海外FX初心者の約定力での業者選び方と初めての人におすすめの約定率が高い業者

海外FX初心者の約定力での業者選び方と初めての人におすすめの約定率が高い業者

FXをしていると、「注文したレートと約定したレートが違う!」、「注文したレートが拒否される!」など、注文通りにならないケースもあります。

注文通りにならないのは、約定力が関係しています。

海外FX業者を選ぶポイントとして、スプレッドやレバレッジと同じくらい重要と言われているのが約定力です。

約定力が低い業者を選んでしまうと、注文が成立せずに思わぬ損失が出てしまう場合もあります。

中には、そもそも約定力って何?という人もいるでしょう。

約定力とFX取引の関係や、約定力に関係がある要素について知ることも大切です。

そこで今回は、海外FX初心者が知っておきたい約定力や約定率について解説していきます。

海外FX初心者にも重要な約定力とは?

約定力(やくじょうりょく)とは、海外FX業者がトレーダーから受けた注文を成立させられる能力を表しています。

「そもそも海外FX業者は顧客からの注文をそのまま成立させるのでは?」と疑問に思うかもしれませんが、海外FX業者は顧客から受けた注文をカバー先やインターバンクに流しています。

約定力が低い業者だと、顧客が発注した注文が海外FX業者を介してインターバンクやカバー先に流れて成立するまでにレートが変わってしまい、注文通りに成立できないケースやカバー先が決まらずに注文自体が成立しないケースもあります。

注文通りに約定させるためにも、約定力の高さは重要になってきます。

約定力が低いとどうなる?

約定力が低いと注文が成立しにくくなりますが、それによってスリッページやリクオート、約定拒否などが起こりやすくなります。

それぞれの用語について1つずつ解説していきます。

スリッページとは

スリッページとは、注文時のレートと約定時のレートの差です。

たとえば、チャートを見ながら1ドル110.10円の通貨を購入したにも関わらず、実際に約定したのが1ドル110.15円だったとすると5銭(5pips)のスリッページが発生したことになります。

スリッページは注文時だけでなく決済時にも起こります。

スリッページは、「見えないコスト」とも呼ばれていますが、スリッページが頻発すると本来は払うはずのないコストがかかり損をしていることになります。

海外FXは「スプレッドの狭さが重要!」と言う人もいますが、スプレッドが狭くてもスリッページが多発しては意味がありません。

約定拒否とは

約定拒否とは、投資家が出した注文の取引が成立しないことです。

リジェクトとも呼ばれていますが、FX業者が注文を受け付けないことで約定拒否が起こります。

約定拒否は、市場の相場が急変して投資家が注文したレートとFX業者の提供するレートに大きな差が生じている場合や、市場が混乱しているような場合に起こります。

約定力が低い業者ほど約定拒否が起こりやすいため、約定拒否を防ぐためには約定力が高い業者選びが重要です。

リクオートとは

リクオートは、外国為替証拠金取引においてFX業者が提示したレートの約定を拒否して、その後にレートを再提示してくることです。

リクオートが発生すると、有利なタイミングで決済しようと思っても、レートが再提示されて有利なタイミングで約定できない状態になります。

再提示されるレートは当初のレートに比べて不利になるのが普通です。

スリッページや約定拒否と同じく、約定力が低い業者を利用するとリクオートの発生頻度が高まります。

海外FX初心者は約定力を決める3つの要素を覚えよう

約定力は、スプレッドやレバレッジのように具体的な数字が表示されているわけではありませんが、約定率・約定スピード・リクオートの有無などから、その業者の約定力が判断できます。

海外FX初心者は、約定力に関わる3つの要素について覚えましょう。

約定率

約定率とは、FX業者に出した注文が注文通りに成立する確率です。

約定率が90%の業者なら、100回の注文のうち10回の注文は不成立、約定率が99%の業者なら100回のうち1回の注文が不成立になります。

注文の不成立は、「スリッページ」、「約定拒否」、「リクオート」などの発生によるものです。

約定率が高い業者は注文も成立させる力が強いため、“約定率の高さ=約定力の高さ”と考えることができます。

海外FX業者の多くは約定率が95%を超えていますが、0.1%でも約定率が高い方が取引には有利です。

海外FX業者の多くは約定率を公表しているので、業者を選ぶときには参考にしましょう。

約定スピード

約定スピードとは、注文をしてから約定するまでにかかる時間のことを指します。

約定スピードが速ければ速いほど、注文レートと約定レートの乖離が小さくなるため、注文通りに約定しやすくなります。

つまり、約定スピードが速い業者は約定力が高い業者と言えるわけです。

約定スピードはどの海外FX業者も1秒を下回る速さとなっていますが、市場が不安定になってレートの動きが大きくなっているときは、1秒を大きく下回るスピードでレートが変化しています。

スリッページや約定拒否、リクオートの発生を防ぐためにも、約定スピードは少しでも早い業者を選びましょう。

リクオートや約定拒否の有無

海外FX業者の中には、「ノーリクオート、ノー約定拒否」を掲げて運営しているところもあります。

このような業者であれば、リクオートや約定拒否はほとんど起こらず、約定力が低いことによるデメリットはスリッページの発生のみです。

リクオートや約定拒否は、国内FX業者のほとんどが採用しているDD方式を導入している業者に多い特徴があります。

DD方式は注文をカバー先に流すためで、カバー先が見つからないとリクオートや約定拒否が発生します。

その点、海外FX業者が多く採用しているNDD方式なら注文をカバー先に流さないため、DD方式に比べてリクオートや約定拒否が起こりにくいメリットがあります。

約定力を重視するなら、NDD方式を採用していて「ノーリクオートやノー約定拒否」を掲げている業者を選びましょう。

海外FX初心者に約定力が重要な理由

海外FXを始めると、スキャルピングで1日に数十回から数百回ほどの取引を行うケースもありますが、取引回数が増えれば増えるほど、スプレッドよりも約定力の大きさが重要になります。

以下の条件をもとに解説します。

[海外FX業者A]
  • スプレッド:0.5pips
  • 1回あたりのスリッページの損失:2.0pips
  • 約定率:99%
[海外FX業者B]
  • スプレッド:0.4pips
  • 1回あたりのスリッページの損失:2.0pips
  • 約定率:90%

※約定しない場合はスリッページが発生すると仮定

1日100回の取引を行うとして、トータルコストは以下のようになります。

  • 海外FX業者Aのトータルコスト:スプレッド50pips+スリッページ2pips=52pips
  • 海外FX業者Bのトータルコスト:スプレッド40pips+スリッページ20pips=60pips

海外FX業者Bの方がスプレッドは狭いものの、約定力が低いことでスリッページが多く発生して、トータルコストは多くなっているのが分かります。

海外FX業者を選ぶ際は、スプレッドだけでなく約定力も合わせて考える必要があります。

海外FX初心者が約定力を上げる3つの方法

約定力は工夫すると向上させることもできます。

できるだけ高い約定力で取引するためにも、海外FX初心者は以下の3つの方法を覚えておきましょう。

VPSを利用する

約定スピードを上げると約定力も上がりますが、約定スピードを上げる方法の1つにVPSの利用があります。

VPSとは、ネット上にあるサーバーにMT4をインストールしてFX取引ができる仮想サーバーです。

VPSにはパソコンやスマホからアクセスできるので、パソコンやスマホにMT4をインストールしたような感覚で使えます。

VPSで約定スピードが上がるのは、以下のように海外FX業者のサーバーとMT4を近づけられるためです。

「VPSがない場合」

MT4をインストールしている自宅のPC(日本)→海外FX業者のサーバー(海外)→インターバンク(海外)

「VPSがある場合」

MT4をインストールしているVPS(海外)→海外FX業者のサーバー(海外)→インターバンク(海外)

VPSを使うことで、注文から約定するまでの時間を縮めることができます。

VPSは有料タイプもありますが、コストをかけないためにも海外FX業者が提供している無料VPSの利用がおすすめです。

落ち着いた相場で取引をする

約定力を上げるためには、荒れた相場に手を出さないのもポイントです。

そもそも約定力が下がるのは、経済指標発表前後やテロや自然災害など、市場が混乱してレートの動きが大きくなっているタイミングです。

最近の海外FX業者のサーバーはかなり強いため、レートの動きが落ち着いている平常時にスリッページや約定拒否などが起こるケースはほとんどありません。

約定力重視で取引をするなら、落ち着いた相場を狙って取引するのも方法の1つです。

スキャルピングのような取引スタイルだと「荒れた相場の方がレートの動きが大きくて利益を出しやすい!」という人もいますが、レートの動きが小さくても海外FXのハイレバレッジを使えば、小さな利幅で大きな利益が狙えます。

相場が荒れているときはエントリーを控えて、高い約定力で取引できる落ち着いた相場を狙いましょう。

webトレーダーを利用する

Webトレーダーとは、ウェブ上のMT4やMT5のシステムにログインして海外FXができるサービスです。

本来ならダウンロードしたMT4やMT5をパソコンにインストールして、ソフトを起動して取引を行っていきます。

Webトレーダーは、パソコンにソフトをインストールさせる必要がなく、そのままシステムにアクセスして取引ができます。

webトレーダーは、インストール版のMT4やMT5とも互換性があるため、「自宅にいるときはインストール版」、「外出しているときはwebトレーダー」など使い分けられます。

webトレーダーはパソコンにスペックに左右されないメリットがありますが、マーケット情報やシグナル情報がないなど機能の一部が制限されています。

機能の制限はデメリットとも言えますが、最小限の機能で取引ができるのでサクサクと動かせます。

サーバーにかかる負担が小さく、約定スピードの向上にもつながるため、webトレーダーには約定力を向上させるメリットもあります。

主要海外FX業者10社の約定力を比較

それでは海外FX業者の約定力を比較していきましょう。

以下の表では、人気海外FX業者10社の約定力を比較していきます。

約定率や約定スピードだけでなく、約定力の向上につながる無料VPSやwebトレーダーの有無も参考にしてください。

約定率

 

約定

スピード

サーバーの場所無料VPSWeb

トレーダー

99.79%0.529秒米国ありあり
99.92%0.306秒ロンドンありあり
99.98%0.391秒米国なしあり
98.22%0.179秒ロンドンなしなし
95.00%0.300秒ロンドンありあり
99.46%0.290秒シンガポールなしあり
99.45%0.355秒アムステルダムありあり
99.62%0.101秒ロンドンなしなし
99.84%0.297秒東京なしなし
91.90%0.341秒ロンドンありあり

ほとんどの海外FX業者は約定率が99%を超えており、約定率の違いは誤差と言える範囲でしょう。

約定スピードについても、どの海外FX業者も0.5秒以下とかなり速いです。

海外FX業者を選ぶ際は、約定力に加えて、高い約定力を活かせる取引環境や無料EA・webトレーダーの有無などがポイントになります。

初心者におすすめの海外FX業者TOP3

約定力比較表で挙げた海外FX業者なら、どの業者でも高い約定力で取引ができます。

その上で厳選するなら、「GEMFOREX」、「XM」、「Hot Forex」の3社を海外FX初心者におすすめします。

それぞれの業者をおすすめする理由について紹介していきます。

GEMFOREX

GEMFOREXは、2010年に設立された海外FX業者で現地日本人スタッフによる手厚いサポートが受けられること、追証なしのゼロカットシステムで借金のリスクがないことから、海外FX初心者に支持されています。

GEMFOREXは、高い約定率や無料VPS・webトレーダーがあるだけでなく、公式にリクオートなしを宣言しています。

スプレッドも業界トップクラスの狭さで、最大1000倍のレバレッジでスキャルピングもできます。

GEMFOREXなら、「ハイレバレッジ×高い約定力×狭いスプレッド×スキャルピング」と最高の取引環境で取引ができます。

口座開設で証拠金1万円~3万円のボーナスがもらえるのも魅力です。

XM

XMは、2009年に設立された海外FX業者で日本人向けのサービスを積極的に行っており、海外FX業者と言えばXMを挙げるトレーダーもたくさんいます。

XMは、高い約定率や約定スピードをはじめ、無料VPSやwebトレーダーの環境も整っています。

スプレッドがやや広い弱点があるものの、888倍レバレッジやスキャルピングができるなどスプレッドの狭さを十分にカバーできる取引環境です。

XMには、口座開設するだけで3000円の証拠金がもらえる口座開設ボーナスや、入金100%ボーナスなど充実したボーナスがあるので、取引資金が少ない海外FX初心者もボーナスの活用で元手を増やして取引ができます。

Hot Forex

Hot Forexは、2010年に設立された海外FX業者で完全日本語対応しており、24時間の日本語サポートも用意されています。

GEMFOREXやXMに比べると国内での知名度は高くありませんが、高い約定力で安定した取引ができる海外FX業者として人気上昇中です。

無料VPSやwebトレーダーの利用も可能で、スプレッドもかなり狭く設定されています。

スキャルピングもできるので、高い約定力を活かしやすい環境が整っているのも魅力です。

Hot Forexでは、定期的に口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのキャンペーンを行っているので、タイミングが合えばボーナスを活用して証拠金を大きく増やして取引ができます。

まとめ

約定力の大きさは、レバレッジやスプレッドと違って目に見えにくいため、海外FX初心者が約定力で海外FX業者を選ぶのは難しいかもしれません。

約定力で業者を選ぶ場合は、約定率・約定スピードなど約定力に直接かかわる要素や、無料VPSやwebトレーダーなど約定力アップにつながるサービスの有無にも注目しましょう。

最後に紹介した海外FX初心者におすすめの海外FX業者TOP3は、どの業者も高い約定力と約定力を活かせる取引環境が整っています。

大きな約定力で安定した取引をするなら、業者選びにもこだわりましょう。

【初心者におすすめ】GEMFOREX(ゲムフォレックス)
 
海外FX初心者
GEMFOREXは初心者におすすめ完全日本語サポートの海外FX業者よ。
新規口座開設するだけで20,000円のボーナスをもらえるので、入金せず即トレードができます。 軍資金ゼロで取引できるGEMFOREXは初心者におすすめ海外FX業者です!
【海外FX初心者向け】海外FXの始め方ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です