海外FXのスワップポイントとは?スワップ金利について詳しく解説

海外FXのスワップポイントとは?スワップ金利について詳しく解説

スワップポイントとは?スワップ金利の仕組み

スワップポイント(スワップ金利)とは、通貨によって金利が異なることで発生する利益のことです。

FXは通貨ペアのレート変動を狙った取引で、通貨によって金利が異なるため注文を入れると金利差が発生します。

基軸通貨と言われるドルやユーロ、円などを発行している国は低金利で、資源国などは高い金利になっているのが特徴です。

このように通貨によって金利が異なることから、低い金利の通貨を売って高い金利の通貨を購入すると金利差分の利益が生じることになります。

たとえば、米ドルの金利が0.25%、日本円の金利が0.15%だったとします。

この場合、円でドルを買えば0.1%の金利が差分になるわけですが、この金利分はトレーダーの口座に毎日入金されます。

一方、同じ条件で売りポジションを持つと-0.1%の金利が差分になります。

この場合、毎日金利分のマイナスが発生することになるため、口座からスワップ金利がどんどん差し引かれていく形です。

このように、スワップ金利は買いポジションと売りポジションでプラスかマイナスかに分かれます。

当然、スワップ金利狙いのトレードならスワップ金利がプラスになるポジションを持つことが条件です。

スワップ金利は、ポジションを保有するだけで断続的に入ってくるのが特徴です。

そのためスキャルピングのようにチャートをずっと注視する必要はなく、値動きの小さい通貨ペアなら海外預金のような感覚で利益を狙うことができます。

一日あたりに入ってくるスワップ金利は少ないため、数カ月~数年のポジション保有になるのが一般的です。

スワップポイント(スワップ金利)が入ってくるタイミング

スワップ金利は、1日の最後に市場が閉まるニューヨーク時間が終わると獲得できます。

ニューヨーク時間は日本時間の6時前後になるため、この時間帯をまたぐかどうかによって1日目のスワップ金利が決まります。

たとえば、朝の9時にポジションを持って、翌朝の5時にポジションを決済したとします。

19時間という長い時間のポジションですが、朝の6時をまたいでないため、スワップ金利は入りません。

朝の5時にポジションを持って4時間後の9時にポジションを決済すれば、朝の6時をまたいでいるため、スワップ金利は入ってきます。

長期ポジションを前提としたスワップ狙いではなく、デイトレードでスワップ金利も稼ぎたいという場合は、

ニューヨーク市場が閉まる前に注文を入れて、市場が閉まった後にポジションを決済させるとよいでしょう。

ちなみに、スワップ利益は毎日発生しています。市場が閉まる土日も関係なく入ってくるので、月曜には土日分のスワップポイントを受け取ることができます。

スワップポイント(スワップ金利)を活用した取引

スワップ金利は、リスクが小さい取引方法です。高金利の通貨ペアだと、長期的に高金利を維持することが多く、為替レートのように急激な変化を起こしにくい特徴があります。

ポジションを保有するだけで利益を得ることができるため、他のポジションで損失が出ているときに損失のカバーができるのも特徴です。

スワップ金利は安定性の高いものなので、スキャルピングのように細かい分析は不要です。海外FX初心者でも、スワップ金利を狙って利益を出すことができます。

為替レートはトレーダーの注文に影響を受けますが、スワップ金利は影響を受けません。マイペースに利益を積み重ねていくことができます。

スワップ金利は、レバレッジも反映されます。レートの安定性が高く、プラスのスワップ金利であれば、高いレバレッジをかけて高いスワップ金利を得ることが可能です。

高いレバレッジをかけることで、少ない資金でも大きなスワップ金利を狙うことができます。

為替損益も反映されるため、為替損益で利益が出ている場合は、スワップ金利の利益と合わせて二重の利益を得ることもできます。

スワップポイント(スワップ金利)の注意点

海外FXは、買いポジションと売りポジションともに、スワップ金利がマイナスになっている通貨ペアもあります。

両方ともマイナスになるのは、スワップ金利から一定の手数料が差し引かれていることが理由です。

海外FX会社の収入源は、スプレッドやスワップポイントになります。

スプレッドは一回あたりの取引にかかるコストなので、スキャルピングをするトレーダーから多く回収することができますが、スイングトレーダーからは回収できません。

長期でポジションを保有するトレーダーからも手数料を回収できるよう、スワップポイントにもスプレッドと同じように取引コストがかかってくるのです。

もともと、金利差の小さい通貨ペアだと、手数料の方が大きくなってしまうため、買いポジションも売りポジションもマイナスになります。

そのため、スワップ金利を狙った取引をする場合は、金利差が大きい通貨ペアに注文を入れてポジションを持つ必要があります。

新興国通貨のペアは、相対的にスワップ金利が高いのが特徴です。

ただし、新興国通貨のペアはレートの変動が大きいため、ポジションを持ってもロスカットのリスクがあります。レバレッジを引き下げて運用する措置も必要です。

スワップポイント(スワップ金利)のメリット

スワップポイントは、一定の金額が毎日口座に入金される形になります。

ポジションを保有し続けることができれば、保有期間に応じて貯金のようにスワップポイントが貯まっていきます。

スワップポイントは安定して入ってくるので、利益の見通しがつきやすいのもメリットです。

海外FXは、高いレバレッジをかけて取引できます。レバレッジはスワップポイントにも反映されるため、スワップポイントの利益も大きくなります。

少ない資金でも、しっかりスワップポイントを狙うことができるのもメリットです。

レートの動きなどを見ながら、レバレッジを調整して注文を入れることができます。

スワップポイント狙いのトレードは、基本的に放置したままのスタイルになります。

為替損益を狙ったトレードのように、チャートに張り付いておく必要もありません。

金利の高い海外の口座にお金を預け入れるような感覚でスワップポイントを狙うことができます。レバレッジを引き下げて運用すれば、海外FX初心者も低いリスクで始められます。

スワップポイント(スワップ金利)のデメリット

海外FXのスワップポイントのデメリットは、為替変動リスクがあることです。

コツコツスワップポイントを貯めていても、急激な為替変動が起こってポジションが約定しまうと、これまで貯めてきたスワップポイントは水の泡になってしまいます。

値動きが大きい通貨ペアに注文を入れるときは為替変動リスクに気を付ける必要があります。

スワップポイントが高くなる通貨ペアの多くは、新興国を含む通貨ペアです。

レートの動きが安定しているドルや円、ユーロなどの通貨ペアの組み合わせは、買いポジションから入っても売りポジションから入ってもマイナスのスワップになります。

新興国の通貨を含んでいると、値動きが大きくなりやすいため、値動きでポジションが約定しないように気を付ける必要があります。

高いレバレッジをかけてスワップポイントを狙う場合も、ポジションの強制決済のリスクが高まります。

高いレバレッジはスキャルピングやデイトレードに向いており、トレンドの影響を受けやすいスイングトレードには不向きです。

レバレッジの調整をして注文を入れるのもポイントになります。

海外FXと国内FXのスワップポイント(スワップ金利)を比較

国内FXと海外FXを比較すると、国内FXの方がスワップポイントは相対的に高くなっています。

これは、国内FXのスプレッドの方が狭いのと理由が似通っています。

海外FX会社は透明性の高いインターバンク市場取引なので、利益になるのはスプレッドやスワップポイントです。

一方、国内FXは呑み取引なので、スプレッドやスワップポイントを有利に出来る代わりに、約定力が低くスリッページやリクオート、ストップ狩りなどが起こりやすい特徴があります。

つまり、スワップポイントが高くても他の部分で損をする仕組みになっているわけです。

国内FXは、レバレッジの制限があり、かけられるレバレッジの上限は25倍です。

一方、海外FXだとかけられるレバレッジは100倍から1000倍になります。

国内FXのスワップポイントが高くてもレバレッジに制限があることによって、結果的に高いレバレッジをかけてポジションが持てる海外FXの方が入ってくるスワップポイントは大きくなります。

スワップポイント(スワップ金利)を稼ぐならマイナーな通貨を狙うべき

基軸通貨同士のペアだと、スワップ狙いの取引は難しくなってしまいます。

基軸通貨同士のペアはもともとレートの動きが小さいため、スワップポイント狙いよりも、高いレバレッジをかけて為替差益を狙う取引の方が向いています。

海外FXでスワップポイント狙って取引をするなら、高いスワップポイントになるマイナー通貨が長期ポジション保有で高い利益を出すことができるのでおすすめです。

マイナー通貨は、スプレッドが他の通貨に比べると広めで設定されているのが特徴です。これは取引量が少なく、レートの動きが大きいことに起因しています。

スプレッドは一回の取引に対してかかってくるコストなので、長期ポジション保有が前提となるスワップポイント狙いの取引なら、スプレッドが広くても問題ありません。

マイナー通貨は、レートの上下が激しいため、為替差益が大きくなったときはそのまま約定させて利益を得ることもできます。

つまり、スワップポイントを狙いつつ為替差益も同時に狙うことができるわけです。

海外FXでも安定して高いスワップポイントを狙えるマイナー通貨は、南アフリカランドドルやルーブル、トルコリラ、メキシコペソです。

オーストラリアドルやイギリスポンドなど、比較的値動きが安定している資源国通貨と基軸通貨のペアでもスワップポイントはプラスになります。

スワップポイント(スワップ金利)を狙うときの注意点

海外FXでスワップポイントを狙ったトレードをするなら、必然的に値動きが大きい通貨ペアに注文を入れることになります。

値動きが大きいことは、ロスカットのリスクの高まりにも繋がります。

せっかくポジションを長期保有してスワップポイントをコツコツ稼いでも、ロスカットしてしまうと利益は一円も無くなってしまいます。

ロスカットにならないためには、レバレッジを調整してかけることが大切です。

海外FXは高いレバレッジが魅力ですが、値動きが激しい通貨ペアに高いレバレッジはリスクが高くなります。

海外FXはレバレッジの調整をすることができるので、かけられる資金や取引量、投資する通貨ペアの特徴に応じてレバレッジを調整しましょう。

スワップポイントを稼ぎたいならスプレッドは気にしないべき

海外FXでスプレッドの狭さを重視するトレーダーは少なくありません。

直接的な取引コストになるので、少しでもスプレッドが狭い方がかかる負担は減るからです。

しかしスワップポイントを狙うときは、スプレッドよりもスワップポイントに注目する必要があります。

そもそもスプレッドは一回の取引に対してかかるコストなので、長期運用が基本となるスワップ狙いの取引には重要ではありません。

スプレッドが狭い通貨ペアと言えば、米ドルやユーロ、日本円など基軸通貨同士のペアです。

スプレッドは取引量に応じて変化するため、相対的に取引量が安定していると基軸通貨のペアはスプレッドが狭くなります。

ちなみに取引量が安定しないとスプレッドが広がるのは、レートの動きが大きくなることが原因です。

海外FX会社は、トレーダーの注文を受けて、受けた注文をインターバンク市場に流します。

レートの動きが大きいと、トレーダーから受けた注文とインターバンク市場に流す注文に差が生じ、損失が出ることがあります。

そのため、スプレッドを広げて損失の拡大を防いでいるのです。

スプレッドが広い通貨ペアは、取引量の少ない新興国の通貨を含むペアが中心です。

新興国は金利が高いのが特徴で、金利が低い基軸通貨とのペアで大きな金利差ができるため、高いスワップポイントになります。

そのため、スプレッドが広い通貨ペア=スワップポイントが大きい通貨ペアになりやすいのです。

海外FX業者によってスワップポイントが異なる理由

同じ通貨ペアでも海外FXによって設定されているスワップポイントは異なります。

スワップポイントが高い場合はスプレッドが広く、スワップポイントが低い場合はスプレッドが狭い関係性があるのも特徴です。

これは、スワップポイントのマイナス分をスプレッドで回収し、スプレッドのマイナス分をスワップポイントで回収していることが理由になります。

最初からスワップポイント狙いの取引をするなら、スプレッドが広くてもスワップポイントが高いFX会社を選ぶ方がよいでしょう。

海外FXは、複数の海外FX会社で口座を作って取引することもできます。

スプレッドが狭いスキャルピング専用の口座や、スワップポイントが高いスイングトレード専用の口座を作ってトレードするのも方法の一つです。

為替差益を狙った取引とは違って、海外預金の金利と同じように注文を入れると自動的に収入が増えていくため、管理がしやすいのもメリットになります。

ロールオーバーをしないとスワップポイントは発生しない

ロールオーバーはポジションを翌日に持ち越すことで、スワップポイントはロールオーバーをすると発生します。

いつ発生するのかがポイントになりますが、日本時間のだいたい午前7時頃にスワップポイントは付与されます。

この時間は、ニューヨーク市場のクローズのタイミングです。

午前8時にポジションを持つと23時間後にスワップポイントは付与され、午後11時にポジションを持つと8時間後にスワップポイントは付与されます。

FXは、2営業日後に通貨の決済を行う取引です。それ以上のポジションを保有するためには、決済する日を後延ばしにする必要があります。

本来なら翌営業日に繰り延べするわけですが、ロールオーバーによって自動的に繰り越しを行います。

トレーダーは決済のことを考えることなく、長期でポジションの保有をしてスワップポイントを得ることができるわけです。

土日もスワップポイントは発生しているため、ロールオーバーの処理は同じように行なわれます。

木曜日の朝にロールオーバーの処理を行い、その2営業日後は月曜日です。

月曜日の朝には、スワップポイントが3日分付与される計算になります。祝日を挟んでポジションを持つ場合も同じです。

ロールオーバーが行なわれないと、スワップポイントが発生することはありません。

ロールオーバーと値洗い

ロールオーバーでよく聞くのが、値洗いという言葉です。値洗いとは、現状の資産を再評価する仕組みになります。

値洗いされると、取引ツールにログインした時点で最新の為替レートにおける資産が表示されます。

値洗いがある場合、ロールオーバーのタイミングで同時に行われることが多いのも特徴です。

値洗いがあるロールオーバーだと、スワップ損益は表示されません。

ポジションにスワップ損益が反映される形になるため、為替損益との合算になります。

一方、値洗いがないロールオーバーだと、為替差益とは関係なくスワップポイントが貯まっていきます。為替損益とは別の物として、スワップポイントは取り扱われるわけです。

値洗いなしのロールオーバーだと、決済させたタイミングで損益が確定します。

一方、値洗いありのロールオーバーだと、日々の取引で損益が確定します。

値洗いなしのロールオーバーの方が、自分で損益の確定のタイミングを作りやすいので節税面においてはメリットです。

スワップポイント狙いのトレードは長期のポジション保有が前提になることを考えると、値洗いなしのロールオーバーの方が良いでしょう。

海外FXのスワップポイントとは?スワップ金利について詳しく解説まとめ

海外FXでスワップポイントを狙う場合は、レバレッジの調整がポイントの一つになります。

高いレバレッジを活かすことで、スワップポイントの利益を狙うことは可能です。

ただし為替変動のリスクがあること、トレンドによってはロスカットのリスクが高まるなど、注意する点もあります。

相場を見て、リスクの少ない範囲でスワップポイント狙いのトレードを始めていきましょう。

関連|スワップアービトラージとは?スワップアビトラの仕組みとメリット・デメリット

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です