海外FX初心者のスワップポイントの選び方と初めての人におすすめのスワップポイント業者

海外FX初心者のスワップポイントの選び方と初めての人におすすめのスワップポイント業者

FXをしていると「スワップポイント」という用語を見かける機会がたくさんあります。

FX取引には、為替レートの値動きを予想して利益を得る方法と、通貨の金利差によって生じるスワップポイントで利益を得る方法があります。

海外FX初心者もスワップポイントで利益を増やすことができます。

スワップポイントへの理解を深めることで、投資の幅が広がって利益を増やせるかもしれません。

スワップポイント運用は難しい知識や技術も必要ないため、海外FX初心者にも知っておいて欲しいトレードスタイルです。

そこで今回は、メリットや注意点など海外FX初心者が知っておきたいスワップポイントの基礎知識について解説していきます。

海外FX初心者が抑えておきたいスワップポイントの基礎知識

スワップポイントはFX取引でよく目や耳にする用語です。

ここでは、スワップポイントの基本について解説します。

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、通貨の金利が異なることによって生じる“金利差調整分”です。

スワップポイントの“スワップ”には、“交換”という意味があります。

FX取引で交換するものは通貨ですが、通貨の交換によって生じる金利差がポイントになります。

たとえば、ドルの金利が3%、円の金利が0.1%だった場合、低金利通貨の円でドルを購入すると2.9%の金利差が生じますが、この2.9%の金利差がポイントとして受け取れるわけです。

スワップポイントはいつでももらえるわけではなく、反対に支払わなければならない場合もあります。

上記の例だと、高金利のドルを売って低金利の円を購入して保有すると、マイナスのスワップポイントが発生してポイントの支払いが必要です。

スワップポイントがもらえるタイミング

スワップポイントを受け取るタイミングは1日に1回で、受け取る時間帯はFX業者によって異なります。

土日は市場が休みとなっていますが、土日もポジションを保有していると翌週に土日分のスワップポイントが一緒に受け取れます。

日をまたいでポジションを保有しないスキャルピングやデイトレードにはあまり関係ないですが、日をまたいでポジションを保有するスイングトレードやポジショントレードなどは、スワップポイントが重要になってきます。

初心者にとっての海外FXのスワップポイント運用のメリット

スワップポイント運用は低リスクで取引ができるため、投資経験が浅い海外FX初心者にもおすすめです。

それでは、スワップポイントの魅力について紹介していきます。

ポジションを保有するだけで自動的に利益が増える

スワップポイントを狙ったトレードのメリットは、ポジションを保有するだけで半永久的に利益が増えることです。

為替差益を狙うトレードだと、現在のレートが今後上がるか下がるかを予想する必要があります。

予想が外れてしまうと損失が発生しますが、スワップポイントについては予想する必要もなく損失の発生もありません。

スワップポイントなら、こまめにチャートを確認する必要や、難しい知識や技術も必要ないため、海外FX初心者にも運用しやすいメリットがあります。

ポジションを保有している間に為替差益が発生すれば、スワップポイントと為替差益の二重利益になります。

証拠金維持率が低くロスカットしにくい

スワップポイント運用のリスクとして、為替変動によるロスカットがあります。

スワップポイント狙いはポジションを保有し続けて利益を増やしますが、ポジションを保有している間に為替変動が起こってロスカットすると、これまで積み上げてきたスワップポイントがすべて無駄になります。

スワップポイントの運用は数週間から数年になるケースも多いので、ロスカットには十分に注意しなければなりません。

ロスカットの基準になるのは、「有効証拠金÷必要証拠金×100%」で計算される証拠金維持率で、各FX業者がロスカットの水準として公表しています。

国内FX業者の多くは証拠金維持率100%を下回るとロスカットしますが、海外FX業者はロスカットの水準が0~50%と低めに設定されているため、証拠金が減ってもギリギリまでロスカットしません。

このように、海外FXはロスカットしにくく長期のスワップポイント運用に向いています。

海外FX初心者がスワップポイント運用する注意点

海外FXのスワップポイントにはメリットがたくさんありますが、その一方で注意する点もあります。

ここでは、海外FXのスワップポイント運用における注意点について解説します。

業者でスワップポイントが異なる

金利は国で定めているので、本来ならFX業者によってスワップポイントが変わることはありません。

しかし、FX業者の公式サイトに記載されているスワップポイントは業者によって異なります。

FX業者によってスワップポイントが異なるのは、FX業者がスワップポイントから一定の手数料を差し引いているためです。

FXの取引手数料と言えばスプレッドですが、スプレッドは取引回数ごとに発生する手数料です。

スワップポイント運用は、取引回数が極端に少なくスプレッドを効率よく回収できません。

そこで取引回数が少ないスワップポイント運用のトレーダーからは、毎日発生するスワップポイントの損益から一定の手数料を差し引いてFX業者の利益にしているわけです。

スワップポイントから差し引く手数料はFX業者が決めているので、FX業者によってスワップポイントの違いが出ます。

スワップポイントは変動する場合がある

スワップポイントはレートに比べると変動が少ないものの、まったく変わらないわけではありません。

金利はそれぞれの通貨を発行している国で定期的に見直されています。

そのため、現在はスワップポイントがプラスになっていても、ポジションを保有している間にスワップポイントがマイナスに転じる可能性もあります。

金利が変わってスワップポイントが変動しても、為替変動のように大きな損益は発生しませんが、ハイレバレッジを使って証拠金ギリギリの取引をしている場合は要注意です。

長期運用になるとチャートやスワップポイントの確認を怠りがちですが、最低でも1日に1回はポジションの状況をチェックするようにしましょう。

スワップポイントが大きな通貨ペアは値動きも大きい

スワップポイントが大きな通貨は金利が高い通貨が絡んでいます。

“円、ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージランドドル”などの主要国通貨は低金利状態が続いており、金利が高い通貨は“トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド”などの新興国通貨になります。

新興国通貨は主要国通貨に比べると取引量がかなり少なく、値動きもかなり大きくなっています。

レバレッジを使いすぎたり、証拠金ギリギリでポジションを持ったりすると、急激な為替変動によってロスカットする可能性も高まるので注意が必要です。

海外FX初心者が、新興国通貨でスワップポイント運用するなら証拠金に余裕を持たせて、数倍程度のレバレッジを効かせて運用するとよいでしょう。

まとめ

スワップポイントは、ポジションを保有するだけで利益を増やせるので、海外FX初心者にもおすすめの手法です。

スワップポイント運用の通貨と言えば、トルコリラや南アフリカランドなどの新興国通貨がピックアップされがちですが、ドルや円などの基軸通貨でも海外FXのハイレバレッジを使えばスワップポイントを増やせます。

GEMFOREXのように両立てでスワップポイントを狙える業者もあります。

今回紹介した3社は、いずれもスワップポイント運用に適した条件で取引ができるので海外FX初心者にもおすすめです。

どの業者も豪華なボーナスがあるので元手を増やして取引を始められます。スワップポイント運用をするなら、業者選びもこだわりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です