海外FXの必要証拠金の計算は?レバレッジと証拠金の関係とマージンコールについて

海外FXの必要証拠金の計算は?レバレッジと証拠金の関係とマージンコールについて

FXは外国為替証拠金取引のことで、取引するためには担保となる証拠金が必要です。

FX会社で口座を開設して、その口座に証拠金を入金して運用します。証拠金が担保の扱いになっているのは、証拠金以上の大きな取引を実現するレバレッジがあるからです。

今回は、海外FXをする上で欠かせないレバレッジと証拠金の関係について解説していきます。

レバレッジと証拠金の関係

FXはレバレッジをかけて取引できる投資として人気です。

レバレッジをかけることによって、証拠金の数倍から数千倍の金額で取引することができます。

国内FXではレバレッジが上限25倍に規制されているので、それ以上のレバレッジをかけることはできません。

海外FXではレバレッジの規制がないので、FX会社によっては1000倍を超えるレバレッジで取引することも可能です。

レバレッジをかけて取引をすると、損益が大きくなります。少ない証拠金でも高いレバレッジをかけて予想通りに相場が動けば、大きな利益を得ることができます。

FXは差金決済が行なわれており、通常の商品を売買するときのように、取引の度にお金のやりとりをしているわけではありません。

取引で生まれた差額だけを取引しているので、大きなレバレッジをかけた取引ができるのです。

国内FXから海外FXに移行するトレーダーの多くは、国内FXのレバレッジに満足してないことが理由です。

国内FXのレバレッジは引き下げられており、今後もさらに制限がかかると言われています。

レバレッジは取引のリスクを高めると思われがちですが、トレーダーの選択肢を広げる仕組みであることを覚えておきましょう。

海外FXの必要証拠金とは?

ポジションを維持するために必要となる証拠金が、必要証拠金です。

必要証拠金は、通貨のレート×通貨単位×数量÷レバレッジで計算することができます。

たとえば、1ドル100円の通貨を1万もっていて、レバレッジが10倍なら「100円×10000×1÷10=10万円」で、必要証拠金は10万円になります。

必要証拠金がそのままロスカットラインになる場合もあります。つまり、口座の残高が10万円を下回ってしまうと強制的に決済されるわけです。

必要証拠金は、レバレッジに比例して下がります。レバレッジを100倍にすると、「100円×10000×1÷100=1万円」となり、必要証拠金は1万円です。

レバレッジを高くすれば、するほど必要な資金は少なくなります。

海外FXは高いレバレッジが魅力であり、リスクとも言われています。ロスカットに比例して値動きが大きくなることが理由です。

しかし、レバレッジが高くなると必要証拠金は少なくなるため、同じ取引量で考えるとレバレッジが高くなるほど損失のリスクを減らすことができます。

海外FXの有効証拠金とは?

有効証拠金は、FX会社が預かっている取引証拠金に、含み損や含み益を加えた金額です。FXの損益は約定するまで決まりません。

しかし、ポジションを持っていると、約定しなくても、約定した場合にどれくらいの利益や損失が生じているのかリアルタイムに表示されます。

含み益が出ていると取引証拠金に利益分が加算され、含み損が出ていると取引証拠金に含み損が減算されるわけです。スワップポイントの損益も含まれます。

有効証拠金から必要証拠金を差し引いた金額が、取引できる金額の範囲になります。

為替差損が大きくなって、必要証拠金を下回ってしまうとロスカットが発動されます。有効証拠金はレートの変化によって刻々と変化しているため、ポジションの利益が増えていくと有効証拠金もあわせて増加します。

海外FXの証拠金維持率とは?

証拠金維持率は、トレードの危険性を表す指標の一つです。

証拠金維持率は「有効証拠金÷必要証拠金×100」で計算することができます。

たとえば、証拠金が5万円あったとします。レバレッジが100倍で、1ドル100円の通貨を1万通貨持つときの必要証拠金は1万円です。

含み損や含み益が出てない場合、有効証拠金は「有効証拠金5万円+含み損益0円=5万円」になります。この場合の証拠金維持率は、「50000円÷10000円×100」=500%です。

では、1ドルが99円まで下がるとどうなるでしょうか?

含み損は1万円になり、有効証拠金は4万円になります。この場合の証拠金維持率は、「40000円÷10000円×100」=400%です。

このように、含み損が増えていくほど証拠金維持率は下がる特徴があります。

ちなみに海外FX会社によってロスカットの基準となる証拠金維持率は変わります。証拠金維持率が50%のところもあれば、100%のところもあります。

上記の例だと、証拠金維持率が100%だと5円の値動きまで耐えることができます。証拠金維持率が50%だと5.5円の値動きまで耐えられます。

証拠金維持率が高いほど、ロスカットまでの値幅は小さくなります。

海外FXのレバレッジと証拠金の重要性

高いレバレッジのリスクとなるのは、ロスカットです。ロスカットは本来、トレーダーの資金を守るための仕組みです。

ロスカットのおかげですべての資金を失うことはないものの、強制的に決済されることで大きな損失が確定してしまいます。

必要証拠金や証拠金維持率を把握し、ロスカットのリスクを把握することがレバレッジのリスク管理です。

海外FXはスキャルピングが主流で、損切決済をするのも基本になります。何度も取引をし、利益と損失を出して、トータルで利益を狙っていくトレードスタイルです。

高いレバレッジをかけて複数のポジションを持っていると、有効証拠金があっという間に減ってしまいます。ポジションを持ちすぎないことも大切です。

証拠金以上の損失について

国内FXだと、証拠金以上の損失に対して追証という形で請求を受けます。本来ならロスカットが発動するため、証拠金以上の損失が出ることはありません。

しかし、急激なレート変化が起こっているときは、ロスカットが間に合わず証拠金以上の損失が出てしまうこともあるのです。

国内FXのレバレッジに制限があるのは、追証のリスクがあることも理由の一つになります。

海外FXも急激なレート変化が起こると、ロスカットが間に合わず、証拠金以上の損失が出る可能性があります。

しかし、国内FXとは違って追証を受けないのが一般的です。追証を受けないのは、ゼロカットシステムを導入していることが理由になります。

このシステムによって、証拠金以上の損失が出てもトレーダーの資金は守られるわけです。海外FXは、高いレバレッジをかけても安心してトレードできる仕組みになっています。

マージンコールについて

FXでは、有効証拠金や証拠金維持率が一定水準を下回るとマージンコールが発動します。

有効証拠金が減ってロスカットに近づいているため、資金を口座に入れて有効証拠金を増やすことを促す仕組みです。

レートは上下変動を繰り返しているため、追加入金をしてロスカットを乗り切ることができれば、損失を防げる可能性もあります。

マージンコールがかかったときに、有効証拠金を増やすことはリスクもある点に注意が必要です。

入金をしてもレートの動きが変わらないと、どんどん有効証拠金が減って追加入金した金額も含めてロスカットしてしまう場合があります。

この場合、損切りをして、新たにポジションを持つ資金に使った方が得策です。有効証拠金を増やす方法は、自分で入金する方法とポジションが利益を出す方法の二つです。

ポジションが利益を出して含み益を出していくのが理想の形になります。マージンコールに応える場合は、持っている資金の余裕度合いなども合わせて考える必要があります。

関連記事|海外FXレバレッジの計算方法は?最大許容損失額の設定で気を付けること

関連記事|海外FXのロスカットとは?計算方法とロスカットが必要な理由

まとめ

レバレッジが高いほど、必要証拠金が少なくなることや証拠金維持率が大きくなるメリットがあります。

海外FXは高いレバレッジが危険と言われますが、証拠金とレバレッジの関係を見れば危険ではないことが明白です。

レバレッジと証拠金を適正に管理すれば、高いレバレッジでも安全に運用することができます。

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です