海外FXの出金方法とルールは?出金の際の手数料

海外FXの出金方法とルールは?出金の際の手数料

海外FXがしたくても、「出金のやり方が分からない」「海外FXは出金トラブルが多そう」などの理由から口座開設ができない人もいます。

海外FXでは、いくつか出金方法が用意されており、その中で自分がやりやすい方法を選択して出金できます。

今回は海外FXの出金方法や、出金にかかる手数料について紹介していきます。

海外FX会社の出金に関するルールを確認しておこう

海外FX会社で入出金するときは、マネーロンダリング対策として出金と入金の経路が同じでなければなりません。

クレジットカードで入金をしたのであれば、出金方法もクレジットカードです。クレジットカードで入金して、銀行振込で出金することはできません。

ただし、トレードを通じて発生した利益に対しての出金に関しては、出金の方法と同一である必要はありません。

たとえば、最初に10万円の入金し、FXで10万円の利益が出ると口座の残高は約20万円です。後から増えた10万円に対しては、バーチャルマネーを使って出金することができます。

海外FXの出金ルール

海外FXは、入金方法と出金方法を同じにするルールがあります。

これは、麻薬や詐欺などの犯罪に使われたお金が資金洗浄されるのを防ぐためです。

資金洗浄のことをマネーロンダリングと言いますが、海外FXは国をまたいで行うFX取引なのでマネーロンダリングに使われやすい特徴があります。

他にも入金方法と出金方法を揃えることで名義の整合性が取れるため、信頼性が高くなります。

海外FX会社の審査では、国が異なることで十分に把握できない部分もあります。

入金方法と出金方法を揃えることは、口座開設の申し込みをしている人が信頼できるかどうかを確かめることにもつながるのです。

海外FXで出金拒否をされたという声は少なくありません。

入金方法とは別の方法で出金しようとしたトレーダーに対し、ほとんどの海外FX会社は出金拒否の措置を取ります。

出金拒否の多くは、海外FX会社が原因ではなくトレーダーが原因になっています。入金と出金方法を揃えるというルールを覚えておきましょう。

クレジットカードの出金と手数料

海外FXの入金方法としてよく使われているのが、クレジットカード入金です。

クレジットカード入金のメリットは、いつでも簡単に入金できることです。

クレジットカードで入金すると、ポイントを貯められるメリットもあります。

世界で多く使用されているVISAカードなら、クレジットカード入金に対応している海外FX会社でほとんど使えます。入金にかかる手数料は基本的に無料です。

クレジットカードで入金したお金を出金する場合、クレジットカードに払い戻しという形が取られます。

注意点としては、クレジットカード入金はショッピング枠のキャンセル扱いとなるので、入金した金額までしか出金することができないことです。

つまり、クレジットカード入金をした後に取引で発生した利益分については、他の方法で出金する必要があります。

入金と出金を揃えないといけないルールは、あくまでも入金したお金に対してです。

クレジットカード出金は入金のキャンセル措置になるので、出金手数料は無料になります。

海外送金と手数料

海外送金は、海外FX会社から海外の銀行を経由して国内の銀行口座に振り込む方法です。

マネーロンダリングを防止するため、入金する口座と出金先の口座は同一である必要があります。

海外出金の場合だと、手続きしてから指定の口座に振り込まれるまで数日程度の時間が必要です。

これは海外の銀行を介して出金するので、余計に時間がかかってしまうことが理由になります。

海外送金にかかる手数料は、3000円~6000円程度です。

手数料が高いのは海外FX会社の口座から中継銀行に出金する際に手数料がかかり、中継銀行からトレーダーの口座に送金する際に手数料がかかることが理由になります。

二つの手数料が発生することで、海外送金にかかる手数料が大きくなるわけです。

また、海外FX会社の中には別途で手数料を徴収している場合もあるので、口座開設をする前に海外送金でかかる手数料を確認しておく必要があります。

デビットカードの出金と手数料

海外FX会社の中には、デビットカードの出金に対応しているところもあります。

デビットカードは銀行が発行しているカードで、預けているお金を即時出金できるのが特徴です。

クレジットカードと違い、現在あるお金を使う仕組みなので、クレジットカードに比べてカード作成の審査は緩めになります。

クレジットカードが作れない人におすすめの出金方法です。

デビットカードのメリットは即時入金できることです。

出金先は、デビットカードからお金が引き落とされる口座になります。

デビットカードの出金手数料は、出金額に対して数%に設定されています。

1%の出金手数料なら、1万円の出金に対してかかる手数料は100円です。

銀行送金のように、一回あたりの出金手数料が固定されているわけではないので、少ない金額でも出金しやすいメリットがあります。

電子決済サービスの出金と手数料

海外会社の一部は、電子決済サービスに対応しています。出金を申請したら、その日のうちに指定の電子決済サービスに着金されます。

海外FXの口座から電子決済サービスへの出金手数料は、だいたい無料~出金額の1%以下です。

ただし、電子決済サービスによる出金は、電子決済サービスから国内銀行口座への出金にも手数料がかかります。

国内銀行への出金手数料は、だいたい1000円~出金額の2%以下です。それでも海外送金と比較すると、出金スピードが早く出金手数料は安くなっています。

電子決済サービスの利用における注意点は、日本語対応してないところが多いことです。

もともと電子決済サービスを利用している人なら流れも分かるので問題ないですが、新規に電子決済サービスを利用して出金方法にするのは手間がかかります。

クレジットカードやデビットカードの作成ができないときに、電子決済サービスを利用するとよいでしょう。

ビットコインを使った出金方法

ビットコインに対応している海外FX会社が増えています。

ビットコイン専用の口座を作って日本円でビットコインを買い、ビットコイン専用の口座で入金することや出金できます。

ビットコインは出金でも手数料無料のところが多く、手数料がかかるところでも一定の出金額を超えていると無料になる場合があります。

ビットコインは入金した金額と同額の出金しかできません。

ただし、今後は入金した金額よりも超える金額を出金できるように体制を整えている海外FX会社も多いため、今後はさらに便利に出金できるようになるかもしれません。

ビットコインはレートの変動があります。そのため、ビットコインの入出金にかかるコストがかからなくても、ビットコインのレートによっては他の方法で出金するコストの方が下がることもあります。

知っておきたい出金拒否のこと

海外FX会社は数が多く、サービスも会社によって違います。

悪質な会社もありますが、国内FX会社と比べると情報が少ないことで優良なFX会社と悪質なFX会社の判断がむずかしい部分もあります。

悪質な海外FX会社で運悪く口座を作ってしまった場合に、出金拒否を受けることがあります。

出金の申請を行ってもFX会社が応じず、資金を受け取ることができないままになります。

国内FX会社だと、出金拒否をされても会社に出向いて交渉することもできます。

しかし、海外FX会社だと困難です。出金拒否するFX会社の中には、倒産したことにして連絡が取れなくなるところもあります。

入金して、トレードで勝って利益を積み上げて、いざ出金しようと思ってお金が持ち逃げされる事例もあります。

FXトレードの条件がいいFX会社でも、出金が拒否されてしまっては意味がありません。

海外FX会社を選ぶときは、日本人トレーダーからの評判や知名度、過去のトラブルの有無などを参考に、出金トラブルがないFX会社を探しましょう。

最後に

海外FX会社は、国内FX会社に比べると入出金にコストがかかります。

もちろん、それ以上に海外FX会社でトレードするメリットもあるので、海外FX会社に口座を作るトレーダーもいるわけです。

海外FX会社初心者は、国内FX会社よりも入出金のタイミングに敏感になる必要があります。

入出金の方法のバリエーションから海外FX会社選びを行うとよいでしょう。

関連|【海外FX初心者マニュアル】海外FXの始め方から取引まで徹底解説!初心者が勉強しておくべき6つのこと

関連|海外FXの4つの入金方法まとめ!クレジットカードを使って入出金をする時の注意点

関連|海外FXの取引手数料の種類は?入出金にかかる取引手数料

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です