海外FXで出金拒否される原因は?出金拒否の事例と現状

海外FXで出金拒否される原因は?出金拒否の事例と現状

海外FX初心者にとって、FX会社の出金拒否は不安要素の一つです。

FXで勝って利益が増えても、口座から出金できないと意味がありません。

国内FXのように、口座を開設する金融機関が近くにないのですぐに対応してもらえるとも限りません。

今回は、海外FXの出金拒否の有無や拒否される原因について解説していきます。

海外FXの出金拒否の現状

初心者が海外FXの情報集めをしていると、ネガティブな情報として入ってきやすいのが出金拒否です。

出金拒否とは、FX用口座に預けているお金を引き出そうとすると、金融機関に拒否されてしまうことを言います。

銀行に預けているお金を引き出そうとして、銀行に拒否されるのと同じことです。

預けているお金が戻ってこないと聞くと、不安になるのは当然です。実際に海外FXでは、情報通りに出金拒否が起こるケースはあります。

しかし、悪質な業者や倒産しそうなFX会社で出金拒否が起こるとは限りません。

トレーダー自身に原因があって、出金拒否になることも珍しくないのです。海外FXの出金拒否は未然に防げる場合もあります。

海外FXへの間違った認識

海外FXは、海外のFX会社で口座を開設してトレードします。

日本に籍があるFX会社は、日本の金融庁の許可を得てからトレードをしているので、レバレッジの規制や信託保全の義務などのルールが適用されています。

悪質なFX会社による意図的な出金拒否が起こることはほとんどありません。

一方、海外FXは日本のライセンスを取得していません。

ただし、日本のライセンスが無いから危険というわけではなく、他国の金融ライセンスを取得している安全な海外FX会社もあれば、まったく金融ライセンスを取得してない海外FX会社もあるのです。

倒産が近くて顧客の資金を持ち出すために出金拒否を行う海外FX会社は実際にあります。

詐欺の目的で出金拒否をしている多くは、ライセンスの取得がないFX会社です。もちろん、ライセンスの取得がなくても信頼できるFX会社はあります。

一方の、ライセンスを取得している海外FX会社の中でも、口コミを見ると出金拒否されたという報告を見かけます。

いわゆる海外の優良業者を利用して出金拒否される場合は、いくつかのパターンが考えられます。

申し込み情報と出金先情報が異なると出金拒否

海外FXを始めるためには、身分証明書や住所証明書の提出が必要です。

身分証明書は運転免許証や保険証、パスポートなどの使用ができ、住所証明書は住民票や公共料金の支払い明細書などが使用できます。

海外FXの場合は、専用申し込みフォームや画像データとして提出するのが一般的です。

海外FXは詳しく勤務先や収入の状況を調べることはありません。海外FX会社にとって、海外ユーザーの個人情報を詳細に調べることは困難だからです。

ただし、リスクを最小限に抑えるために提出した書類の提出と出金先の情報を照合し、申し込み情報の信頼性は確認しています。

申し込み情報と出金先情報が異なると、海外FX会社が出金拒否という形を取ります。

これは麻薬取引や脱税など犯罪によって得られたお金が、FX取引に流れてしまう「マネーロンダリング」を防止する狙いがあります。

もちろん、申し込み情報と出金先情報が異なるのはマネーロンダリングだけが原因ではありません。

引越しに伴う住所変更手続きができていない場合、申し込みフォームへの入力間違いも原因の一つです。

出金拒否が起こったとき、海外FX会社から原因を丁寧に分かりやすく伝えてくれるところはありません。

サポートサービスを利用して、こちらから出金拒否になっていることを伝えて、海外FX会社に対応してもらう必要があります。

この際、日本語サポートがないと出金拒否の原因自体が分からないままになる場合もあるので、日本語サポートがある海外FX会社を選ぶことが大事です。

海外FX会社の利用規約に違反することによる出金拒否

海外FX会社にも、それぞれの会社に利用規約が存在しています。各FX会社によって規約が異なるため、A会社では問題ない取引の方法でもB会社だと違反になることもあるのです。

国内FXから海外FXに移行するトレーダーは、国内FXと海外FXの違いにも注意しなければなりません。利用規約に違反すると、出金拒否の措置が取られます。

利用規約に違反するケースとして、アービトラージやスキャルピング、ボーナスを悪用した取引、レートエラーを利用した取引などです。

この中で、アービトラージとスキャルピングに関しては、許容されている海外FX会社も多くあります。

ボーナス悪用やレートエラーを狙った取引は、ほとんどの海外FX会社で規約違反になるので注意が必要です。

利用規約は取引をする前に目を通しておく必要があります。

すべて英語表記になっている海外FXもあるので、日本語で記載されていることや日本語訳が掲載されていることも海外FX会社選びの条件の一つになります。

ホームページや電話サポートは日本語になっているにも関わらず、利用規約だけ英語になっている海外FX会社もあるので気をつけましょう。

ボーナスの出金はできない

海外FXは高いボーナスが人気です。中には、入金額100%のボーナスが用意されているところもあります。

たとえば、10万円を口座に初回入金をする際に100%のボーナスなら、10万円のボーナスが余分に入って口座の残高は20万円になります。

海外FXなら少ない資金でも、ボーナスのおかげで取引資金を底上げできるのです。

ボーナスを証拠金とした取引なら、取引で出た利益を出金することができます。

ただし、ボーナス自体を出金することはできません。ボーナス分のお金は、取引だけに使えるお金なのです。

このルールを知らずに、出金しようとして出金拒否されたという声は非常に多くあります。最初の出金で拒否される場合は、ボーナスの出金拒否の可能性が濃厚です。

ライセンスのあるFX会社で出金拒否が起こる四つのパターン

①ボーナスが原因

海外FXは多額のボーナスが魅力の一つです。ボーナスは、国内FXで口座を開設したときにもらえるキャッシュバックキャンペーンのようなものですが、海外と国内では額の桁が違います。

国内だと多くても数万円のキャッシュバックが一般的ですが、海外FXだと数十万円を超えるボーナスのところもあります。

これだけ多額のボーナスがあるのは、国内FXと海外FXの取引のルールが異なるためです。

トレーダーが負けるほど会社の利益が増える相対取引の国内FXに対して、海外FXはトレーダーが勝つほど会社の利益が増えるインターバンク取引です。

海外FX業者にとってみれば、トレーダーが取引をするだけ利益が望めるので、トレーダーにボーナスを支給して取引が活発になれば、ボーナスにかかるコスト以上のメリットが望めます。

ボーナスも口座で管理されるお金ですが、ボーナスは取引だけに使えるお金です。入金やトレードで発生した利益と違って出金することはできません。

当然、口座にボーナスがたくさん入っていれば出金できなくなります。

つまり、トレーダーの勘違いやボーナスの出金に対するルールを知らないことで、出金が拒否されたような形になるのです。

②登録情報の不備

海外FX会社の中には日本語サポートしている会社もありますが、何かと外国語が出てくるため、言語を知らないとさまざまなシーンで苦戦します。

特に気をつけたいのは、口座を開設するときの情報入力です。

優良な海外FX業者は、審査基準の厳しいライセンスを取得しています。

当然、登録情報や口座情報も細かくチェックしており、申し込みをした情報に不備があるとトレードすることができず、出金することもできません。

口座開設時の住所と入金先の口座情報の住所が違っていても、マネーロンダリング防止のために出金することができません。

悪意がなくても、引越しにともなう住所変更や実家の住所を使うなどして、登録している住所の情報に相違が出る場合もあるので注意が必要です。

このケースもトレーダー自身が気をつけることで防ぐことができます。

③ルール違反によるもの

ある海外FX会社だと、いつでもスキャルピングできるのに対して、もう一方の海外FX会社は値動きが大きいときはスキャルピングが禁止になっているなど、海外FX会社によってトレードの細かいルールは異なっています。

国内FXでは大丈夫だったことが、海外FX会社では禁止になっていることもあります。

もちろん、事前に調べてからトレードすることが大事ですが、ルールは外国語表記になっていることや字数も多いので、すべてに目を通すのは大変です。

ルールに違反すると、取引停止や出金拒否の措置を受ける場合があります。

優良な海外FX会社を利用する出金拒否の中でも特に多い理由ですので、自分の取引ルールがルール違反にならないか確認しておきましょう。

④出金方法に対する理解不足

海外FX会社は、クレジットカードを使った入出金が一般的です。気をつけないといけないのは、クレジットカードでは入金した金額までしか出金することができないことです。

10万円の入金なら出金も10万円に制限されます。トレードで利益が出て10万円を超える出金が必要になった場合は、海外送金ができる口座に出金するなどの対応が必要です。

クレジットカードの出金は、普段からクレジットカードを使っている人でもわかりにくい仕組みです。

海外FXをスタートして、数回以内の出金で起こりやすいトラブルですので、気をつけましょう。

申し込み時の情報と銀行口座情報の確認

海外FX会社に申し込みをする場合は、申込者の個人情報と共に、取引用の銀行口座の情報も送ります。

海外FX会社は送られてきた個人情報と銀行口座の情報を照会し、情報の信頼性を確認しています。

国境を超える海外FX会社は、海外トレーダーの細かい個人情報を把握することが難しいため、審査そのものは簡易的に行なわれるものの、個人情報や銀行口座の情報などは犯罪防止の観点から厳しいのが特徴です。

海外FX会社としては、新規申込者が申請した口座開設フォームに入力されている情報と口座情報が間違っていると取引させることはできません。

もし、情報に相違があった場合は出金拒否という措置を取る必要が出てくるのです。

つまり、申し込みをした時の情報と登録した銀行口座の情報が何らかの理由で違っていると出金拒否になってしまいます。

情報の相違による出金拒否は少なくありません。住所の番地や氏名の一部に誤りがあるだけでも、出金拒否の対象になってしまいます。

結婚する前の銀行口座だと旧姓のままになっていることや、引越しをする前の住所だと新しい住所との相違が生じます。

海外FX会社は、個人情報に対して厳しいので、出金拒否を疑う前に必ず銀行口座の情報と申し込んだときの個人情報が合っているかを確認しておきましょう。

禁止されているトレードの確認

海外FXは、高いレバレッジやボーナスを利用して少ない資金で大きな取引ができます。

少しの値動きでも、一回あたりの利益が大きいことから短い時間軸の中で取引を繰り返して利益を狙うスキャルピングが主流です。

スキャルピングはすべての海外FX会社で出来るわけではありません。中には禁止されているところもあります。

スキャルピングが禁止されていることを知らず、「海外FX=スキャルピング」という意識からスキャルピングをし、規約違反で出金拒否を受けることも少なくありません。

また、海外FXではアービトラージと言って、買いポジションと売りポジションを両方持ち、さや取りする手法を用いるトレーダーもいます。

アービトラージを推奨している海外会社もあれば、アービトラージを全面的に禁止している海外FX会社もあります。

また、同じ海外FX会社ならアービトラージを許容していても、違う海外FX会社をまたいでアービトラージするのは禁止にしているケースもあります。

この場合も、アービトラージが禁止になっている海外FX会社で取引をすると出金拒否が起こります。

海外FX会社の出金拒否を防ぐためには、禁止されているトレードの確認を事前に行っておく必要があります。

禁止されているトレードをして出金拒否になるのは、海外FX初心者だけではありません。

過去にFXをしたことがあって、その時に許されていた取引を禁止されている海外FX会社で行うことで、出金拒否になることもあるので注意が必要です。

出金拒否を疑う前に確認が大事

出金拒否の中には、海外FX会社の詐欺が原因の場合もあります。

しかし、日本人サポートがきちんとある海外FX会社でなおかつ実績があるところだと、詐欺が原因で出金拒否になることは考えにくいものです。

海外FXで起こる出金拒否の多くは、トレーダー自身の勘違いによって起こっています。

海外FX=出金拒否が多いという噂が多いのも、出金拒否になった原因が分からないトレーダーが一方的に出金拒否になったという情報を拡散させるためです。

きちんと原因を知って対応すれば、お金は手元に戻ってきます。

出金拒否をされたときは、慌てるのではなく、登録している情報に不備がないことやボーナスの取り扱いが間違ってないかということも確認しておきましょう。

関連|海外FX会社で口座凍結されることってある?口座凍結される原因

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です