【必要証拠金】海外FXの証拠金の計算方法を初心者にもわかりやすく解説

【必要証拠金】海外FXの証拠金の計算方法を初心者にもわかりやすく解説

海外FX取引をしていると「証拠金」という言葉を見かける機会が多くあります。

証拠金は取引に必要な資金ですが、資金管理のためにも仕組みや証拠金の種類を覚えておきましょう

今回は海外FX初心者が知っておきたい証拠金の種類や計算方法について解説します。

必要証拠金とは

必要証拠金とは、取引をするために最低限必要になる証拠金で最低証拠金と呼ばれる場合もあります。

たとえば、1ドル100円の通貨を1000通貨取引するために必要な資金は「100円×1000通貨=10万円」になりますが、この10万円が必要証拠金と呼ばれる証拠金です。

必要証拠金の計算は簡単に感じるかもしれませんが、実際のFX取引はレバレッジを使って取引をするため、レバレッジも含めて必要証拠金の計算をしなければなりません。

FXの必要証拠金の計算方法は次の通りです。

「必要証拠金=レート×取引単位÷レバレッジ」

それでは必要証拠金の計算例を見ていきましょう。

例①レバレッジ10倍で1ドル110円のレートで1000通貨の取引の場合

  • 1ドル110円×1000通貨÷レバレッジ10倍=必要証拠金1万1100円

例②レバレッジ100倍で1ドル110円のレートで1万通貨の取引

  • 1ドル110円×1万通貨÷レバレッジ100倍=必要証拠金1万1100円

レートと取引量が変わらないのであれば、必要証拠金はレバレッジが大きいほど少なく、レバレッジが小さいほど多く必要になります。

レートとレバレッジが変わらないのであれば、必要証拠金は取引量が少ないほど少なく、取引量が多いほど多く必要になります。

海外FXの魅力の1つに、「ハイレバレッジが使えるので少ない資金で取引ができる!」と挙げる人もいますが、これは大きなレバレッジによって必要証拠金を減らせるためです。

証拠金維持率とは

有効証拠金や必要証拠金の仕組みを覚えたら、次に知っておきたいのが証拠金維持率です。

証拠金維持率はロスカットの目安にも使用され、資金管理をするために欠かせない要素になります。

ここでは証拠金維持率とその計算方法について紹介していきます。

証拠金維持率とは、時価評価総額に対する必要証拠金を示すFXの常用語ですが、ロスカットやマージンコールの目安に使われています。

ロスカットとはポジションの含み損が一定水準を下回った場合に、更なる損失が出ないように取引を強制終了させるシステムです。

ロスカットがあるおかげで、レバレッジを使って証拠金以上の取引ができます。

マージンコールとはポジションの含み損が一定水準を下回った場合に、更なる損失が出ないように警告してくれるシステムです。

ロスカットが発動する前段階の警告であり、マージンコールを無視して含み損が増えるとロスカットされます。

ロスカットにもマージンコールにも「一定水準」という単語が出てきますが、この一定水準がFX業者の定める証拠金維持率です。

FX業者は証拠金維持率をもとに、マージンコールやロスカットを行っています。

海外FXの場合、ロスカットの水準となる証拠金維持率が20%~100%、マージンコールだと証拠金維持率が50%~150%前後に設定されています。

証拠金の計算に便利なシミュレーター

必要証拠金や証拠金維持率などは計算式に当てはめて自分で計算することもできますが、いちいち計算するのは面倒と感じる人も多いでしょう。

必要証拠金や証拠金維持率を簡単に求める方法として、FX証拠金シミュレーターを利用する方法があります。

  • 純資産額
  • 通貨ペア
  • レート
  • 最大レバレッジ
  • 取引数量
  • ロスカット証拠金維持率

などを入力すると、必要証拠金やロスカットが執行されるレート、ロスカットによる損失などが自動で算出されます。

レバレッジは最大1000倍まで設定できるので、海外FXにも使える便利なシミュレーターです。

主要海外FX会社の証拠金維持率を比較

以下に主要海外FX会社のロスカット水準となる証拠金維持率をまとめています。

 業者名最低入金額ロスカットの証拠金維持率最大レバレッジ
GEMFOREX100円20%以下1000倍
XM500円20%以下888倍
TRADEVIEW100円100%以下500倍
LAND FX1万円30%以下500倍
is6com100円50%以下1000倍

GEMFOREXやXMはロスカットの証拠金維持率が20%以下と低く、TRADEVIEWは

証拠金維持率が100%以下と高い水準になっています。

証拠金の管理は損切りで調整しよう

ロスカットによって大きな損失を出さないためには、損切りをして証拠金の調整を行うのがコツです。

損切りとは含み損が出ているポジションを手動で決済させることで、損切りをして損失が確定しますが、それ以上の損失を防いでロスカットを防止できるメリットがあります。

初心者は負けを認めたくないことや損失が確定することへの恐怖心から損切りを嫌う傾向にありますが、損切りができずにポジションを放置した結果、ロスカットで資金を大きく失うのが初心者の代表的な負けパターンです。

初心者は証拠金維持率を大きく減らさないためにも、1回の取引で許容できる損失を有効証拠金の2%以内に留め、それ以上の損失が発生したら損切りすることをおすすめします。

たとえば、有効証拠金が10万円・必要証拠金が1万円で取引する場合に、証拠金維持率は「10万円÷1万円×100%=1000%」ですが、損切りラインを有効証拠金の2%に設定すると有効証拠金が9万8000円になった時点で損切りになります。

この場合の証拠金維持率は、「9万8000円÷1万円×100%=980%」になるため、証拠金維持率も2%の減少に抑えられます。

次に取引する場合、9万8000円の2%にあたる1960円が損切りラインになるため、9万6040円になったタイミングで損切りをしましょう。

損切りができない海外FX初心者は多いですが、「2%で損切りをする」というルールを決めておけばルールに沿って取引をするだけなので簡単に損切りができます。

【必要証拠金】海外FXの証拠金の計算方法を初心者にもわかりやすく解説まとめ

海外FX初心者が知っておきたい証拠金の種類や計算方法について解説しました。

まずは「有効証拠金」、「必要証拠金」、「証拠金維持率」の3つの証拠金について正しく理解しておきましょう。

証拠金の計算は難しくないですが、面倒と感じる場合は証拠金シミュレーターの利用をおすすめします。

証拠金を適切に管理するためにはこまめに損切りを行い、大きな損失を出さないように注意する必要もあります。

FX取引で特に重要になるのはロスカットの水準となる証拠金維持率なので、現在の証拠金維持率の状況や、利用している海外FX業者の証拠金維持率がどれくらいに設定されているかを確認してから取引をしましょう。

【初心者におすすめ】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
 
海外FX初心者
GEMFOREXは初心者におすすめ完全日本語サポートの海外FX業者よ。
新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは初心者におすすめ海外FX業者です!
【海外FX初心者向け】海外FXの始め方ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です