海外FX初心者が海外FX業者を使ったほうが良い4つの理由と信頼できる会社の特徴

海外FX初心者が海外FX業者を使ったほうが良い4つの理由と信頼できる会社の特徴

海外FXを始める人の中には、国内FXの経験者も多くいます。国内FXにはない魅力が海外FXには多くあるからです。

海外FX業者は数多くあり、国内FX業者と違って本拠地が海外にあるので、信頼性の面で不安に思う人も少なくありません。

特にFX初心者からすると、海外FX業者の利用はハードルの高さを感じます。

しかし、国内FXも海外FXも経験しているトレーダーの中には、FX初心者だからこそ海外FX業者の利用をすべきという人もいます。

今回は、FX初心者が海外FX業者を使った方がいい理由を解説していきます。

海外FX業者のメリット①少ない資金で取引できる

国内FXは、レバレッジが25倍に制限されています。今後もレバレッジは引き下げられることが検討されています。

一方、海外FXにはレバレッジの制限がありません。100~1000倍のレバレッジをかけて取引することも可能です。

FX初心者の中には、高いレバレッジにリスクを感じている人もいます。

確かに、計画なしで高いレバレッジをかけるのはリスクを伴います。

しかし、少ない資金で大きな取引ができるレバレッジを活かすことで、リスクを下げることもできるのです。

たとえば、1ドル100円の通貨を1万通貨取引するとします。必要なお金は100万円です。

レバレッジ25倍だと、4万円の資金で100万円の取引ができます。レバレッジ100倍だと、1万円の資金で100万円の取引できるわけです。

慎重に取引をしても、慣れていないと資金をすべて失う可能性もゼロではありません。

同じ100万円分の取引をするなら、レバレッジが高い方が必要な資金は少なくなります。

少ない資金で取引ができるのは、失敗しやすいFX初心者にとって大きなメリットです。

海外FX業者のメリット②追証がなくゼロカットシステムがある

国内FXも海外FXも、口座の資金が

一定額を下回るとロスカットが発動して取引が強制終了する仕組みです。

ロスカットがあるおかげで、口座の資金がマイナスになることはありません。

しかし、市場が荒れてレートの動きが大きいタイミングだと、ロスカットが間に合わず、口座の資金が0円を下回ることもあります。

口座の資金が0円を下回ったとき、国内FXだと追証という形でマイナス分を請求されます。

追証のリスクに備えるのも、国内FX業者がレバレッジに制限をかけている理由の一つです。

海外FX業者の場合は、口座の残高が0円を下回った分に関しては請求しないゼロカットシステムが導入されています。追証がないのは、FX初心者にとって安心できる要素の一つです。

普段のレートの動きなら追証を受けることはほとんどありません。

しかし過去にはリーマンショックやスイスフランショックなど、急激にレートが動いた歴史があり、予測できないことも多くあります。

FX初心者は、リスクヘッジやリスクコントロールまで気が向かないのが普通です。

予期せぬ事態でも、最小限の被害にとどめることができるゼロカットシステムはFX初心者の心強い味方になるでしょう。

海外FX業者のメリット③ボーナスが豪華

海外FX業者は、国内FX業者に比べるとボーナスが豪華です。海外FX業者の中には、入金した金額の100%をキャッシュバックするところもあります。

つまり、10万円の資金を口座に入金すると20万円になり、20万円の資金を口座に入金すると40万円になるわけです。

豪華なボーナスは、FX初心者が海外FX業者を使った方がいい理由の一つにもなります。

ボーナスを上手に活用することで、少ない資金でも大きな取引ができるようになるからです。

仮に口座に10万円を入れて取引したいなら、10万円をそのまま入金するのではなく、5万円を入金してボーナスで5万円をもらって10万円にすることができます。

残りの5万円は予備の資金として取っておくことができるわけです。

FX初心者が最初から勝ち続けることは難しいことです。勝ち負けを繰り返して、少しずつ自分のトレードスタイルを確立していきます。

最初からすべての資金を投入して取引すると、負けたときに新しく取引ができなくなります。

負けても大丈夫なように、一定の資金は手元に残しておくことが大事です。そのために、海外業者の豪華なボーナスは役に立ちます。

海外FX業者のメリット④透明性の高い取引ができる

国内FXと海外FXでは、取引方法が異なっています。国内FXは、トレーダーの注文をインターバンク市場に流さず、FX業者と取引を行う相対取引です。

海外FXは、トレーダーの注文を預かり、そのままインターバンク市場に注文を流して取引をするNDD取引になります。

相対取引は、トレーダーの損失がFX業者の利益になり、トレーダーの利益がFX業者の損失になります。

トレーダーが負けるほど、FX業者が儲ける仕組みになっているのです。

国内FX業者の多くは、独自の取引ツールを使っているところが多いため、不正にスリッページやリクオートが行われていることもあります。

NDD取引は、トレーダーのスプレッドがFX業者の利益になる仕組みです。

取引回数が多いほど儲ける仕組みなので、FX業者としてはトレーダーに勝って取引回数を増やしてもらいたいと考えています。

海外FX業者の多くは、MT4という取引ツールを使っています。透明性の高いツールで、意図的なスリッページやリクオートが起こることもありません。

FXに慣れてくると、スリッページやリクオートが意図的に行ったものかどうか判断できるようになります。

しかしFX初心者は、取引で起こっている不正に気付くことができません。気付かないうちに損をしていることもあるのです。

その点で考えても、FX初心者は海外FX業者を使った方がよいでしょう。

信頼できる会社の特徴①日本語サポート対応がある

日本人が利用する海外FX会社の多くは、日本語サポートの対応があるのが一般的です。

そのため、海外FXを始めるために海外の言語を習得する必要もありません。

日本語対応と言っても、メールやホームページだけ日本語対応になっていることもあれば、現地の日本人スタッフが電話で対応してくれるところもあります。

信頼できる海外FX会社は、レスポンスが速いのが特徴です。

日本語サポートがあるので、安心して口座を開設したのに、トラブル対応のために連絡しても返信がないFX会社もあります。

日本語サポートが充実していても、もしものときの対応が遅いと意味がありません。

対応の良し悪しを確認するなら、事前にサポートに問い合わせて対応をチェックするのもよいでしょう。

信頼できる会社の特徴②ゼロカットシステムがあるFX会社

海外FXは、高いレバレッジをかけてトレードを行うのが一般的です。

国内FXのようにレバレッジの規制がないため、FX会社によっては数百倍のレバレッジをかけて取引することもできます。

高いレバレッジは、少ない資金でも大きな利益が狙える仕組みです。一方、高いレバレッジには追証のリスクも伴います。

大きな値動きが起こっていると、ロスカットが間に合わず、ロスカット値よりも大きく下回って決済されることがあります。

高いレバレッジだと、場合によっては口座の残高が0円を下回ることもあるわけです。その際、FX会社からマイナス分を請求されることがあります。これが追証です。

海外FX会社の中には、口座の残高が0円を下回った場合に、それ以上の請求をしないゼロカットシステムを導入しているところもあります。

ゼロカットシステムがあれば、大きな損失が出てしまっても借金を抱えることにはなりません。

ちなみに、追証分の負担は海外FX会社が負うことになります。信頼できる海外FX会社は、ゼロカットシステムを導入しているのも特徴です。

信頼できる会社の特徴③信託保全がある

海外会社も企業なので、倒産のリスクがあります。倒産してしまった場合に、口座を開設して預けていたお金が手元に戻ってくるかどうかは気になるポイントです。

信頼できるFX会社は、倒産してしまってもトレーダーにお金が戻るように体制を整えています。その方法の一つに信託保全があります。

信託保全は、トレーダーから預かったお金を第三の金融機関に預けて管理してもらうことです。

もし、海外FXが倒産してしまってもお金を預かっているのは関係のない金融機関なので、お金は手元に戻ってきます。

国内FXは信託保全が義務化されているものの、海外FX会社は任意になっているので信託保全がないFX会社も珍しくありません。

海外FX会社の中には、信託保全ではなく分別管理を行っているところもあります。

この方法は自社内でトレーダーの資金と、運用資金を別々に管理する方法です。

FX会社が倒産しても、トレーダーの資金は別の口座で管理しているので、手元に戻ってくるという仕組みになります。

信託保全ほど信頼性はないものの、きちんと管理されていればリスクは小さくなります。

信託保全や分別管理とは別の方法でトレーダーの資金を守っているFX会社もあります。その一つが、投資家保障基金への加盟です。

投資家保障基金に加盟しているFX会社であれば、倒産しても保険会社から200~300万円程度の信託保全が受けられます。

海外FX初心者のだと、多くても数百万円程度の損益なので、投資家保障基金に加入していれば、信頼できるFX会社として見ることができます。

信頼できる会社の特徴④資本力と運営期間が長い

残念ながら詐欺を働く悪質な海外FX会社もあります。悪質な海外FXは、トレーダーから資金を集めては倒産して、新しい会社を立ち上げては倒産しての繰り返しです。

つまり、FX会社の運営期間が短いと悪質な海外FX会社の可能性も出てきます。一方、運営期間が長いFX会社は実績もあるので信頼性に優れます。

海外FX会社は、多くのトレーダーからお金を預かって運用するため、動くお金も莫大です。

FX会社もFXトレーダーと同じように、いつも順調に利益が入ってくるわけではありません。

ときには損失が大きくなって経営危機に陥ることもあるわけです。

まとまった資金があれば、ロスカットのリスクが小さくなるのと同じで、海外FX会社も安定して運用することができます。

信頼できるFX会社は、資金力があるのも特徴です。

信頼できる会社の特徴⑤ライセンスを保有している

国内FX会社は、日本の金融庁からライセンスを得て運営しています。

世界には数多くの金融ライセンスがあり、ライセンスを取得するためには審査もあるので、ライセンスの取得は一定の信頼性を示します。

海外FX会社の中には、ライセンスの取得をしているところもあれば、ライセンスがないところもあります。

ライセンスの取得がないからと言って、必ずしも危険なFX会社とは限りません。

しかし情報が乏しい中で、信頼できるFX会社を探すなら、ライセンスの取得をしている方が安全です。

FX会社の中には、複数のライセンスを取得しているところもあります。信頼できるFX会社は、ライセンスの保有が多いのも特徴です。

FX初心者が海外FX業者を使ったほうが良い4つの理由と信頼できる会社の特徴まとめ

海外FXは、FX初心者でも安心して取引できるNDD取引やゼロカットシステム、高いレバレッジ、ボーナスがあります。

デモトレードもできるので、実際に取引環境に慣れてからリアルトレードをすることも可能です。

「海外=不安」という気持ちがあるのは当然ですが、それ以上のメリットが海外FXにはあります。

まずは少ない資金から、海外FXを始めてみましょう。

関連|【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説!初心者が勉強しておくべき6つのこと

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です