海外FXの良い評判・悪い噂は?資金管理についても徹底検証

海外FXの良い評判・悪い噂は?資金管理についても徹底検証

海外FXを始めるにあたり、気になるのが海外FXの評判です。

国内にいると、海外FXは危険という噂もあれば、安全に利益を出すことができるという噂もあります。

海外FXの信頼性を確かめるためには、実際にトレードしている人の評判を参考にするとよいでしょう。

海外FXの良い評判①思った以上にFXがやりやすい

海外FX会社は、海外でサービスを展開しているため、口座の開設や取引は海外を通して行います。

そのため、FXに慣れるまでにはストレスがかかり、わからないことが多いと考えているトレーダーは少なくありません。

しかし実際に海外FXをしているトレーダーからは、思った以上に海外FXはやりやすいという声が多くあります。

海外FXがやりやすいのは、日本人に特化したサービスを行っていることが理由です。

日本人が利用している海外FXは、ウェブページやシステムが完全日本語化になっていることや現地の日本人スタッフのサポートが受けられます。

国内FXも海外FXもインターネットを使った取引が基本になるため、国内FXと同じように海外FXも始めることができます。

口座開設に必要な書類提出も、写真で撮影して画像をアップロードするだけで完結します。

海外FXの良い評判②ハイレバレッジと追証なしの組み合わせが最高

海外FXを始める理由の一つに、ハイレバレッジがあります。

最大25倍の制限がある国内FXと違って、海外FXにはレバレッジに法的な制限がありません。

ハイレバレッジの取引ができるため、少ない資金でも大きな取引が可能です。

レバレッジはトレーダーが自由に設定できるため、状況に応じて柔軟なトレードができます。

一方で、ハイレバレッジには追証のリスクがあります。

追証は、値動きが大きいことを理由にロスカットが間に合わず、口座の資金がロスカットの水準を大きく下回った場合に、FX会社から不足分を請求されることです。

国内FXでレバレッジに制限がかかっているのは、追証のリスクを下げることも理由の一つになります。

海外FXには、追証がありません。ゼロカットシステムが導入されていることで、ロスカットが間に合わず、資金を多く失っても、口座の残高が0円を下回った分については請求を行いません。

レバレッジが高くなるほど、損益も大きくなるので、追証のリスクは高まります。しかし、海外FXには追証がないので、ハイレバレッジのリスクを減らすことができます。

ハイレバレッジと追証なしの組み合わせには、好意的なトレーダーの声が多くあります。

海外FXの良い評判③MT4を使った取引が便利

海外FXは、取引ツールに「MT4」を使うのが一般的です。国内FXだと、FX会社によって使用する取引ツールは異なります。

独自に開発したプラットフォームを使用する国内FX会社に対して、海外FXは共通のプラットフォームを使用しているのが特徴です。

他の海外会社で口座を作って取引する場合も、取引ツールの使い方は同じなので迷わないメリットがあります。

さらに、MT4は高い利便性で取引ができる多機能ツールでもあります。高機能のチャートツールに加えて、インジケータを使ったテクニカル分析も可能です。

インジケータも標準で無料することができるので、コストをかけることなく分析して取引できます。

また、自動売買取引ツールも搭載されているので、EAを使って自動取引を行うことも可能です。自動売買取引に必要となるEAも、無料で使用することができます。

他にも無料で利用可能なことや、完全日本語対応していること、取引がサクサクできることにメリットを感じているトレーダーは多くいます。

海外FXの悪い噂①スプレッドが広い

海外FXは、国内FXに比べると広いスプレッドが特徴です。スプレッドはFXにおける取引コストになるので、スプレッドが広いほどコストは大きくなります。

国内FXに慣れていて、海外FXを始めると、スプレッドの広さをストレスに感じるトレーダーもいます。

スプレッド重視の取引をしているトレーダーからすると、少しでもスプレッドは狭い方がいいと感じるものです。

海外FXと国内FXでスプレッドが異なるのは、取引方法の違いが理由です。海外FX会社はNDD取引を採用しており、インターバンク市場に注文を流して取引をします。

一方、国内FXは、FX会社との相対取引です。海外FX会社は、トレーダーが頻繁に取引をするほど利益が大きくなり、純粋にスプレッドが収入源になっています。

一方で、国内FXの相対取引は利益を国内FXとトレーダーで取り合う形です。

国内FXは、スプレッドが狭い代わりに約定力が小さいのも特徴です。

約定力が小さいことで、注文通りに約定できないことも多く、トレーダーの不利な条件で約定し、トレーダーの損失分をFX会社の利益に回しています。

海外FXで、スプレッドの広さが悪い評判になるのは、トレーダー自身が国内FXと海外FXの本質的な違いを理解してないことが理由です。

スプレッドが狭くても、約定力が低いことで、トータルコストは増えます。

海外FXの悪い噂②出金拒否が多い

海外FXの悪い評判で多いのが、出金トラブルです。出金トラブルの中でも、出金したいのに出金できないという出金拒否の事案が多くあります。

FXは多額の資金を投じることも多いので、預けたお金が戻ってこないのは論外です。

海外FX会社の中には、悪質な詐欺会社もあります。このような会社を利用してしまうと、出金トラブルに遭う可能性は高くなります。

しかし、日本人向けのサポートをしていて日本人トレーダーの利用者が多い海外FX会社だと、詐欺を働くような悪質な海外FX会社はほとんどありません。

出金トラブルが起こるのは、トレーダーが出金に関してのルールを知らないことが理由です。出金拒否が起こるのは、FX会社のコンプライアンスに基づく場合が多くあります。

たとえば、口座開設のときに、登録した情報に不備があると、トレーダーの資産を守る意味から出金拒否が起こります。

また。入金した方法ではないと出金することができないルールもあります。

口座開設のときに受け取ったボーナスに関しても、出金できないルールになっているので注意が必要です。

出金拒否に関する悪い噂が出てくるのは、トレーダーが出金に関する正しい知識を持ってないことも理由の一つになります。

海外FXの悪い噂③悪質な海外FX会社もある

海外FX会社の数は、国内FX会社に比べて桁違いに多くあります。当然、会社によってサービスやサポート、信頼性などは違ってくるものです。

中には、出金拒否や口座凍結を意図的に行うような悪質な海外FX会社もあります。これから海外FXを始めようと思っている場合は、信頼できる海外FX会社選びが必要です。

ただし悪質な海外FX会社があっても、日本人向けのサービスを行っていないところがほとんどです。

日本人が利用している海外FX会社は、基本的にウェブサービスやメール、電話のサポートが日本語対応になっています。

日本人向けにサービスを行っている時点で、一定のコストがかかっています。ある程度の資金力がないと日本人向けのサービスを行うことにはリスクがあるのです。

日本人の利用率が高い海外FX会社は優良な会社が中心です。日本は海外FXの利用に対して否定的なので、国内にいると海外FX会社は危険という声も少なくありません。

実際には、海外FX会社で口座を開設して着実に利益を出しているトレーダーもいるように、安全に運用することができます。

海外FXの悪い噂④高いレバレッジは危険

国内FXでは、取引でかけることができる上限のレバレッジは25倍です。

海外FXには、レバレッジの上限がないため、かけられるレバレッジは海外FXが定める数値になります。

100倍から1000倍が、平均的な海外FXの上限レバレッジです。このように、国内FXと海外FXではかけることができるレバレッジに大きな差があります。

レバレッジは、持っている資金以上の大きな取引ができる仕組みです。

10万円の資金を持っている場合に、レバレッジ25倍なら250万円分の取引ができます。

レバレッジが1000倍だと1億円分の取引を行うことが可能です。金額が大きくなるほど、レートの動きによって発生する損益も大きくなります。

利益の方にレートが動けば大きな利益が出ますが、損失の方にレートが動くと大きな損失が生じます。これが、海外FXのレバレッジが危険と噂される理由です。

ルールをきちんと守れば、高いレバレッジをかけて取引することは危険ではありません。

むしろ安全に取引を進めていくことができます。高いレバレッジをかけることで、必要な資金は少なくなります。

たとえば、100万円の資金を持っていたとします。100万円の取引をしたい場合に、レバレッジをかけないなら100万円の資金すべてが必要です。

レバレッジ100倍をかければ、1万円で取引することができます。

100万円を全額投資するのと、1万円を投資するのでは、100万円を全額投資する方がリスクは高くなります。

仮にすべての資金を失ったとしても、1万円に100倍のレバレッジをかけて取引するなら99万円は手元に残る計算です。レバレッジをかけずに、100万円をかけていると手元に残るのは0円になります。

身の丈にあった取引をすれば、高いレバレッジをかけて取引をする方が安全です。

海外FXの悪い噂⑤高いレバレッジは追証のリスクがある

FXは損失が大きくなっても、必要証拠金を下回ると、ロスカットが発動して強制決済される仕組みです。

ロスカットは損失の確定である一方、口座の中がマイナスになることを防ぐ働きがあります。

しかし、値動きが大きくなると、ロスカットの水準を大きく下回って決済してしまうことがあります。

場合によっては、口座がマイナスになって、FX会社から追証を受けることになります。

高いレバレッジをかけると、値動きがさらに大きくなり、追証を受けやすくなるのが海外FXの追証のリスクです。

国内FXでは追証があるのが一般的です。しかし、海外FXは追証がありません。

高いレバレッジをかけてロスカットが間に合わなくても、口座の残高が0円を下回った分に関しては一切請求しないゼロカットシステムを導入しています。

追証のリスクがあるのは、むしろ国内FXの方です。海外FXは、高いレバレッジをかけて安全にトレードできるように、追証なしのサービスを実現しています。

FXをして、借金を抱えるということにはなりません。

海外FXの高いレバレッジによる、追証のリスクがあるという噂は間違いです。

ただし、高いレバレッジをかけて取引をすると、損失も一気に増えることには気を付ける必要があります。

一回の取引にすべての資金を投資するのではなく、レバレッジを高く設定して一回あたりの投資額を減らすことも有効です。

海外FXの悪い噂⑥日本のライセンスを取得してないので危険

日本人向けにFXのサービスを提供している海外FX会社は、日本の金融庁の登録を受けていません。

登録を受けると、日本のルールに沿う必要が出てくるため、高いレバレッジをかけたトレードはできなくなります。

25倍を超えるレバレッジでトレードできるFX会社は、金融庁の登録を受けてないFX会社であることが分かります。

日本のライセンスの取得をしてないことが、海外FXのリスクという噂もあります。

海外FX会社は、日本でライセンスを取得してなくても、海外でライセンスを取得しているのが一般的です。

ライセンスの種類も多く、厳しい審査を受けてクリアしないと取得できないものもあります。

単純に日本のライセンスを取得してないからと言って、海外FX会社が危険とは言えません。

信頼できるライセンスを取得しているなら、国内FX以上に安全性が高い場合もあります。

海外FX会社によって取得しているライセンスは異なるため、確認しておくことが大事です。

海外FXの悪い噂⑦詐欺が多い

海外FX会社は、国内FX会社に比べると、けた違いに数があります。安全性の高いFX会社もあれば、詐欺会社があるのも事実です。

詐欺会社を利用してしまうと、出金トラブルに遭う可能性があります。ただし、出金トラブルを起こす詐欺会社は少数です。

日本人向けのサービスを行っている海外FX会社は、警戒心の強い日本人向けのサポートを充実させているので、信頼性の高いFX会社が多いのも特徴です。

出金トラブルの発生率からみると、海外FXの安全性に影響を及ぼすほどではありません。

ライセンスを取得していて、レスポンスが早く、日本人トレーダーが多く利用している海外会社なら特に安全です。

また、出金トラブルの多くを占めるのは、口座を開設したときに受け取るボーナスに関するトラブルです。

海外FXは充実したボーナスが魅力ですが、取引だけに使えるお金であり、出金できるお金ではありません。

これを知らずに、出金拒否されたという声も多くあります。他にも、入金方法と同じ方法ではないと出金できないルールもあります。

出金拒否を疑う前に、海外FXの出金ルールを知ることも大切です。

海外FX会社の安全性に関わる三つの要素

①資金力

資金力は、ライセンスを取得するために必要な審査項目の一つです。

トレーダーが海外FXをする上でリスクになるのが、口座を開設しているFX会社の倒産になります。

同じライセンスを取得しているFX会社でも、資金を多く持っているFX会社の方が倒産のリスクは小さくなります。

また、スポンサーになっている場合も資金にある程度の余裕がある会社です。

②運営期間

FX会社の運営期間についても安全性に関わる要素の一つになります。

悪質なFX会社は、トレーダーから一定の資金を回収したら倒産して、新しいFX会社を設立する流れになるため運営期間が短いのも特徴です。

運営している期間が長いと、詐欺の会社である可能性は低くなります。海外FX会社をチェックする場合は、運営期間についても確認しましょう。

③受賞歴

優良なFX会社には賞が贈られます。そのため、受賞歴というのも海外FX会社の安全性を確かめるために有効な手段です。

受賞している場合は、会社のホームページに記載しているので簡単にチェックすることができます。

どんな内容の賞か、何が優れているのか、など受賞の経緯についても確認しておきましょう。

FX会社の資金管理について

FX会社が倒産し、預けていたお金が戻ってこなくなるリスクもあります。

多額の資金を預けて運用することも多いので、倒産のリスクは海外FX会社の安全性にもつながる要素です。

第三機関にお金を預けて管理する信託保全をしている場合は、倒産してもお金は戻ってくるので安全性に問題はありません。

自社内で運用資金とトレーダーから預かった資金を別々に管理する分別管理は、倒産してもお金が戻ってこないリスクがあります。

安全に海外FXをするなら、信託保全があるFX会社で口座を開設する方法がベストです。

また、FX会社の中には投資家補償基金でトレーダーの資金を守っているところもあります。

倒産しても、一定の資金が補償される保険のような仕組みです。分別管理でも、投資家資金補償保険があれば安心できます。

海外FXの良い評判・悪い噂は?資金管理についても徹底検証まとめ

海外FXには、悪い評判も少なくありません。

日本の金融機関が海外FXに対して排泄的なこと、海外FXに関する知識が十分にないトレーダーの勘違いが多いのも特徴です。

一方で、海外FXの良い評判に関しては、FX取引がしやすいことや、少ない資金で稼げるなど、FXに求めていることに対する評価が多い特徴があります。

まずは、海外FXのデモ口座などを利用して、実際に海外FXを体験してみることをおすすめします。

関連|海外FX会社がもしも倒産したら?海外FXが怖いって思われている理由

関連|海外FX業者に預けた資産は安全?信託保全や分別管理で気をつけたいこと

【圧倒的No.1】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
  GEMFOREXは圧倒的No.1の海外FX業者です! 新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは激推しおすすめ海外FX業者です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です