【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説!初心者が勉強しておくべき6つのこと

【海外FX初心者マニュアル】海外FXを安全に始めるために必要な準備や知識

海外FXというと、初心者にとってはハードルが高いように感じるかもしれません。

しかし、最近では海外FXの利用者が多いため、日本人トレーダーがトレードしやすいように日本語サポートを充実させている海外FX会社も増えています。

そこで、海外FX初心者学校では

  • FXが初めての人
  • 海外FXを始めたい人
  • 国内FXのレバレッジで物足りなくなった人

のために海外FXの始め方から応用編まで全てをレクチャーしていきます。

海外FXの始め方
  1. 海外FXを始めるための準備をする
  2. 初心者に安全な海外FX業者を選ぶ
  3. 審査に申し込む
  4. MT4をダウンロードする
  5. 入金する
  6. 取引をする

【海外FXの始め方STEP①】海外FXを始めるための準備をする

海外FXを始めるために準備するものがいくつかあります。

海外FXを始めるための準備①審査のために必要書類を用意しよう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

海外FXの書類審査で身分証の提出が必要になります。本人確認書類と住所確認書類どちらも用意しておきましょう。

本人確認書類運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード
住所確認書類住民票の写し、水道利用明細書、電気利用明細書、ガス利用明細書、固定電話利用明細書、カード利用明細書

書類の提出は、画像を添付してアップロードするだけなので簡単です。

書類に記載されている内容を細かくチェックして、不備がないか確認しておきましょう。

関連|【海外FX初心者の口座開設】必要な書類や審査内容は?口座開設の流れまとめ

海外FXを始めるための準備②必要な資金を用意しておこう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

海外FXで必要な資金は海外FX業者によって異なり、最低入金額が5000~100,000円と幅広く、入金はクレジットカードや銀行振込で行えます。

海外FX会社はボーナスを用意しているところが多く、最初に用意できる資金が少なくてもボーナスを証拠金として利用すれば入金しなくても取引できる業者もあります。

GEMFOREXは新規口座開設ボーナスの金額が一番多く20,000円なので初心者におすすめです。

海外FXは高いレバレッジが魅力的で、最初のお金が少額でも十分に利益を出せます。

関連|海外FX初心者はいくらから始めればいい?最低入金額と少ない資金で取引ができる理由

海外FXを始めるための準備③ネット銀行やインターネットバンキングを用意しておこう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

今はクレジットカードやビットコインを使って入出金もできますが、いざとなったときにいつでも使える銀行口座があった方が安心です。

ネット銀行やインターネットバンキングで口座を開設していれば、24時間いつでもログインして入金や出金ができます。

今は多くの銀行でインターネットバンキングに対応しています。

日頃から利用している銀行口座がある場合はインターネットバンキングの対応可否をチェックして、対応しているならあらかじめ申し込みしておくとよいでしょう。

関連|海外FXの4つの入金方法まとめ!クレジットカードを使って入出金をする時の注意点

【海外FXの始め方STEP②】初心者に安全な海外FX業者を選ぼう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

海外FX会社の中には、預けていた資金を持ち逃げされたり、出金の申請をしても出金されないトラブルがあったり、異常なスリッページが起こるなど悪質な業者もいます。

国内と違ってトラブルに巻き込まれてしまうと、問題の解決は難しくなってしまいます。

海外FX会社の情報は少ないですが、日本人トレーダーが多く利用している海外FX会社だと、

ウェブサイトやサポートが日本語対応しているため、インターネットでも情報を集めることができます。

実際に利用しているトレーダーの口コミを確認するのもFX会社の信頼性を知るためには有効な方法だと言えるでしょう。

日本人トレーダーの利用を促しているところだと、webサイトやサポートセンターを日本語対応にするなど、日本人でも利用しやすい環境を提供してくれます。

海外FXを選ぶ基準として、レバレッジの高さや約定力の高さなどがありますが、海外FX初心者にとってはいかにストレスなく取引できるかが大事です。

日本語対応の有無は、各海外FX会社のwebページにアクセスすると分かります。

海外FXを始めるための海外FX会社探しは、webページを確認して見やすいかどうかも合わせて確認しておきましょう。

関連|海外FX初心者が海外FX業者を使ったほうが良い4つの理由と信頼できる会社の特徴

【海外FXの始め方STEP③】審査に申し込もう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

海外FXを始めるためには、海外FX会社で口座の開設が必要です。口座を開設するためには、申し込みフォームに必要な情報を入力して審査を受ける必要があります。

FXは普通預金と違って、元本割れのリスクがある金融商品であるため、審査のハードルは高く感じます。

しかし、海外FX会社だと20歳を超えていることが条件になっている以外は、そこまで詳しく審査されない傾向にあります。職業を聞かれることもほとんどありません。

審査の基準となるのは、金融資産の有無です。といっても、国内で金融サービスに申し込みをするのと違って、海外FX会社は金融資産について詳細に調べることは困難です。

自分の身丈をはるかに超えるような金融資産で申し込みをするのはいけませんが、少々多く申請しても問題ありません。

海外FX会社には日本人向けのFXサービスを廃止しているところがあります。

日本人向けのサービスを廃止しているところは、海外FXをする条件が整っていても口座を作ることができないので注意が必要です。

【海外FXの始め方STEP④】MT4をダウンロードする

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

国内でFXをする場合、取引ツールやチャートは口座を開設するFX会社が独自に提供しているサービスを利用するのが一般的です。

しかし、海外FX会社の場合はMT4と言うプラットフォームの利用が一般的で、多くの海外FX会社で使用されています。

MT4を利用して取引する環境を作ることも海外FXの条件です。MT4はインターネットからダウンロードすることが可能で、スマホ用のアプリも開発されています。

MT4は海外で製造されたプラットフォームですが、FX取引で主流となっているため日本語対応もしています。

MT4を導入した後は、口座を開設しているFX会社のサーバー登録をすると取引できます。

MT4を取り入れるためのコストもかからないため、低コストで導入して運用できるのもメリットです。

自動売買プログラムをインストールさせて、自動売買取引できることやテクニカル分析ができるのも魅力です。

一度慣れてしまえば、他の海外FX会社に口座を移して取引をする場合も迷うことがありません。

関連|【MT4】海外FXの取引ツールMT4とは?MT4を利用する理由とメリット・デメリット

【海外FXの始め方STEP⑤】入金しよう

入金するのは海外の口座になるため、国内の金融機関に入金をするのとは異なります。

日本人トレーダーが取引しやすいよう簡単な入金方法のところもあります。

  • クレジットカード
  • Paypal
  • 国内銀行振込
  • ビットコイン

極力トレーダーの負担が少ないように手数料も抑えているところがほとんどです。

何度も入金をするなら手数料がより小さいクレジットカードを使って、まとめて入金するなら安全に入金ができる電子決済サービスを使うなど、

入金のタイミングや金額に応じて入金方法を変えていくとよいでしょう。

関連|海外FXの4つの入金方法まとめ!クレジットカードを使って入出金をする時の注意点

【海外FXの始め方STEP⑥】実際に取引してみる

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

ここまでのステップをクリアしたので、実際に取引をできるところまで進みました。

しかし、初心者の方は証拠金の計算やロスカットなど勉強すべきことがたくさんありますので、十分に勉強してから取引するようにしましょう。

海外FXは高いレバレッジの取引が基本であるため、損失も拡大しやすい特徴があります。

ただ、トレードをするのではなく、複数のポジションを保有することや口座を使ってリスク分散することも大切です。

海外FX初心者が勉強しておくべき6つのこと
  1. デモ口座で練習しよう
  2. ロスカットの仕組みと計算方法
  3. 海外FXはゼロカットシステムで追証がない
  4. 日本語サポートがある業者を選ぼう
  5. 取引時間は何時から?24時間取引できるの?
  6. 海外FX初心者はどの通貨で取引したらいいの?

海外FX初心者が勉強しておくべきこと①海外FX初心者はデモ口座で練習しよう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

海外FX会社にはデモ口座があり、実際と同じ取引ツールを使ってトレードすることができます。

リアルトレードとの違いは、投資するお金が実際のお金ではなく仮想のお金であることです。デモトレードだけなら、1円も使うことなくFXトレードの体験ができます。

海外FX会社でデモ口座を作ってトレードする場合は、高いレバレッジをかけてのトレードを体感してみましょう。

はじめて海外FXをする人にとって、国内のトレードと大きく異なるのはやはりレバレッジの高さです。

少ない資金でも高いレバレッジのおかげで、小さな値動きで発生する利益は大きくなります。しかし、損失側に値動きしてしまうとあっという間にロスカットです。

デモ口座でトレードして損失が出ても、資金が減るわけではありません。

高いレバレッジをかけてトレードした場合の勝率、適しているレバレッジの数値などもデモトレードをする中で意識しておくとよいでしょう。

関連|【デモ口座】海外FX初心者はデモ口座から始めよう!デモ口座のメリットと注意点

海外FX初心者が知っておくべきこと②ロスカットの仕組みと計算方法

ロスカットは強制的にポジションを決済する仕組みです。

FXでレバレッジをかけた取引をすると、相場が急激に動いたときに予想以上の損失が発生します。

損失が一定の割合を超えてしまったときに自動的にロスカットしてくれることで、大きな損失が発生するのを防げるわけです。

ロスカットの値は、「必要証拠金×証拠金維持率」で計算することができます。

必要証拠金は、「取引金額÷レバレッジ」で計算することができます。

たとえば、1ドル100円で1000通貨(取引金額10万円)の取引をする場合に100倍のレバレッジをかけて取引するなら、必要証拠金は1000円です。

証拠金維持率が100%の場合だと、口座の残高が1000円を下回るとロスカットが発動します。

証拠金維持率が50%の場合だと、「必要証拠金1000円×50%」になるので、口座の残高が500円を下回るとロスカットです。

証拠金維持率はFX会社によって設定している値が異なります。証拠金維持率が高いほど、ロスカットまでのスピードは早くなります。

関連|海外FXの必要証拠金の計算は?レバレッジと証拠金の関係とマージンコールについて

海外FX初心者が勉強しておくべきこと③海外FXはゼロカットシステムで追証がない

海外FXは、ゼロカットシステムを導入している会社がほとんどです。

このシステムは、ロスカットが間に合わず、口座の中がマイナスになってしまっても0円にリセットするというものです。

ゼロカットシステムの発動によって生じたマイナス分は、海外FX会社が負担をしています。

国内FXを利用しているトレーダーの多くは日本人ですが、海外FXを利用しているトレーダーは、さまざまな国のトレーダーです。

国内だけなら追証でお金を請求することはむずかしくありませんが、世界中に散らばるトレーダーから追証でお金を請求することは非現実的です。

海外FX会社は、ゼロカットシステムによる損失をカバーできるように、スプレッドを広めにとって保険をかけているので、追証なしのサービスが提供できます。

ちなみに、海外FXは高いレバレッジをかけて取引できる特徴があり、会社によっては1000倍を超えるレバレッジでのトレードが可能です。

これだけ高いレバレッジをかけてトレーダーが取引できるのは、やはり追証がなく預けていたお金以上の損失が出るリスクが小さいことも理由としてあります。

関連|ゼロカットとロスカットの違いは?ロスカットの計算方法と損切りが必要な理由

海外FX初心者が勉強しておくべきこと④日本語サポートがある業者を選ぼう

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

英語ができない人にとって、海外FX会社で重要なのは日本語サポートの有無です。

翻訳機能などを使って、ある程度はwebサイトに記載されている内容も分かります。

しかし、急を要する時に日本語対応してないと手間がかかります。言語のせいでチャンスを逃してしまうかもしれません。

日本人の利用が多い海外FX会社なら、日本語サポートが充実しており、電話やメールも日本語で対応してくれます。

しかし、日本から撤退している海外FX会社もあり、この場合はwebサイトの時点で日本語に対応していません。

条件が良くても、日本人向けのサポートがある方がトレードでは安心です。

取引ツールは、デフォルトで日本語対応しているMT4を導入している海外FX会社が多くあります。

言語に対しての問題はありませんが、日本人向けサポートがあるところだと、MT4の使い方を日本語で紹介しているところもあります。

webサイトや電話、メールの対応やマニュアルを中心に、日本語対応になっているかどうかを確認しましょう。

関連|海外FX初心者の人も安心!海外FX業者の5つの日本語サポート

海外FX初心者が勉強しておくべきこと⑤海外FXの取引時間は何時から?24時間取引できるの?

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

FXは平日24時間いつでも取引ができる投資です。それでは各国の市場がオープンしている時間を見てみましょう。

  • 東京市場(9:00~17:00)
  • ロンドン市場(17:00~1:00)
  • ニューヨーク市場(22:00~7:00)

22時から1時までの3時間は、ロンドン市場とニューヨーク市場のオープンが重なっています。

この時間帯前後が一日の中で、もっとも取引が活発に行なわれる時間帯です。

21時を超えたあたりから、急な値動きが起こることもあるので、「寝て起きたらポジションが飛んでいた」何てことも起こり得ます。

また、7時から9時までの2時間は、すべての市場がクローズしている時間帯です。この時間帯は一日の中で取引量がもっとも少なくなります。

取引量が少なくなると流動性が低下するので、レートが急に飛ぶ場合があります。

海外FX初心者は、市場のオープンやクローズの時間を意識して流動性の高い時間帯を狙って取引することをおすすめします。

関連|海外FXの取引時間は24時間?イベントや取引時間で気を付けるべきこと

海外FX初心者が勉強しておくべきこと⑥海外FX初心者におすすめの通貨ペアは円・ドル・ユーロ

【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説

初心者が取引におすすめの通貨は、FX市場で取引数の多い円・ドル・ユーロです。

安定性が高いことによってレートの動きは緩やかなので、注文を入れてもいきなりレート変動が起こってロスカットすることもほとんどありません。

そして、安定性の高い通貨で取引するもう一つのメリット、はスプレッドの狭さです。

スプレッドは買値と売値の差で、レートの動きが大きい通貨ペアになるほど、買値と売値の差は大きくなるので取引コストは増します。

スプレッドはトレーダーが重視する要素なので、海外FX会社もウェブページに各通貨ペアのスプレッドを表記しています。

その中で、最小スプレッドになっているのは円・ドル・ユーロの組み合わせです。

取引コストが小さく、なおかつロスカットのリスクが小さいため、初心者に向いていると言えるでしょう。

ただし、常にレートの動きが小さいわけではなく、経済指標の発表があった場合や世界経済に影響を及ぼす災害やテロなどが起こると、急激にレートが動くこともあるので油断は禁物です。

関連|海外FX初心者におすすめの通貨はドル・ユーロ・円!各通貨ペアの特徴を解説

関連|海外FX初心者が知っておくべき10のメリットと6つのデメリット

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です