1万円の資金を持っているとして、最低入金額が1万円の海外FX業者と最低入金額が100円の海外FX業者があるとします。

最低入金額1万円の海外FX業者だと全額負けると1回の取引しかできません。

しかし、最低入金額100円の海外FX業者なら全額負けても100円の損失なので、1万円の資金があれば100回取引ができます。

最低入金額が低いことは取引回数を増やすことにつながるため、効率よく経験値を増やせるメリットがあります。

トレードレベルを上げるためにも、海外FX初心者は最低入金額が低い業者選びをおすすめします。

思い切った取引ができる

海外FX初心者が負ける理由として多いのが、「自己資金を失う恐怖や重圧」です。

FX取引は余剰資金で行うのが基本ですが、それでも何万・何十万円の資金をFXに使うとなると、負けてお金を失うことへの恐怖や重圧が強くなります。

恐怖や重圧が強くなると、「負けないように早く利確する」や「損切りを見送る」など取引に影響が出ます。

FXで勝つためには徹底した損切りや、なるべく利幅を増やして決済することが重要です。

最低入金額が高ければ高いほど、勝つためのルールが守れなくなります。

一方、数百円の資金で取引する場合は負けても仕方がないと思えるため、勝つルールを守りながら思い切った取引もできます。

勝ちを重ねていけば自分のトレードに自信が出てくるため、資金を増やして取引をしてもルールに沿った取引がしやすくなります。

海外FX初心者はルールに沿った取引をするためにも、最低入金額が少ない海外FX業者選びをおすすめします。

証拠金はボーナスを活用して増やそう

海外FXは数百円あれば取引を始められる業者もありますが、証拠金に余裕を持って取引するなら1万円程度の資金は用意しておきたいものです。

「FXに1万円を使うのはきつい」と感じる初心者もいるかもしれませんが、海外FX業者が提供しているボーナスを活用すれば、証拠金を増やして取引ができます。

たとえば、100円で取引を始められる海外FX業者GEMOREXには口座を開設するだけで1万円~3万円(そのときのキャンペーンによって異なる)の証拠金をもらえる口座開設ボーナスがもらえます。

2万円の口座開設ボーナスをもらって取引するなら、自分が用意する100円の資金と合わせて2万100円分の取引が可能です。

ボーナス自体は出金できないルールになっていますが、ボーナスを運用して得た利益については出金ができます。

(例)2万100円の元手を運用して5万円の利益を得た場合、口座残高は7万100円になり、そのうち5万円は出金ができる。

このようにボーナスを活用すれば多額のお金を用意する必要なく証拠金に余裕を持たせられるため、ボーナスが豪華な海外FX業者で口座開設するとよいでしょう。

他にも100%入金ボーナスと言って口座に入金したお金を2倍に増やせるボーナスや、友達を紹介すると一定の証拠金がもらえる友達紹介ボーナスなどを提供している業者もあるので、

これらのボーナスも活用すれば証拠金を底上げして用意する資金が少なくて余裕が生まれます。

海外FX初心者はいくらから始めればいい?最低入金額と少ない資金で取引ができる理由まとめ

最低入金額は海外FX業者によって異なりますが、海外FX初心者は用意する最低入金額が少ない業者がおすすめします。

その中でも特におすすめするのが、口座開設ボーナスや入金ボーナスが充実している業者です。

ボーナスが豪華な業者なら入金額に+αで証拠金を増やして取引ができるため、用意できる資金が少なくても大きな利益が狙えます。

海外FX業者を選ぶ場合は、最低入金額やボーナスの有無などもチェックして少ない資金で取引できる業者を選びましょう。

【初心者におすすめ】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
 
海外FX初心者
GEMFOREXは初心者におすすめ完全日本語サポートの海外FX業者よ。
新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは初心者におすすめ海外FX業者です!
【海外FX初心者向け】海外FXの始め方ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です